天空の蜂の作品情報・感想・評価

天空の蜂2015年製作の映画)

上映日:2015年09月12日

製作国:

上映時間:138分

3.4

あらすじ

爆薬を積んだ超巨大ヘリが原発に墜落するまで、タイムリミットは8時間。 大切なものを守り抜くために――命を懸けたカウントダウンが、始まる。 1995年8月8日。最新鋭の超巨大ヘリ《ビッグB》が、突然動き出し、子供を一人乗せたまま、福井県にある原子力発電所「新陽」の真上に静止した!遠隔操縦によるハイジャックという驚愕の手口を使った犯人は〈天空の蜂〉と名乗り、“全国すべての原発の破棄”を要求。従わ…

爆薬を積んだ超巨大ヘリが原発に墜落するまで、タイムリミットは8時間。 大切なものを守り抜くために――命を懸けたカウントダウンが、始まる。 1995年8月8日。最新鋭の超巨大ヘリ《ビッグB》が、突然動き出し、子供を一人乗せたまま、福井県にある原子力発電所「新陽」の真上に静止した!遠隔操縦によるハイジャックという驚愕の手口を使った犯人は〈天空の蜂〉と名乗り、“全国すべての原発の破棄”を要求。従わなければ、大量の爆発物を搭載したヘリを原子炉に墜落させると宣言する。機内の子供の父親であり《ビッグB》を開発したヘリ設計士・湯原(江口洋介)と、原子力発電所の設計士・三島(本木雅弘)は、上空に取り残された子供の救出と、日本消滅の危機を止めるべく奔走するが、政府は原発破棄を回避しようとする。燃料が尽きてヘリが墜落するまで、残された時間はたった8時間――姿の見えない敵との緊迫の攻防戦が始まった。 その頃愛知県では、《ビッグB》と原発を開発した錦重工業に、家宅捜索が入っていた。総務課に勤める三島の恋人・赤嶺(仲間由紀恵)は、周囲に捜査員たちが押し寄せる中、密かに恋人の無事を祈る。一方、事件現場付近で捜査にあたる刑事たちは、《ビッグB》を奪った謎の男(綾野剛)の行方を追跡。聞き込みを続けるうちに、ある意外な真相へと辿り着いていく――。

「天空の蜂」に投稿された感想・評価

原発の恐ろしさがわかると思ったけど、あんまり伝わらないものたりない。

ダイナマイト10本。。深い。

チェルノブイリじゃなくて3.11かい。
日本だなあ。笑

最後航空自衛隊になったのが、おお。て感じ。


途中退屈だったけど、最後は良い!て感じ!
nanabee

nanabeeの感想・評価

3.2
本木さんは迫力ありました。

某名探偵のアニメみたいだなぁと思いつつ見ました。
さーか

さーかの感想・評価

2.9
あんまり好きじゃないかな、疲れた。
空中で止まる話。

このレビューはネタバレを含みます

よかったよかった、めでたしめでたし、じゃ終われない映画
ホルル

ホルルの感想・評価

3.4
ドキわく
GamKing

GamKingの感想・評価

3.3
ーーーーー
天空の蜂
ーーーーー
東日本大地震によって起きた原発稼働問題が騒がれている時に、あえてこの映画を制作した心意気は褒めたい。しかし、あくまでこの映画が成り立っているのは、東野圭吾の力だけのような気がする。俳優陣の無駄遣い感をすごく感じ、綾野剛や仲間由紀恵の過去をもっと描いても良かったと思う。脚本、監督については正直、普通だと思う。

この映画があくまで凄いのは、東野圭吾が20年近く前にこの原発問題に焦点を当て、描いたことだ。日本政府の闇を浮き彫りにし、電気と人々を天秤にかけた時、電気を優先するという政府の残酷さをリアルに描いている。そして、使えるものは使い、使えなくなったら捨てるというやり方も、日本政府ならあり得ると思った。

実際に、このようなテロが起きた場合、政府は電気と人々どちらを優先するのだろうか。原発についての安全性の是非が問われながらも、今でも稼動を続け、電気を作り続けている。実際に私たちも電気がなくなった場合の恐怖、もしくは無関心ささえあるかもしれない。そのような問題を巧みに描いた東野圭吾は凄い。本当に問題視しなければならないのは、原発なのではなく、その危険性に気付きながらも気づいていないふりをする私達なのかもしれない。

あくまで、この映画が凄かったのは、メッセージ性だけであり、それが秀逸すぎて、他が全て霞んだ印象を持った。
唯

唯の感想・評価

2.1
序盤から、なんて言うんだろう、日本映画によくあるいかにもセリフです!みたいなセリフが多かったり、子役の演技が、、というところで少し観る気が失せてしまいました、、。でも綾野剛さん目当てで鑑賞していたので我慢。

ただ観進めている中で、やっぱり脚本がどうしても気になってしまい、😥その点に関しては最後まで変わりませんでした。意識してしまうようになって、余計に😔

また、わたしは原作を読んでいないのでなんとも言えないのですが、あんなにテンポよく話が進んでしまうんですね、、。
ただそのお陰か、2時間にしては早く終わった感じがして観やすくはありました!

ストーリーに関しては、テーマが絞られていないように感じました。原発でもあるし家族愛でもあるんだろうし職務を全うする人間の強さみたいなのもあるんだろうし、でもそれぞれが中途半端に感じてしまい、安っぽさというか何か物足りないという印象です。

ただ、三島の子供のあのシーンに関してはグッとくるものがありました、

何が本当に正しいことなのか、何が正義なのか、考えさせられます。


多分、映画よりも原作の方が面白いんだろうなあというのは皆さんのレビュー等読んで感じました、、。
しゅん

しゅんの感想・評価

3.5
2018/5/14 prime video
東野圭吾原作で監督が堤さんってすごいなぁ。
ハラハラするシーンが何度もあって、観ていてちょっと疲れた。
メッセージ性が高く、ストーリーも面白かったので満足感は高めです。
>|