百円の恋(2014年製作の映画)

上映日:2014年12月20日

製作国:
  • 日本
  • / 上映時間:113分
    監督
    武正晴
    脚本
    足立紳
    キャスト
    安藤サクラ
    新井浩文
    稲川実代子
    宇野祥平
    坂田聡
    吉村界人
    伊藤洋三郎
    重松収
    根岸季衣
    あらすじ
    32歳の一子(安藤サクラ)は実家にひきこもり、自堕落な日々を送っていた。 ある日離婚し、子連れで実家に帰ってきた妹の二三子と同居をはじめるが折り合いが悪くなり、しょうがなく家を出て一人暮らしをはじめる。夜な夜な買い食いしていた百円ショップで深夜労働にありつくが、そこは底辺の人間たちの巣窟だった。 心に問題を抱えた店員たちとの生活を送る一子は、帰り道にあるボクシングジムで、一人でストイックに練習するボクサー・狩野(新井浩文)を覗き見することが唯一の楽しみとなっていた。 ある夜、そのボクサー・狩野が百円ショップに客としてやってくる。狩野がバナナを忘れていったことをきっかけに2人は距離を縮めていく。なんとなく一緒に住み始め、体を重ねるうちに、一子の中で何かが変わり始めるーーー。

    「百円の恋」に投稿された感想・レビュー

    SHOWWW
    SHOWWWの感想・レビュー
    2017/02/15
    3.8
    安藤サクラが演技うますぎて震えた

    ボクシングでも何でも何か一つキッカケとなるようなハマれるものがあるだけで、生活は変わる
    朱肉
    朱肉の感想・レビュー
    32分
    3.0
    自分にはヒットしなかった
    最初なんかずるずると引き摺り込まれて個性強い登場人物がころころ出てくるのは面白かった
    安藤サクラ上手い
    「愛のむきだし」もだしこれもだし
    本気すぎる
    T4
    T4の感想・レビュー
    1時間
    3.5
    独特な流れ。シュールで何故か笑ってしまうシーンが多かった。のは中盤まで。
    後半は熱血ボクシング漫画。
    安藤サクラと新井浩文の2人がイイ味出してんだよなぁ。
    海野孫七
    海野孫七の感想・レビュー
    1時間
    3.9
    ありがとうございました。
    みかん
    みかんの感想・レビュー
    2時間
    3.8
    安藤サクラの演技が凄かった。
    新井浩文はやっぱりカッコイイ。
    コンビニの店員達、個性的で面白かった!
    yirkd
    yirkdの感想・レビュー
    5時間
    2.3
    日本映画ほどセンチメンタルでもないしロッキーほどエンターテイメントでもない
    なんだこりゃ
    はちみつ
    はちみつの感想・レビュー
    5時間
    4.0
    こういうの好きだなぁ
    ラストのクリープハイプ曲が入ってくるところとか最高に好き
    安藤サクラもよかったなー
    凪
    の感想・レビュー
    6時間
    4.2
    安藤さくらが綺麗に映りたいとかの感情完全に振り払って全力でやっててむっちゃかっこ良かった
    0
    0の感想・レビュー
    7時間
    4.3
    とりあえず安藤サクラの演技力に驚嘆。初めて安藤サクラの演技見たけれど、一子の堕落した底辺女子から恋愛に現を抜かす腐女子、熱のあるど根性女子までの幅とそれぞれから滲み出る強烈なリアリティが凄い。彼女の力ゆえ映画見終わるのが一瞬に感じた。

    ボクシングと男(に出会い、捨てられたこと)を通じて、ホコリだらけだった一子がどんどんキレイに、剥き出しになっていくさま、勝利に飢え、泣き喚いた最後のシーンからとんでもないエネルギーというか魂を感じた。それと同時に、己を変え、突き進むのに早い遅いなど無いけど、勝利を手にするには遅すぎた、ということも同時に痛感した。その辺の現実感を含めてこの映画の味なのかなと。

    最後に、クリープハイプあまり聴かないけれど、彼らのもつ場末感とそこからのエネルギッシュな曲がこの映画とまあマッチしてること。
    環
    の感想・レビュー
    7時間
    3.0
    新井浩文ってかっこいいんだな…
    安藤サクラはやっぱりかっこいいです。
    >|