天空の蜂の作品情報・感想・評価

天空の蜂2015年製作の映画)

上映日:2015年09月12日

製作国:

上映時間:138分

3.4

あらすじ

爆薬を積んだ超巨大ヘリが原発に墜落するまで、タイムリミットは8時間。 大切なものを守り抜くために――命を懸けたカウントダウンが、始まる。 1995年8月8日。最新鋭の超巨大ヘリ《ビッグB》が、突然動き出し、子供を一人乗せたまま、福井県にある原子力発電所「新陽」の真上に静止した!遠隔操縦によるハイジャックという驚愕の手口を使った犯人は〈天空の蜂〉と名乗り、“全国すべての原発の破棄”を要求。従わ…

爆薬を積んだ超巨大ヘリが原発に墜落するまで、タイムリミットは8時間。 大切なものを守り抜くために――命を懸けたカウントダウンが、始まる。 1995年8月8日。最新鋭の超巨大ヘリ《ビッグB》が、突然動き出し、子供を一人乗せたまま、福井県にある原子力発電所「新陽」の真上に静止した!遠隔操縦によるハイジャックという驚愕の手口を使った犯人は〈天空の蜂〉と名乗り、“全国すべての原発の破棄”を要求。従わなければ、大量の爆発物を搭載したヘリを原子炉に墜落させると宣言する。機内の子供の父親であり《ビッグB》を開発したヘリ設計士・湯原(江口洋介)と、原子力発電所の設計士・三島(本木雅弘)は、上空に取り残された子供の救出と、日本消滅の危機を止めるべく奔走するが、政府は原発破棄を回避しようとする。燃料が尽きてヘリが墜落するまで、残された時間はたった8時間――姿の見えない敵との緊迫の攻防戦が始まった。 その頃愛知県では、《ビッグB》と原発を開発した錦重工業に、家宅捜索が入っていた。総務課に勤める三島の恋人・赤嶺(仲間由紀恵)は、周囲に捜査員たちが押し寄せる中、密かに恋人の無事を祈る。一方、事件現場付近で捜査にあたる刑事たちは、《ビッグB》を奪った謎の男(綾野剛)の行方を追跡。聞き込みを続けるうちに、ある意外な真相へと辿り着いていく――。

「天空の蜂」に投稿された感想・評価

みずは

みずはの感想・評価

2.9
原発の恐ろしさがわかると思ったけど、あんまり伝わらないものたりない。

ダイナマイト10本。。深い。

チェルノブイリじゃなくて3.11かい。
日本だなあ。笑

最後航空自衛隊になったのが、おお。て感じ。


途中退屈だったけど、最後は良い!て感じ!
Tomomi

Tomomiの感想・評価

4.0
記録。
ほぼ原作通り。三島役に本木雅弘はすこしピンとこなかった。。
もう少し深い話あってもよかったかも
いくら邦画とはいえ、ここまでつまらないアクション映画も珍しい。

頑張って演技をしている豪華な俳優さんたちが、報われない。
ぴぽぱ

ぴぽぱの感想・評価

5.0
この年の映画No.1
kendoboy

kendoboyの感想・評価

3.0
東野圭吾原作。
原発を人質に取り、自分の要求を飲ませようとする犯人との攻防を描く。
原発の上空でハウリングするヘリコプター。時間までに要求を飲まなければ、ヘリコプターは原発に落下する。もしそうなれば、甚大な被害は免れない…
迫り来る時間との戦い。そして、犯人は誰なのか?その真の目的とは?
原発の是非を問う東野作品の真骨頂。
>|