百円の恋の作品情報・感想・評価

百円の恋2014年製作の映画)

上映日:2014年12月20日

製作国:

上映時間:113分

ジャンル:

あらすじ

「百円の恋」に投稿された感想・評価

父ちゃんとイチコが居酒屋で飲んでるシーンで急に泣けた。
安藤サクラ、うますぎだわ。

狙ったセリフとか別にないし
美しい奇跡とか起きないし、
どっちかというとずっと底辺。
日曜日の昼間にやってる ザ・ノンフィクションを見ているような感覚に近いかな笑
クオリティの高さに心を掴まれた。

予想を上回る作品に出会えると嬉しい。

このレビューはネタバレを含みます

安藤サクラが大好きになった。ボクシングシーンのために痩せる役者魂が素晴らしいとしか言えない。100円!100円!100円生活!のテーマソングが頭から離れない。
けお

けおの感想・評価

3.8
前半のグダリ具合は(同族嫌悪もあるのか)イライラが募り気持ち悪さを覚えたが、
後半の怒涛の疾走感!手に汗握った

安藤サクラがとにかくスゴイ

恋人が映画を観たあとすぐさまボクシングを習い始めていたが気持ちがものすごくわかる
あしたのジョーを漫画で読んだ時よりボクシング欲が湧いた

運動してる人は、
汗は、
格好いいですね

久々にがむしゃらになってみたくなりました

クリープの百円の恋と運動を条件反射としてリンクさせたい
物凄い女優を発見してしまった
ここまで役作りをする人は、今の時代いるのだろうか?

最初の甥っ子とのテレビゲームをしているシーンで観た、自堕落な生活をした事が一目でわかる身体

この時、この女優さんは、こーゆー役柄の仕事が多いのかなと思っていました

ボクシングジム通い始めたところで、1.2をするシーンなんかは、初心者、本当に初心者のように見えたが。

練習していくうちに、本当のボクサーのような1.2になっていく

また、ステップも上手い

身体も凄く引き締まり
ここまでやるか!!
と感心しました

この女優さんは追っかけたいですね


ミリオンダラーベイビー、ロッキーと比較したくなる映画ですね

2018/161
sakura

sakuraの感想・評価

4.6
初めてこんないい映画に出会えたかもしれない。
主要人物は殆どあまり喋らないのに、それぞれの心境が手を取るように伝わってきた。
それに、この映画には違和感というものが全くと言っていいほどなかった。
個人的に、「映画の中でもちょっとそれは…」と思うことがよくあるのだが、この映画ではそれがなく、内容も隈なく理解できた。

堕落している一子は女の私でも見るに耐えない姿だったが、そこから変わった彼女はとてもかっこよかった。
鑑賞後とてもすっきりする映画。
一子の変わりようが本当にすごすぎた
人って本気になればあんなにも変わるものなのか
安藤サクラの演技力がこんなにも凄いって知れてよかった

狩野って本当にクソ男なのに泣いてる一子を黙って抱きしめるところとか一子の手を引っ張って歩くところとかに少しきゅんとしてしまったわ

餃子食べたい
後半から急に圧倒された。前のめりになって観た。

安藤サクラの女優魂を観た。ドンドン綺麗にカッコよくなっていく。
『勝ちに向かう私は高いのよ』

軽快なベースのスラップから、映画の世界へと私を引き込みにかかる。

聴覚から、私の脳に埋め込まれている底に感動的なハートバイブへと爆進!!

それが落ちついた時、
ひとりの女性、一子は混沌とした日常への堕落とつながった憤懣を心の奥深くに根ざしながらも、現実を浮遊感のあるもの、変革が不可能化していたのかもしれない。

そんな時、日常と突き放すと同時に、ゴッドが指を鳴らし、一子は転び人生を変革していくレールを歩み始める。

ひとりの男、ボクサーとの出会い、試合を見、人間に称え合う姿に一子のコンパスは定まった。

一子の五感、フィジカル&メンタル共に釘付けになり、新たな格闘への世界へと爆進する。

納得ならねー、この人生。
納得しとくねー。この現実に。

こんなの嘘だ!嘘っぱちだ!!

そう怒りのバイタルが稼働し、より稼働し、

未知への自分へと創造主となる。

試合のシーンヤバイね。涙が。

お父さんの、あのうるうるした目。
もう嬉しかったんよね。

娘が、変革してイキイキとチャレンジしているのが。

そうなんだよね。
人を変えようとするんじゃなくて、自分が変わると自然と周りにも影響していくんだよね。

一子さんは、勝ったんだよ✨
わらび

わらびの感想・評価

5.0
ラストのリングに上がるシーンからエンドロールにかけて、涙が止まらなかった。
何で感動した、とか上手く言葉にできないけどなんか涙が止まらなかった。
やっと観れました
万引き家族を見てから安藤サクラが気になっていたので観れてよかったです。

一子の自堕落な生活からボクシングを通じて徐々に変化する気持ちを表情で表現するのが安藤サクラは上手ですね(o^^o)

頑張ってるやつ見るのが嫌いって本心で言ってるのか分かりませんが、人が本気で頑張ってる姿を見せたら人の心を動かすことができるのではないでしょうか?

もう修復不可能かと思われた家族仲でさえも回復させちゃうんですから。
夢っていいですね(^ω^)

大人になったら夢を語るのは恥ずかしい
そんな風潮がある日本ですが、私はいくつになったって追い求めるものがある人の方が魅力的に見えますけどね。
>|