百円の恋の作品情報・感想・評価

百円の恋2014年製作の映画)

上映日:2014年12月20日

製作国:

上映時間:113分

3.9

あらすじ

32歳の一子(安藤サクラ)は実家にひきこもり、自堕落な日々を送っていた。 ある日離婚し、子連れで実家に帰ってきた妹の二三子と同居をはじめるが折り合いが悪くなり、しょうがなく家を出て一人暮らしをはじめる。夜な夜な買い食いしていた百円ショップで深夜労働にありつくが、そこは底辺の人間たちの巣窟だった。 心に問題を抱えた店員たちとの生活を送る一子は、帰り道にあるボクシングジム…

32歳の一子(安藤サクラ)は実家にひきこもり、自堕落な日々を送っていた。 ある日離婚し、子連れで実家に帰ってきた妹の二三子と同居をはじめるが折り合いが悪くなり、しょうがなく家を出て一人暮らしをはじめる。夜な夜な買い食いしていた百円ショップで深夜労働にありつくが、そこは底辺の人間たちの巣窟だった。 心に問題を抱えた店員たちとの生活を送る一子は、帰り道にあるボクシングジムで、一人でストイックに練習するボクサー・狩野(新井浩文)を覗き見することが唯一の楽しみとなっていた。 ある夜、そのボクサー・狩野が百円ショップに客としてやってくる。狩野がバナナを忘れていったことをきっかけに2人は距離を縮めていく。なんとなく一緒に住み始め、体を重ねるうちに、一子の中で何かが変わり始めるーーー。

「百円の恋」に投稿された感想・評価

SHOWWW

SHOWWWの感想・評価

3.8
安藤サクラが演技うますぎて震えた

ボクシングでも何でも何か一つキッカケとなるようなハマれるものがあるだけで、生活は変わる
koya

koyaの感想・評価

4.4
17.11.17
くま

くまの感想・評価

3.2
いい意味で邦画っぽい
安藤サクラの演技じゃなかったら最後まで観れなかったかもしれないくらい内容は普通
演技力相まってボクシングシーンは応援したくなる
ayn

aynの感想・評価

4.3
完成度が高い。世界観にブレがない。だからこそボクシングのシーンは泣ける。なんだよ泣かせるんじゃねえよ!(T_T)みたいになる。安藤サクラがすごすぎる。かわいいとかかっこいいとかじゃなくすごすぎる。
akiko

akikoの感想・評価

4.8
生臭くて底辺な生活感で満ちていて それいでいて暗くなくて、明るくもなくて良い。
ストーリーにロマンチックな部分なんぞ一つもなく、薄汚れた、使い古されたみたいな恋。ハッピーエンドでもバッドエンドでもない。そもそも始まりも終わりもないような、田舎の団地の一角の一夏を切り取ったかのような映画。だけどそこがグッとくる、親近感すら感じる

安藤サクラの演技おそらくはじめてみたけど、だらしなかった体つき目つき顔つきがみるみる変わって行く様子には凄味があった。役作り滅茶苦茶こだわったんだろうなあ。新井浩文もまたこういう役がハマっていて、周りの真っ直ぐな姿勢 (いわゆる"一生懸命なやつ")を嫌悪する駄目な男の生活を、歩き方、視線、女関係、仕事といった色々な角度から仕上げている。そして共感する。一生懸命なやつを見ていると、気が削がれる。憧れからくる眩しさと、嫌悪からくる煙たさを感じることがよくあるから

あとエンディングのクリープハイプ、めっっっっちゃ嫌いなんだけどこの合わせ方はすごくマッチしてて良いなと思った
安藤サクラの魅力が終盤につれて素晴らしく感じれた。新井浩文のしょうもないけど人間味あふれた演技も上手。
あまり光が当たらない女子ボクシングだけど、興味が湧く内容だった。
>|