百円の恋の作品情報・感想・評価

百円の恋2014年製作の映画)

上映日:2014年12月20日

製作国:

上映時間:113分

ジャンル:

3.9

あらすじ

32歳の一子(安藤サクラ)は実家にひきこもり、自堕落な日々を送っていた。 ある日離婚し、子連れで実家に帰ってきた妹の二三子と同居をはじめるが折り合いが悪くなり、しょうがなく家を出て一人暮らしをはじめる。夜な夜な買い食いしていた百円ショップで深夜労働にありつくが、そこは底辺の人間たちの巣窟だった。 心に問題を抱えた店員たちとの生活を送る一子は、帰り道にあるボクシングジム…

32歳の一子(安藤サクラ)は実家にひきこもり、自堕落な日々を送っていた。 ある日離婚し、子連れで実家に帰ってきた妹の二三子と同居をはじめるが折り合いが悪くなり、しょうがなく家を出て一人暮らしをはじめる。夜な夜な買い食いしていた百円ショップで深夜労働にありつくが、そこは底辺の人間たちの巣窟だった。 心に問題を抱えた店員たちとの生活を送る一子は、帰り道にあるボクシングジムで、一人でストイックに練習するボクサー・狩野(新井浩文)を覗き見することが唯一の楽しみとなっていた。 ある夜、そのボクサー・狩野が百円ショップに客としてやってくる。狩野がバナナを忘れていったことをきっかけに2人は距離を縮めていく。なんとなく一緒に住み始め、体を重ねるうちに、一子の中で何かが変わり始めるーーー。

「百円の恋」に投稿された感想・評価

梅村

梅村の感想・評価

3.8
ありきたりな成長ストーリーだけど、不味そうなご飯とか歯周病は下水道の匂い、とかところどころ笑えたり共感したり感動したりがあって面白かった。
後半は音楽や演出がややクサイかな?と思ったり。安藤サクラじゃなきゃダメな作品だと思った
れい

れいの感想・評価

3.5
頑張ることがあるっていいなって、
クリープハイプの主題歌いい
とにかく、安藤サクラに釘付け。役者さんて凄いなぁ
tag

tagの感想・評価

3.9
クリープハイプを聴くために鑑賞。

話的にはそんな面白いわけではないが
作品としての邦画のいい味がある。
ぽ

ぽの感想・評価

3.9

このレビューはネタバレを含みます

安藤サクラがすごい!
最初、背中の肉が乗ってて、ひどい猫背で、表情も死んでて自堕落もいいとこというか正視できない酷いニート、ボクシングもそんなことある?てくらいトロくてだらっとしてたのが
すごい精悍な顔つきになって動きも俊敏、身体も引き締まって顔が前向いてる、目つきが鋭いのは同じだけど全然違う
変わりように鳥肌立った
試合のシーンも怖いからちゃんと見れなかったのに表情とかだけでグッときてすごい泣いた
トレーニングしてるとことか走ってるとことか見てると、やっぱり何かに一生懸命にで打ち込んでるのって本当かっこいい、いいな
観てよかった、本当に感動した。
新井浩史はTシャツスウェットが本当似合う
み

みの感想・評価

4.0
自分にも一子に似たような部分が少なからずあるのでかなりグサっときた
やっと見れました!

安藤サクラさんの役者魂が熱い。惚れた。

動き1つ1つに鍛錬積んだのが滲み出ていて、あの状態に持って行くまで一体どのくらい役作りをしたんだろう?と感動。
私はボクシング経験者じゃないけど、
真剣な人の想いは形になって伝わるのだな!
ストーリーが特別面白い訳じゃないけど安藤サクラの味がすごい。EDも含めたザ邦画感がたまらん。
ラファ

ラファの感想・評価

4.4
登場人物のクズっぷりがすごい映画です...笑 特に前半は社会の底辺が結構リアルに描かれてていい意味で見てていいもんではなかった。男に捨てれられてからの安藤サクラの変貌っぷりはすごく気持ちよかった。最後の試合は負けたけどなんかスッキリできたし、感動もした。いい映画だったなあ。
>|