百円の恋の作品情報・感想・評価

百円の恋2014年製作の映画)

上映日:2014年12月20日

製作国:

上映時間:113分

ジャンル:

あらすじ

「百円の恋」に投稿された感想・評価

梅村

梅村の感想・評価

3.8
ありきたりな成長ストーリーだけど、不味そうなご飯とか歯周病は下水道の匂い、とかところどころ笑えたり共感したり感動したりがあって面白かった。
後半は音楽や演出がややクサイかな?と思ったり。安藤サクラじゃなきゃダメな作品だと思った
ゆーき

ゆーきの感想・評価

3.3
32歳のニート処女がひょんなことから出会ったプロボクサーに恋して、自分もボクサーになっちゃう話。

まず主演の安藤サクラに目が行きます。
ものすごくブスです(映画の中で)。
そしてニートなので汚いしだらしないです。

主人公の「いちこ」のインパクトが強すぎて、映画冒頭は見た目の悪い料理を食わされているようです。

でも映画を見続けていくうちに自分の感情の変化に気づきます。


「あれ、なんかいちこかわいくね?笑」

見た目まずそうだったこの飯、食ってみたらうまくね?笑 みたいな。

プロボクサーに恋したあとのいちこの挙動やモジモジした発言がなんだかかわいくて見えてきます。


これは恋した女性がみんなかわいくなるとかいうフェミニストな考えではなく、安藤サクラの演技力なのではないかと個人的には思います。

安藤サクラのボクシングも素人目で見た限り様になっていてかなり練習したんだろうなと思いました。

全体的にゆるーく流れる映画なんで週末の夜中にでも観るのがいいかもしれないですね。
ひかる

ひかるの感想・評価

4.5
面白かった!
ボクシングに賭けて変わっていくのが凄い楽しいしカッコいい。
底辺コンビニの人間模様も良き、糖質おばさんめっちゃ良いキャラしててお気に入り。
すりおろしたリンゴ直置きからの病人にステーキのコンボは忘れない。
佳子

佳子の感想・評価

4.3

このレビューはネタバレを含みます

好き。

やられました。
安藤サクラ凄い。

映画冒頭で、コーラ飲みながらゲームしてる彼女の着っぱなしのスウェットから、はみ出てるだらしないウエスト。
親のスネをかじって、夜だらだら菓子パンとか食べてタバコ吸ってた友達も彼氏もいない女が、やけくそとはいえ、実家から出てバイトを始め、恋をして、料理を作り、ボクシングを始める🥊

日本、女版ロッキー。
世の中への、自分へのやるせない怒りをサンドバッグにぶつける彼女の姿を応援せずにいられない。
死んでいた目が、だらしない体が急激に変わっていく。おぼつかない縄跳びが、シャドーボクシングが、どんどんさまになっていく。

試合後泣く彼女に、男は「お前」ではなく、はじめて「一子」と名前で呼びかける。
勝てなかったけどね、でも伝わったよ。
みんなに伝わった。
頑張ったね、一子。
toro

toroの感想・評価

3.8
前半の救いのなさのまま最後まで突っ走ってほしかった気もするけど、それはそれとしてよかった。

安藤サクラはもちろんだけど、野間(役名)のリアルさもすごかった。
最近の私もとても堕落していて、最初は見ていて嫌になるような感じだったけど、だんだん変わって行く一子に憧れを抱く感覚でした。
そして自分も頑張ろう!と思えました。
中断されていた筋トレも再稼働致します笑

こういう這い上がる映画好きです。
また観たい!
わかな

わかなの感想・評価

4.0
ボクシングやってみたくなって、近くにボクシングジムないかググってみてしまった笑
rn

rnの感想・評価

3.0
安藤サクラやばたにえん。
ほしの

ほしのの感想・評価

3.7
私も何かにがむしゃらに食らいついていきたい。何だか希望が満ち溢れてくる映画だった。
TYCHO

TYCHOの感想・評価

3.5
話のテンポとか役者さんの演技とか音とか画とか、全体的な雰囲気は好きだったけど、
私には、なんかこうグッと来るものがなかったな…。

新井さん役みたいな男、嫌だし…(笑)、自分の身内にニートみたいなのがいるから「ボクシングやったからって何なのさ…」とか思っちゃった(苦笑)

なのに、ボクシングを習いたくなった!←

個人的には、ウザいバイト店員おじさんと、マジすかバイトくんと、妹役の方が好きだった(^.^)
>|