百円の恋の作品情報・感想・評価

百円の恋2014年製作の映画)

上映日:2014年12月20日

製作国:

上映時間:113分

ジャンル:

3.9

あらすじ

「百円の恋」に投稿された感想・評価

撮影開始から8日で身体を絞り込んだという安藤サクラさんの役者魂に胸が熱くなる。
クライマックスの試合シーンはほぼアドリブだとか。
それを乗り越えた一子の一番可愛い顔は、見る価値あり!
今年観た作品の中で一番胸が熱くなった作品。
YUKI

YUKIの感想・評価

4.0
「弱い自分に勝てるなら 誰に負けたっていいよ」
大好きなコブクロの風見鶏の歌詞を思い出した

戦うことをした人のみが、勝つ嬉しさと負ける悔しさを味わうことができる
ライバルは過去の自分

2週間であれだけの肉体改造ができる安藤サクラの女優魂が凄まじかった
底辺って言葉を使いたくないけどそう言わざるを得ないコンビニバイトの人たちの人間臭さ、耳に残るテーマソング、好きだなぁ
うか

うかの感想・評価

3.6
ドキュメンタリーだ…とのめり込むくらい””本物”” で安藤サクラさん演じる一子の変わりようを実感させられる映像の流れ。ボクシングやりたくなるし、強くありたいと思う。若者店員のキャラとまじッスか?!まじッスか!!の連発がなんだかコミカルでツボですきだった。
どんどん体がしまっていっててすごいなあ。最初はお尻ぽりぽりかいてたのに
nanacoo

nanacooの感想・評価

3.0
安藤サクラの演技に圧巻。
他作品と見た目も性格も全く違う
吉田

吉田の感想・評価

-
率直に、エンドロールで「百八円の恋」が流れ、「こんなあたしのことは忘れてね」「これから始まる毎日が」と聴いていたら、嬉しくなってきた。幸せになって下さい。
安藤サクラ流石すぎる、映画の中でどんどん変わっていく安藤サクラがカッコ良すぎてしびれた
新井浩文は捕まってもカッコいいし、良い映画はいい映画だよ
安藤サクラが映画の中で全然違う人になっていく様がすごかった。
街中にいそうな薄汚く覇気のない不恰好な体型で不恰好な見た目から、ボクシングと恋愛を通じて人として成長していく姿に感動した。
すごい身近にいるようなキャラを演じきる安藤サクラが凄すぎる。
最後はあのだらしない体が引き締まってるのを見ると体重管理とかボクシングの動きをめっちゃ練習したのかと思うと、女優魂を感じて尚更感動した。
最優秀主演女優賞にふさわしい女優。
せぶん

せぶんの感想・評価

3.8
ひゃくえーんひゃくえーんの歌が頭から離れない!(笑)
雰囲気といい主題歌といいすんごくよかった
「どうせ私なんて百円の価値しかないから」って言葉がぐっときた
価値ある人間になるために私も何かに力注いで頑張りたい!
安藤サクラすごい🤔
遥

遥の感想・評価

4.1
負けたのは戦ってたから、

「結果が全てではない」って言葉は結果を残した人が言うからキラキラする。でもそんな凄い人はほんの一握りで、みんな言い訳みたいにこのフレーズを乱用してる気がする。私はそうはなりたくないし、綺麗事でこの映画を語りたくないと思った

今に対するイラつきと違和感を原動力になんかやってみるだけ、それでいいと思った、それだけであんなにかっこいい
>|