百円の恋の作品情報・感想・評価

百円の恋2014年製作の映画)

上映日:2014年12月20日

製作国:

上映時間:113分

3.9

あらすじ

32歳の一子(安藤サクラ)は実家にひきこもり、自堕落な日々を送っていた。 ある日離婚し、子連れで実家に帰ってきた妹の二三子と同居をはじめるが折り合いが悪くなり、しょうがなく家を出て一人暮らしをはじめる。夜な夜な買い食いしていた百円ショップで深夜労働にありつくが、そこは底辺の人間たちの巣窟だった。 心に問題を抱えた店員たちとの生活を送る一子は、帰り道にあるボクシングジム…

32歳の一子(安藤サクラ)は実家にひきこもり、自堕落な日々を送っていた。 ある日離婚し、子連れで実家に帰ってきた妹の二三子と同居をはじめるが折り合いが悪くなり、しょうがなく家を出て一人暮らしをはじめる。夜な夜な買い食いしていた百円ショップで深夜労働にありつくが、そこは底辺の人間たちの巣窟だった。 心に問題を抱えた店員たちとの生活を送る一子は、帰り道にあるボクシングジムで、一人でストイックに練習するボクサー・狩野(新井浩文)を覗き見することが唯一の楽しみとなっていた。 ある夜、そのボクサー・狩野が百円ショップに客としてやってくる。狩野がバナナを忘れていったことをきっかけに2人は距離を縮めていく。なんとなく一緒に住み始め、体を重ねるうちに、一子の中で何かが変わり始めるーーー。

「百円の恋」に投稿された感想・評価

SHOWWW

SHOWWWの感想・評価

3.8
安藤サクラが演技うますぎて震えた

ボクシングでも何でも何か一つキッカケとなるようなハマれるものがあるだけで、生活は変わる
MAKO

MAKOの感想・評価

3.8
これも、映画館で観られなかった作品です。
一子が最初は自堕落な生活を送っているのに、一人暮らしをすることになって、ボクシングを始めたら段々と変わっていく様を安藤サクラさんが演じているんだけど、上手いです。
人付き合いが上手じゃないけど、ストイックにボクシングの練習をしている姿が格好よくて。
そして撮影期間が短い中で身体を引き締めていて凄いなと思いました。冒頭の身体はちょっと贅肉があったのに、ボクシングを始めリングに上がった時には引き締まってて。

これ、映画館で観たかったな。
レンタルだと集中して観られなくて残念でした。
なので、評価もちょっと低くなってしまった。

※2016年当時の感想に加筆しました。
ふたば

ふたばの感想・評価

3.4
なんかすごいほんとに安藤さんがすごい。でもそれだけかも。
彩夏

彩夏の感想・評価

4.0
安藤サクラがとにかくすごい
Kinakosan

Kinakosanの感想・評価

3.9
安藤サクラ、最高!のひと言に尽きます。

すごく撮影期間が短かったと、何かで話していましたが、怠惰な女、恋する女、ストイックな女、見た目も中身もどんどん変わっていく様が凄かったです。

シャーリーズ・セロンみたい、、、。

そういう部分は殊更話題になりますが、してやったり!みたいなわざとらしさもないし、頑張ったでしょ?というような押し付けがましさもなくて、好きです。

最後は2人がすごく可愛らしいので、やはりこれは恋愛映画なのだと思いました。
72P

72Pの感想・評価

3.9
やっすい恋のお話
今の私にはたっかい
ちゃー

ちゃーの感想・評価

4.2
全部モーレツ良かった

サクラちゃん本当にカッコいい
うまくいかずともがんばらねば!と奮起させられる良作
安藤サクラがますます好きになる
個人的に新井浩文には常にこの時の体型でいてもらいたい
>|