百円の恋の作品情報・感想・評価

百円の恋2014年製作の映画)

上映日:2014年12月20日

製作国:

上映時間:113分

3.9

あらすじ

32歳の一子(安藤サクラ)は実家にひきこもり、自堕落な日々を送っていた。 ある日離婚し、子連れで実家に帰ってきた妹の二三子と同居をはじめるが折り合いが悪くなり、しょうがなく家を出て一人暮らしをはじめる。夜な夜な買い食いしていた百円ショップで深夜労働にありつくが、そこは底辺の人間たちの巣窟だった。 心に問題を抱えた店員たちとの生活を送る一子は、帰り道にあるボクシングジム…

32歳の一子(安藤サクラ)は実家にひきこもり、自堕落な日々を送っていた。 ある日離婚し、子連れで実家に帰ってきた妹の二三子と同居をはじめるが折り合いが悪くなり、しょうがなく家を出て一人暮らしをはじめる。夜な夜な買い食いしていた百円ショップで深夜労働にありつくが、そこは底辺の人間たちの巣窟だった。 心に問題を抱えた店員たちとの生活を送る一子は、帰り道にあるボクシングジムで、一人でストイックに練習するボクサー・狩野(新井浩文)を覗き見することが唯一の楽しみとなっていた。 ある夜、そのボクサー・狩野が百円ショップに客としてやってくる。狩野がバナナを忘れていったことをきっかけに2人は距離を縮めていく。なんとなく一緒に住み始め、体を重ねるうちに、一子の中で何かが変わり始めるーーー。

「百円の恋」に投稿された感想・評価

梅村

梅村の感想・評価

3.8
ありきたりな成長ストーリーだけど、不味そうなご飯とか歯周病は下水道の匂い、とかところどころ笑えたり共感したり感動したりがあって面白かった。
後半は音楽や演出がややクサイかな?と思ったり。安藤サクラじゃなきゃダメな作品だと思った
サクラさん良かった。新井浩文も。
サン

サンの感想・評価

4.4
配信で鑑賞
劇場公開時、ルックの汚さで触手が伸びずにいましたが正直見なかった事を後悔しました。
なんて力強い作品だろうか。
前半の自堕落でクズな一子、でも心は一番その時から人間なんだよな。
後半にかけてからの怒涛のボクシングスタイルは胸熱!前半の一子は別人だったと思わんばかりの変化!
すっごい彼女かっこ悪いんですよ。あんな生活絶対憧れないし嫌なんだけど、一子の姿がめっちゃくちゃかっこいいんです。
それがなんか胸に響いてきて、気づいたら涙流れてるんです。ほら、泣けるでしょ?ってわざとらしく作られたものでなくて、ただただ彼女の生き様に涙してしまう、あの力強さにあてられたんだろうなと思いました。上手くまとまらないんですが、本当にブサイクなのにカッコイイ。安藤サクラさんの他の作品も是非見たい。
umi

umiの感想・評価

4.0
安藤サクラの代表作。
かっこ悪くてカッコイイってやつの体現。
ハアー、かっけえなあ、安藤サクラ。
Tet

Tetの感想・評価

3.6
記録
ILLminoru

ILLminoruの感想・評価

3.8
安藤サクラがとにかく最高な、日本産"ロッキー"映画。

前半部のどうしようもないほど自堕落で実家暮らしの32歳の女の安藤サクラ、後半部のボクシングによって変化していく女の安藤サクラ。

そして、クリープハイプ『百八円の恋』と本作のタイトルが出るタイミング。

素晴らしいです。

安藤サクラは当然、日本アカデミー最優秀主演女優賞受賞。
つらかったけど見てよかったと思う
55

55の感想・評価

4.1
人って変われるんだな
サクマ

サクマの感想・評価

4.1
暗い中にも、小さな幸せが沢山散らばっていた
>|