ハレルヤ

突破口!のハレルヤのレビュー・感想・評価

突破口!(1973年製作の映画)
3.9
序盤からガツンと引き込まれて、後はラストまでとにかく突っ走っていきます。
ドン・シーゲル監督らしい男臭く熱い映画に仕上がっていて、ウォルター・マッソーの主人公のキャラがまたその作風によく合う!

「ダーティハリー」で犯人役を演じたアンドリュー・ロビンソンもこの作品でもなかなか印象に残る役どころ。
アクション映画のイメージがありますが、警察やマフィアからどう逃げるかのサスペンス要素が多い印象。
あまり過度なドタバタアクションを想定すると、ちょっと違和感を感じるかも。