百円の恋の作品情報・感想・評価

百円の恋2014年製作の映画)

上映日:2014年12月20日

製作国:

上映時間:113分

ジャンル:

3.9

あらすじ

「百円の恋」に投稿された感想・評価

えび

えびの感想・評価

-
万引き家族での演技や、最近はまんぷくにハマっているので安藤サクラさんの出世作?のような本作を鑑賞。
シンプルに面白かった!
邦画については、アレコレと考え巡らさないのでさくっと。
100円コンビニに群がる人間面白すぎるな。底辺感がすごくて。
お色気下着を着た一子のムチっとしただらしなさが最高にエロティックでした。
ボクシングやりたくなるな〜🥊🥊🥊
ローラーガールズ・ダイアリーの時と同様、わたしは格闘技に惹かれがちな気がするな…
moto

motoの感想・評価

4.0
安藤サクラ凄すぎ。おもしろかったー。
オム

オムの感想・評価

3.3

このレビューはネタバレを含みます

映画の理想の結末をとことん裏切るのが、現実味溢れててよかった。
一子がめっちゃ泣いてるときに、黙ってティッシュ差し出すシーンが大好きなんだけど、大好きな分痛くて痛くて、馴れ馴れしくなるのも分かるし、途端に捨てられるのも分かるから切なかった。
やっぱり安藤サクラはすごいと思った。最初の廃人の動きも、ボクサーになった時の動きも、そのものだった。目つきが変わるからすごい。低予算だから10日で身体を引き締めたらしいし、それもすごいよ。
エンドのクリープも良かった。ピッタリだった。
Yoshito

Yoshitoの感想・評価

3.9
これ見たら安藤サクラ好きになる!
どんどん強くなってく姿、カッコ良かった。

邦画の良いところが全面に出てる映画。
一子の実家のお弁当屋さんとか、100円ショップのバイトとか、日常の丁寧な描写が良かった。

ただ、ラストの試合の後の描写は、少し物足りなかった気がする。
家族が出てこないのがなんか寂しかった。

あとおっさんが気持ち悪すぎた。
むら

むらの感想・評価

3.9
安藤サクラが怪演。
顔が強烈。

「shall we dance」で役所広司が駅前の社交ダンスに通ったように、安藤サクラはボクシングジムに通って、元気になり、健康的になっていきます。
必死で何かをすれば、何か見つかるもんだと希望が見えてくる映画でした。
xarea

xareaの感想・評価

3.0
安藤サクラ演技上手いな〜
たらこ

たらこの感想・評価

4.0
やっと観ました!
そして最高でした。
安藤サクラ!この女優さん気になる女優さんの一人でしたが最高です。

笑いあり涙あり、そして色んな意味でめっちゃカッコイイ。
試合のシーンは涙なしでは見られません。

自分の今の生き方・・・どうなんだろう・・・考えちゃいました。


安藤サクラの作品借りまくろう!と思います。
やい

やいの感想・評価

4.6
かっこいい映画
日本映画俳優部最高峰に位置する主役ふたりが素晴らし過ぎて、涙まみれに。
あっ、ちょっとあっ、あれ…私かな…?
冒頭?40分はそう思ってたんですけど、どうやらそうではないらしい…。
そうか…一子お前、やるんやな…こんなんズルイやん、死ぬほどアツいスポ根ものやん! いけええええ!! 一子ォッ!!!
などとなりつつあっという間の一時間数十分でした、感涙。
安藤サクラさん、しゅごい。
٩( ᐛ )و
>|