百円の恋の作品情報・感想・評価

百円の恋2014年製作の映画)

上映日:2014年12月20日

製作国:

上映時間:113分

3.9

あらすじ

32歳の一子(安藤サクラ)は実家にひきこもり、自堕落な日々を送っていた。 ある日離婚し、子連れで実家に帰ってきた妹の二三子と同居をはじめるが折り合いが悪くなり、しょうがなく家を出て一人暮らしをはじめる。夜な夜な買い食いしていた百円ショップで深夜労働にありつくが、そこは底辺の人間たちの巣窟だった。 心に問題を抱えた店員たちとの生活を送る一子は、帰り道にあるボクシングジム…

32歳の一子(安藤サクラ)は実家にひきこもり、自堕落な日々を送っていた。 ある日離婚し、子連れで実家に帰ってきた妹の二三子と同居をはじめるが折り合いが悪くなり、しょうがなく家を出て一人暮らしをはじめる。夜な夜な買い食いしていた百円ショップで深夜労働にありつくが、そこは底辺の人間たちの巣窟だった。 心に問題を抱えた店員たちとの生活を送る一子は、帰り道にあるボクシングジムで、一人でストイックに練習するボクサー・狩野(新井浩文)を覗き見することが唯一の楽しみとなっていた。 ある夜、そのボクサー・狩野が百円ショップに客としてやってくる。狩野がバナナを忘れていったことをきっかけに2人は距離を縮めていく。なんとなく一緒に住み始め、体を重ねるうちに、一子の中で何かが変わり始めるーーー。

「百円の恋」に投稿された感想・評価

Keiichiro

Keiichiroの感想・評価

3.8
安藤サクラの女優魂がすごい!
なんでも一生懸命に何かに取り組んでる人はカッコいいっすよね。
クリープハイプの百円の恋のタイミング良すぎ
IkuoN

IkuoNの感想・評価

4.0
安藤サクラの演技はいつも演技なのかドキュメンタリー出演なのか分からないくらいだけど、もうこの作品で極まった感あり。
眼光、ボクサーの動き、お父さんと飲みに行ったときに、お父さんと鋭く同意してしまった。お前変わったなと。
どんよりした重い曇り空がずっと続いてから、安藤サクラのシャープな動きに、観ている自分も走りたくなる。
試合のときはジムの師匠と妹さんが印象的。
まあ、でもとにかく安藤サクラができる役どころは、他に替わる方はいないのでは、という感想につきる。
Kath

Kathの感想・評価

4.4
「どうせ百円程度の女だから」

めちゃくちゃアツい!
安藤サクラさんどちゃクソかっけぇ!!
ボクシング映画って初めて観たかも。

前半はかなりゆる~い映画だったのが、あるきっかけでガラリと雰囲気が変わって、観てる側も気合いが入るというか燃えてきます(笑

何より安藤サクラさんの体を張った体当たりの演技に圧倒されました…
やっぱこの人すげぇな。

ゆるさや熱さの中にも、シュールさやクスリとくる場面もあったりと終始楽しめました。

ラストのスローモーションが個人的に微妙だったのと、野間がマジで胸クソ悪かったのでちょい低め。
AiriSugaya

AiriSugayaの感想・評価

3.7
これでもかっていうくらいなダメ女が、人生を変えるために自分と向き合い戦っていく。
安藤サクラの演技がまぁすごい!
役作りのために激太りして、10日間でボクサーの身体に仕上げたんだとか…!

このレビューはネタバレを含みます

拗らせオンナ物ですが、なかなか底辺でキツイ一方で、甘やかな血の味。
前半と後半で別の映画みたいにキレが増す。
前半のこもった感じからボクシングでガツガツ凛々しくなっていくのが良い。
冒頭の姉妹喧嘩の辺り、若干『万引き家族』の前振りっぽくてニヤニヤ。
銅

銅の感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

2016/6/21
安藤サクラさんの役作りがやっぱ凄い。
そしてみんなキャラが濃い且つ、あーいるいるこういう人という感じで憎めない。(現実で関わりたくはないけれど…)
そして目まぐるしく成長する一子が見ていて気持ちがいい。仕事もボクシングも家族との関係、もちろん恋愛も。スピード感があって良かった。
うみ

うみの感想・評価

3.6
私はレイプシーンを見て苦しくなったので苦手な人は注意してください。話は良かったです。
クリス

クリスの感想・評価

4.5

このレビューはネタバレを含みます

主人公、一子の生活は酷いものだった。
実家住まいなのに働かず、母の甘さを良いことに食う寝る遊ぶを繰り返し、家族とも衝突三昧で、夜中にゃ人のチャリをパクって汚い格好のまま夜食を買いにゆく…。

18歳ならまだしも、32歳であの様。。
冒頭から暫くの間絶句していた…

年だけとって 中身は中高生のような主人公。
極度にコミュニケーション、自己表現が苦手なもんだから 日々生きるだけで一苦労な様子。

会話すらままならない彼女だが、一生懸命な人に対しては心なしか積極的、好意的であり そんな彼女の一面を見て「いい所あるじゃん、可愛いじゃん」って思ったりもする。

そんな不器用な彼女に様々なイベントが起こる。
稀に良い事もあるが、悪い事の方が多かった。
そのせいか彼女の目はまた何処か曇り始める。

しかし、ある日を境に振り切れた彼女…変わり始めた。そこからの変貌ぶりは凄いもんで、画面に釘付けになったよ。
落ちるまで落ち込んだのなら、一度火が点きゃ後は上がってゆくだけなんだ。

何かを得たいと頑張る姿、その過程で変わってゆく自分と周囲、自分の信念を曲げずに突き進みやり遂げる気概…

序盤の彼女を知っているからこそ、終盤の彼女の姿を見て 溢れそうになる涙を抑えきれなかった。

数字や結果を求められる世の中
勝たなきゃ、負け犬だ
でも…負け組だからって悪いわけじゃない

勝てなくても 良いんだってこと
勝ちたいと思う気持ちが、やるだけやりきることが大切なんだってこと
何かを変えるために必要なのは、数字や結果だけでは無いんだってこと

一子が教えてくれた。

こんなに清々しい気分は久しぶりだ。

良い、映画だな。
おのD

おのDの感想・評価

4.5
耳に残るわ、あのBGM
熱量がすげぇ
観ててスカッとする映画
Yui

Yuiの感想・評価

4.0
ストーリーが光るわけでもなく
低予算で作られてる感あるあるでした!

それでも☆4つけたのは
安藤サクラさんが素晴らしかったからです♪
最初のダラダラしたニート女子から体形も絞り込んでボクサーになりきる…
試合こそ勝てなかったものの
恋愛は手に入れました♡
勝ち組です!
>|