突破口!の作品情報・感想・評価 - 6ページ目

「突破口!」に投稿された感想・評価

大きな鼻のウォルター・マッソー。
ジャック・レモンとのコメディ映画も大好きですが、犯罪映画も面白いです。
greg

gregの感想・評価

3.9
"突破口!"

ドンシーゲルがダーティハリーの次に撮った映画。最後の追跡的なものをイメージしていたらとんでもない方向に向かっていった。

ダーティハリーでサソリを演じたアンドリューロビンソンの名演。そして飛行機を使った華麗なラストは見事。
銀行強盗で手に入れたお金はマフィアのもので、命を狙われる男たちの話。
ラストまで含めておもしろかったです。

主人公の感情はあっさりしすぎかなぁ。冷徹という言葉ではどこか違う感じ。
もた

もたの感想・評価

4.0
あまりこういうの見ないから、たまに観るとおもしろい

銀行強盗のシーンって昔から大好きだから、冒頭から大興奮だった
超かっこいい

あれだけ哀愁漂わせていたのが、なんだったんだってくらいの最後を遂げるボイルこそ、この映画の容赦なさを物語ってると思う

ただ、冷静なチャーリーが、あの状況であの女と寝るのはおかしい笑
cublic

cublicの感想・評価

3.7
銀行強盗で盗んだ金がマフィアの隠し資産だったことからマフィアにも警察にも追われる羽目に。

最近観たミッドナイトランも同様にマフィアと警察に追われる話だったが、こちらはシリアスな作品で緊迫感はかなりのもの。

見応えある作品。
登場人物が、全員ナイス悪人。
脇役も含め、全てのキャラが 立ちまくり。ワシもシェリー・ノースにパスポート偽造してもらいたい。
1SSEI

1SSEIの感想・評価

3.5
「ダーティハリー」のドン・シーゲル監督の70年代前半期のアクション映画

70年代前半といえばアメリカンニューシネマの雰囲気を多分に含んだ渋くて、地味で、報われない映画が多いのですが…
意外や意外、普通に楽しいエンタメ作品

銀行強盗をした4人組。しかし生き延びたのは2人。そして不運にも盗んだ金にはマフィアの洗浄金が含まれており、警察だけてなくマフィアにも命を狙われることに…

時代設定は違うけれどもマフィアに命を狙われて最後は一矢報いるというのは、同年公開の「スティング」とかにも似てるな〜
いわゆる70年代前半期アクション映画が下火になりだした時期なんでしょうか

主演のウォルター・マッソの渋すぎる親父も中々いいですが、ドン・シーゲル的に言えばアンドリュー・ロビンソン!
「ダーティハリー」の世紀の悪役“サソリ”とはまた違う小童でいい感じ。
ただ、彼の扱いは酷すぎないかな…。
あまりに報われなさすぎです

クライマックスの飛行機vs車のシーンはガチってのが伝わってきて、飛行機アクションシーンでもかなり良くできた部類に入ると思います

そんなこんなで万人ウケするエンタメ映画です
ウォルター・マッソーといえば、ジャック・レモンとのコメディ映画を思い浮かべてしまって。とても面白いと言われても、なかなか見れなかったのですが、いざ観て観たら面白い映画!ウォルター・マッソーがどこまで優れた男なのかが読めず、敵の裏をかいてるのか読まれてるのか…最後までドキドキしながら楽しく鑑賞してしまいました。
2016.8.14
超面白かった!古き良きアメリカのギャングアクション映画かなと。
小賢しい主人公が憎いけど、ダーティハリーよりは好きです。
銀行強盗が田舎の銀行から奪った荷物の中にギャングの資金洗浄用の大金が入っていたため、殺し屋から命を狙われるクライム・サスペンス。緩急をつけた演出やお馴染みラロ・シフリンのエグみのある劇伴がかっこいいんだが、最初に死んだ保安官補とかいい人なのに殺した方が主役なのでスカッとしないんだよな。その後も主役は折に触れ鬼な言動があってなんか好きじゃない。銀行は合法的に「素朴なひとたち」を搾取しているんだから、力があれば奪っていいって思想があるとしか思えないな。あと、総じてベッドシーンの流れは意味不明だった。時代は考慮に入れないといけないけど、結構「ポルノ感」あるな。
2017.1.2 NHK BSプレミアム(録画)(字幕)