百円の恋の作品情報・感想・評価

百円の恋2014年製作の映画)

上映日:2014年12月20日

製作国:

上映時間:113分

3.9

あらすじ

32歳の一子(安藤サクラ)は実家にひきこもり、自堕落な日々を送っていた。 ある日離婚し、子連れで実家に帰ってきた妹の二三子と同居をはじめるが折り合いが悪くなり、しょうがなく家を出て一人暮らしをはじめる。夜な夜な買い食いしていた百円ショップで深夜労働にありつくが、そこは底辺の人間たちの巣窟だった。 心に問題を抱えた店員たちとの生活を送る一子は、帰り道にあるボクシングジム…

32歳の一子(安藤サクラ)は実家にひきこもり、自堕落な日々を送っていた。 ある日離婚し、子連れで実家に帰ってきた妹の二三子と同居をはじめるが折り合いが悪くなり、しょうがなく家を出て一人暮らしをはじめる。夜な夜な買い食いしていた百円ショップで深夜労働にありつくが、そこは底辺の人間たちの巣窟だった。 心に問題を抱えた店員たちとの生活を送る一子は、帰り道にあるボクシングジムで、一人でストイックに練習するボクサー・狩野(新井浩文)を覗き見することが唯一の楽しみとなっていた。 ある夜、そのボクサー・狩野が百円ショップに客としてやってくる。狩野がバナナを忘れていったことをきっかけに2人は距離を縮めていく。なんとなく一緒に住み始め、体を重ねるうちに、一子の中で何かが変わり始めるーーー。

「百円の恋」に投稿された感想・評価

SHOWWW

SHOWWWの感想・評価

3.8
安藤サクラが演技うますぎて震えた

ボクシングでも何でも何か一つキッカケとなるようなハマれるものがあるだけで、生活は変わる
dreamtime

dreamtimeの感想・評価

4.0
前半のクズっぷりがなんともまあ…

あまりにもリアルな描写と
うまくいくかなって
思うんだけど、なかなかうまくいかないところがいい。
綺麗事ではない、これが現実だと
言わんばかりのリアルな描写。

邦画のいいところが描かれていると感じました。
mikan

mikanの感想・評価

3.8
熱かった。打ち込める何かを見つけたい。
あのおばさんもおばさんだけど、周りの人間を見下すあの店長みたいな人間にはなりたくない。
Riho

Rihoの感想・評価

4.3
息苦しくて涙出そう
R

Rの感想・評価

3.7
何かに一生懸命やるのはいいことだ
バ

バの感想・評価

-
一子がデカい肉を食べながら泣くシーンで自分も自然と涙が出た。勝手にふるえてろに次ぐ、観ていて苦しくなる映画
痩せます
TKD

TKDの感想・評価

3.9
自分を変えれるのは自分だけ。
maria

mariaの感想・評価

4.1
安藤サクラの演技がとにかくすごい

このレビューはネタバレを含みます

安藤サクラさん扮する主人公(一子)は最低だった。
引きこもりで日々親の脛をかじりながら惰眠を貪る毎日。
妹と喧嘩をして飛び出したものの、なんとか入った百円ショップでは、同僚にはレイプされ、好きになった男性にはポイ捨てされてしまう。
このやろーとばかりにボクシングを始めてからが本番である。

引きこもりから1年未満でプロデビューして試合なんてできるの?とは思うけれど、
前半のぐだついた流れから後半の変化には有無を言わさぬ爽快感がある。

あとなんだかんだコーチ、いい奴。
狩野はダメ男だからやめた方がいい。
franc

francの感想・評価

-
汗を流す姿は美しい。ずっと気になってたけど観て良かった。取り敢えずスポーツジムに、ちゃんと通おう。
>|