百円の恋の作品情報・感想・評価・動画配信

百円の恋2014年製作の映画)

上映日:2014年12月20日

製作国:

上映時間:113分

ジャンル:

3.8

あらすじ

「百円の恋」に投稿された感想・評価

ミニシアターという存在を知って、そういう場所に行き始めて3回目とか4回目に出会った映画。安藤サクラ舞台挨拶付きで、終了後パンフレットにサインもらうタイミングで泣き崩れた。

というか何回見ても新井さんが弁当ぶん投げてからエンドロール上がりきるまでの体感30分、泣かずに見れたことがない。
いけプ

いけプの感想・評価

4.1
クリープハイプ大好きだから主題歌しか知らなかったけど、映画もめちゃくちゃ良かった…
前半主人公も含め全員クズだし胸糞だけど後半がかっこよすぎる…
何歳になっても何かを始めるのは遅すぎることはないんだな〜の希望をもらえた

どうでもいいけど安藤さくらと江口のりこ、新井浩文と大森南朋の見分けが永遠につかない
み

みの感想・評価

4.7
主題歌クリープ最高。
安藤サクラは日本一の女優さん
KOKI

KOKIの感想・評価

3.5
うん、良い。
安藤サクラほどやさぐれた女が似合う女優はいない。『万引き家族』とはまた違ったダメ人間の悲哀、その中の美しさに泣かされました。

タイトルに「恋」とある割になかなか色恋の話が出てこない。そのうちに取り返しのつかなさそうな展開になって、観ているこちらはヒヤヒヤ。ただ堕ちるところまで堕ちたからこそ、その後のカタルシスは文句なしの爽快さです。

登場人物がクズばかり(少なくともいい人間、とは言えない)ので最初は気が滅入るような話が続きますが、そんな人たちのほんの一瞬の輝きが持つ爽快さを教えてくれる映画だと思います。個人的には100円ショップの元店員のバアさんが最高。
らりほ

らりほの感想・評価

5.0
最高です!
no

noの感想・評価

3.6

このレビューはネタバレを含みます

知人の女性に似ている
いつもはダラけて過ごしているが夢中になれることがあるとずーっとそれをやる
夢中になれるっていい
ボクシングに人との繋がりや感じえない痛みを求めているのが人間らしいというか、なんか良かった
本能のままに、わがままに生きる姿を見せられたが魅了された
何かを真剣にやるって素晴らしい。自分に言い聞かせてみます。
>|

あなたにおすすめの記事