ベネディクト・カンバーバッチ ホーキングの作品情報・感想・評価

「ベネディクト・カンバーバッチ ホーキング」に投稿された感想・評価

hiro

hiroの感想・評価

3.2
ドキュメンタリーなのでダイナミックさとかがないのは仕方ないけど、少し何か物足りない感じがした
Ichiro

Ichiroの感想・評価

4.0
博士と彼女のセオリーと比べると、物理学者としてのホーキング博士に焦点を当てた映画だったと思います。ビックバンの話は素人の自分にも分かりやすかったです。ビックバンの名残が発見されたということは、結局ホーキング博士が正しかったのかな?
映画としては、博士と彼女のセオリーの方が自分は好きです。

I believe in the possible. I believe, small though we are, insignificant though we may be, we can reach a full understanding of the universe. You were right when you said you felt small, looking up at all that up there. We are very, very small, but we are profoundly capable of very, very big things.
(僕は可能性を信じる。僕らは小さくささいな存在かもしれないが、いつかは宇宙の謎をすべて解ける。空を見上げると自分が小さく見えると君が言ったのは正しい。たしかに僕らはとても小さな存在だが、偉大なことを達成する力を持っているんだ。)
and

andの感想・評価

4.0
切なくもロマンチック。
ベネ好きの母と鑑賞
母「ベネディクト若いわ〜〜!昔からこういう頭いい役やってるんだね」
それな
『博士と彼女のセオリー』でエディ・レッドメインが演じたホーキング博士の若き日をベネディクト・カンバーバッチが演じているテレビドラマ。
どうしてもあの映画と比べてしまいそうでしたが、恋愛に重きが置かれてないから、また違う角度から観れたかな。物理学なんて訳がわからない私でも観入ってしまいました。
ホーキングがALSという難病に侵され苦悩しながらも、宇宙の研究に没頭する姿が生々と描かれていたように思います。
空を見上げれば自分の存在の小ささに気づくけど、可能性は誰にでもあるんだと教えてくれる。彼を支えたのは家族の愛、恋人の愛、そして研究への情熱なんでしょうね。
あまりカンバーバッチの作品は観たことないですが、はまり役で素晴らしい演技でした。
み

みの感想・評価

3.8

ベネディクト・カンバーバッチに惹かれて(正直)。
なんでこの人にこういう役やらせるとこんなにハマるんだろうね。とても良かった。

ホーキング博士はお名前だけは存じ上げていたけど、これを観てきっととても魅力的な方だったんだろうと思えた。それだけでもこの作品は成功なんじゃないかな。
個人的には構成も良かった。ラスト辺りはそれにやられて思わず(´;ω;`)ブワッとなってしまった。
ホーキング博士の話。
天才ゆえの苦悩にグッときた。
cyinglee

cyingleeの感想・評価

4.2
For Benedict!
>|