百円の恋の作品情報・感想・評価

百円の恋2014年製作の映画)

上映日:2014年12月20日

製作国:

上映時間:113分

ジャンル:

3.9

あらすじ

「百円の恋」に投稿された感想・評価

Rilly

Rillyの感想・評価

3.8
ボクシングしてる安藤サクラが凄くかっこいい
32歳の一子(安藤サクラ)は実家でだらしない毎日を過ごしていたが、離婚して実家に戻ってきた妹の二三子といざこざを起こし、一人暮らしをすることに。100円ショップで深夜労働にありつき、相変わらずな日々を送っていたものの、ボクサーの狩野(新井浩文)と恋に落ちる。狩野との幸せな日々はすぐに終わってしまうが、ある日、たまたま始めたボクシングが一子の人生を変える。
クリープハイプ
茶色

茶色の感想・評価

3.0
安藤さくらの役作りがすごい!
縄跳びが二重飛びになりキレッキレのパンチを繰り出す変わり様にびっくりして巻き戻しちゃった。圧倒されっぱなしでした。
子供のように泣きじゃくるの好き。
強盗に入ったおばさんをマジッすか!と笑顔でお金渡すバイト先のあの子も良かった(笑)
yuri

yuriの感想・評価

3.6
安藤サクラ氏の演技力に、ため息が出るほど感心してしまった。。
田舎のどこかの部屋にいそうなだらしない女から、目を輝かせ身体を引き締めボクシングにのめり込むまでの過程を見事に演じ切っていた。

と、ここまで書いて評価としては4.0以上をつけたいところだけれど、強姦したクソ変人同僚と、いつだって上から視点でコミュニケーション障害なんじゃないのか?と言いたくなるほどのクソ男。こいつらのせいでなかなかムカムカしたので、これ以上の評価は付けられない・・・な。

ヒット作にはならないけども泥臭さを表現した良くも悪くも二流邦画感というものを感じた。
s10236sk

s10236skの感想・評価

4.1
かっこいいよなぁ。安藤サクラを初めて見て衝撃を受けた作品。
ボクシングしたくなる!
m

mの感想・評価

4.0
記録
ボクシングやってみたくなった。
ダメ人間から頑張り屋さんになっていくのかっこよかったけど、絶対にもっといい男いるよな
るるこ

るるこの感想・評価

3.7
想像と期待をぶち破った作品。
引き込まれて、画面に釘付けになった。
みんな書いてるけど、演技が上手すぎる。
ストーリーの、主人公自身が自ら行動して変わっていくところが本当にとても良かった。(色々被って泣いてしまった)
映画にありきたりな都合の良い設定や奇跡などは皆無で、結末も完全なハッピーエンドでは無いけれども、そこに行き着くまでの過程が大事なんだなぁ、と。
よく結果が全てだとか言われてるけど、私は過程にも価値があると思う。
主題歌(百八円の恋)には
“終わったのは始まったから
負けたのは戦ってたから”
という歌詞がある。
何も戦わないよりも、戦って負けるほうが何千倍も良いと思う。人は、変われる。
私も、頑張る。
>|