百円の恋の作品情報・感想・評価

百円の恋2014年製作の映画)

上映日:2014年12月20日

製作国:

上映時間:113分

3.9

あらすじ

32歳の一子(安藤サクラ)は実家にひきこもり、自堕落な日々を送っていた。 ある日離婚し、子連れで実家に帰ってきた妹の二三子と同居をはじめるが折り合いが悪くなり、しょうがなく家を出て一人暮らしをはじめる。夜な夜な買い食いしていた百円ショップで深夜労働にありつくが、そこは底辺の人間たちの巣窟だった。 心に問題を抱えた店員たちとの生活を送る一子は、帰り道にあるボクシングジム…

32歳の一子(安藤サクラ)は実家にひきこもり、自堕落な日々を送っていた。 ある日離婚し、子連れで実家に帰ってきた妹の二三子と同居をはじめるが折り合いが悪くなり、しょうがなく家を出て一人暮らしをはじめる。夜な夜な買い食いしていた百円ショップで深夜労働にありつくが、そこは底辺の人間たちの巣窟だった。 心に問題を抱えた店員たちとの生活を送る一子は、帰り道にあるボクシングジムで、一人でストイックに練習するボクサー・狩野(新井浩文)を覗き見することが唯一の楽しみとなっていた。 ある夜、そのボクサー・狩野が百円ショップに客としてやってくる。狩野がバナナを忘れていったことをきっかけに2人は距離を縮めていく。なんとなく一緒に住み始め、体を重ねるうちに、一子の中で何かが変わり始めるーーー。

「百円の恋」に投稿された感想・評価

梅村

梅村の感想・評価

3.8
ありきたりな成長ストーリーだけど、不味そうなご飯とか歯周病は下水道の匂い、とかところどころ笑えたり共感したり感動したりがあって面白かった。
後半は音楽や演出がややクサイかな?と思ったり。安藤サクラじゃなきゃダメな作品だと思った
mhzple

mhzpleの感想・評価

3.5
かっこいい
yui

yuiの感想・評価

3.9
きろく
ほのか

ほのかの感想・評価

3.7
死んでないから生きてるって感じで日々を過ごしてた安藤サクラが姉と喧嘩して一人暮らし、久しぶりに人間として生きてみる話。

圧巻の安藤サクラ…!
バラエティでしかみたことなかったからなんかすごい人やったんや…ってびっくりした。

落ちるにもこれ以上落ちようがないからボクシングの世界にも飛び込めたし試合にも挑めたんやろうなあ。自分の殻の破り方なんてそれぞれやしイチコだってなんとなく見てたら入ってただけでそれがたまたまハマっただけだった。けどちょっとしたことがきっかけで、振り返ればそれが大きなきっかけだったなあってなることってあるよなあ。そういうことだ。(?)

ボクシングにのめり込んでくイチコはちょっと狂気的だったけど最後あんな感情出せるようになってたのか…!ってなる。人になってた。でも喋り方は変わってなくて舌を巻いた。安藤サクラ〜!すごいわ〜!普通の人なら意識せずとも進んでしまう様な人生の過程をイチコならどう紆余曲折を経て人相応の人になるかを細かく丁寧に描いていたのがこの映画の凄いところだと思う。

新井浩文まじでクズすぎて。でも新井浩文だし…。でもやだ〜!って感じ。
嫌だけどなんかかっこよくみえるときがあってそういうときは今はイチコフィルターがかかってるんだな…って思う様にした。
siso

sisoの感想・評価

-
せつない。
安藤サクラかっこいいわ
ななこ

ななこの感想・評価

4.1
よかった。でもなにがよかったのか上手く言葉にできない、けど、この映画も、多分そういうことなんだと思う。体を重ねるシーンやボクシングのシーンの肉感がすごくて、魅入らされました。

なにをするわけでもなく、なにに傷つくでもなく、うじうじとクズみたいに生活していた一子が、少しずつボクシングを通して変わっていく。
どうにもならない気持ちとか、どうにかしたいという強い想いとか、ぶつけようのない怒りとか、そういう言葉にならない感情を、とにかくボクシングに向ける一子。"hungry angry"
結局そう、人間はそんな論理的に生きられないし、そんな常により良い方法を選択し続けることなんてできないよ。ね。とかそんなことを考えながら。

試合のシーン、圧巻でした。(家で見たので)声をあげて応援してしまった。興奮した、苦しかった。安藤サクラさん素晴らしすぎた…

そして主題歌、この物語をやさしく締める、そして一子たちのこれからを感じさせるこのうえない主題歌でした…クリープよき…
主題歌は高校受験の後に聴き、映画は大学受験の後に観ました。ちゃんと悔しがりたい時に観た時、支えてくれたり慰めたりしてくれるというより一緒に泣いてくれる作品だと思った
寝込みながら鑑賞3
安藤サクラすごい
新井浩文すき
>|