突破口!の作品情報・感想・評価 - 6ページ目

「突破口!」に投稿された感想・評価

銀行強盗が田舎の銀行から奪った荷物の中にギャングの資金洗浄用の大金が入っていたため、殺し屋から命を狙われるクライム・サスペンス。緩急をつけた演出やお馴染みラロ・シフリンのエグみのある劇伴がかっこいいんだが、最初に死んだ保安官補とかいい人なのに殺した方が主役なのでスカッとしないんだよな。その後も主役は折に触れ鬼な言動があってなんか好きじゃない。銀行は合法的に「素朴なひとたち」を搾取しているんだから、力があれば奪っていいって思想があるとしか思えないな。あと、総じてベッドシーンの流れは意味不明だった。時代は考慮に入れないといけないけど、結構「ポルノ感」あるな。
2017.1.2 NHK BSプレミアム(録画)(字幕)
Seiji

Seijiの感想・評価

3.5
クライムストーリーとしては、ワクワクドキドキ感は薄いのですが、車と飛行機とのカーチェイスは印象に残ります。ウォルター マッソーは人柄がよく見え過ぎなので犯罪者役としてはミスマッチですが、其れが監督の狙いだったのでしょうね。
銀行襲ったら マフィアの金取って来ちゃったモノ!

まぁ ふつうに面白かったです
地味な映画だった

前代未聞のカーチェイスは、なんだか滑稽だった笑
OBAKE

OBAKEの感想・評価

3.0
チャーリーが終始渋くてよい。仲間割れ、警察・マフィアとの争い、テンポが良くて楽しめる。
古き良きアメリカの風情も楽しめる。
スマートかつクール。。
ラストの飛行機VS車のチェイスは笑ってしまった。
Lico

Licoの感想・評価

3.7
推理小説を読んでるかのような知恵深さが面白く、終始飽きがこなかった。むしろ引き込まれ続け頭の良さ、展開の良さに笑いが出てくる程。

一つ一つの問題を丁寧にぬかりなく処理してゆき、これは悪い事をしているのか?正しい事をしているのか?錯覚するほどいつしか彼を応援してる自分がいた。
pide

pideの感想・評価

4.8
これは、これは、名作ではないかい!

主人公はサブウェイパニックに出ていた人ね。
彼の頭の良さが光っている。
銀行強盗を繰り返してはいるが田舎の銀行をターゲットにし少額を奪い取る作戦だ。
その為、数週間経てば人々の注意から免れる事が出来る。
出だしから頭が良い。

そしてどうしたって仲間割れは起きる。
次はそんな時どうするか。
彼はドライだ。
己から追手の視線を反らすために手段を選ばない。
妻に対しても死が近いと思えば簡単な見切る事が出来る。
安全第一。
常に頭が良い。

クライマックス。
ただ逃げきるだけではない。
相手に対して致命打を与える。
そこには様々な作戦があるのだがそこは見て頂いてからのお楽しみ。
頭脳派だ。
最後まで頭が良い。

うん。頭が良い。
エビラ

エビラの感想・評価

3.6
主演のウォルターマッソーは実に味がある。実に痛快な犯罪もの。地味な作品かと思いきや、名作と聞いたことがあるので録画したが、見て良かった。
この作品をわざわざ見る人は絶対に映画ファンだと思う。
ぶん

ぶんの感想・評価

3.4
進み具合がリズミカルで退屈しないし、昔のサスペンス独特の音響が懐かしい。

どんな事も計算済みの成り行きなんだろうなって思ってたから、どう相手をやっつけるのかが楽しみになって観れた!
クリント・イーストウッドとのコンビで知られるドン・シーゲル監督が『ダーティハリー』の直後に撮った犯罪アクション。

見どころは主人公の銀行強盗を演じたウォルター・マッソーである。彼はどんな状況にでも沈着冷静で、頭が切れる。最強の知能犯と言っても過言ではないだろう。
その他にも、『ダーティハリー』のサソリで有名なアンディ・ロビンソンや市長を演じていたジョン・バーノンの出演もファンなら見逃せないのではないだろうか。

さらには、アクションにも磨きがかかっている。冒頭の銀行強盗やクライマックスでの飛行機と車のチェイスは必見である。