百円の恋の作品情報・感想・評価

百円の恋2014年製作の映画)

上映日:2014年12月20日

製作国:

上映時間:113分

3.9

あらすじ

32歳の一子(安藤サクラ)は実家にひきこもり、自堕落な日々を送っていた。 ある日離婚し、子連れで実家に帰ってきた妹の二三子と同居をはじめるが折り合いが悪くなり、しょうがなく家を出て一人暮らしをはじめる。夜な夜な買い食いしていた百円ショップで深夜労働にありつくが、そこは底辺の人間たちの巣窟だった。 心に問題を抱えた店員たちとの生活を送る一子は、帰り道にあるボクシングジム…

32歳の一子(安藤サクラ)は実家にひきこもり、自堕落な日々を送っていた。 ある日離婚し、子連れで実家に帰ってきた妹の二三子と同居をはじめるが折り合いが悪くなり、しょうがなく家を出て一人暮らしをはじめる。夜な夜な買い食いしていた百円ショップで深夜労働にありつくが、そこは底辺の人間たちの巣窟だった。 心に問題を抱えた店員たちとの生活を送る一子は、帰り道にあるボクシングジムで、一人でストイックに練習するボクサー・狩野(新井浩文)を覗き見することが唯一の楽しみとなっていた。 ある夜、そのボクサー・狩野が百円ショップに客としてやってくる。狩野がバナナを忘れていったことをきっかけに2人は距離を縮めていく。なんとなく一緒に住み始め、体を重ねるうちに、一子の中で何かが変わり始めるーーー。

「百円の恋」に投稿された感想・評価

SHOWWW

SHOWWWの感想・評価

3.8
安藤サクラが演技うますぎて震えた

ボクシングでも何でも何か一つキッカケとなるようなハマれるものがあるだけで、生活は変わる
おもしろい
かめい

かめいの感想・評価

3.0

このレビューはネタバレを含みます

安藤サクラをみるためにみた

主人公が真面目で純粋でかわいかった
処女喪失のエピソードはほんとかわいそう…
いろいろ設定ゆるいところあるけど、主人公がボクシングにのめりこんでいく姿がきもちよかったです
エンディングテーマも作品にぴったりでかわいい
観る前から知ってたけど安藤サクラさん最高だった。
reephan

reephanの感想・評価

4.0
なんか他人事に思えなくてすごく甘めな点数かも。私の兄はこの映画の主人公、一子と年齢も近くニートでひきこもり。たとえば、って一子に兄を重ねて見てしまうと何とも言えない気持ちになる。
一子は実家ではめちゃくちゃに自堕落で内弁慶で偉そう。だけど家を出て一人暮らしをすることになって、コンビニでバイトする一子は内気で人見知りで暗い。うわー、お兄ちゃん。って思って見ちゃう。
そんな一子がボクサー狩野に出会って、ボクシングに出会って、いろんなもやもやを振り払うかのようにボクシングを始めるお話。
一子は何言われても言い返さない。だけどたくさんたくさん傷ついてるんだろうなと思う。それがわたしには痛いほど伝わってきて苦しかった。きっと実家では声を出して泣いたりしなかっただろうに、一子の変化が見ていてうれしかった。大したことないことだと思う、だけど一子にとっては大きな一歩だったと思う。
話自体はなんてことないけど、前向きな気持ちになれた。試合のシーン、家族が見に来てくれてたのがうれしかった。かっこ悪かったけど、でもよかった。泣きながらごはん食べるシーンがあるとわたしは弱いことがわかった!人との関わりはボクシングに似てるのかな。ぶつかると、殴り合うと痛い。でもわたしは殴り合いたい。
…あ、やっぱりその例えはちがうか。

安藤サクラ、すごいわー。
百円の価値、それくらいの気持ちで生きていこ。
みく

みくの感想・評価

4.4
期待を裏切らない感じ
メッセージ性がわからなかった
ハルカ

ハルカの感想・評価

4.0
安藤サクラじゃないとできない役だ
彼女じゃないと一子はできない…
あそこまで作れるかな、クズで死んだ目
新井浩文と安藤サクラなんてもう…
どっちも生きた目してなかった

変わっていく姿が滑稽で痛々しくて
人間味が溢れてて、ううう

かっこいい、
安藤サクラの体当たりな演技がすきです。
なんでもいいから何かを原動力にがむしゃらになった時の、人の変わる力ってすごいよね。
>|