「JOY」に投稿された感想・評価

みょう

みょうの感想・評価

3.2
実話かー、すごいな。
失敗しても何とかできるってか。
pooh

poohの感想・評価

4.0
やる気が出る映画です
女は強い
Nina

Ninaの感想・評価

3.0
ゼロから億万長者になった女との事で、スカッとするサクセスストーリーを期待したけど、主人公が足を引っ張られてばかりでお気楽には見れなかった。後半、ダラスでのやり取りでやっと反撃、もう少しこれまでの苦労した分だけ成功していくところも見たかった。
ルー蔵

ルー蔵の感想・評価

5.0
めちゃくちゃカッコいい女。

デブ白人の売り子とか腹違いの姉とかぶん殴って欲しかったけど、それをせずに戦う。
ああ、この女の戦い方は違うんだ、ずっとやってきた事なんだ。その時に降る雪がめちゃくちゃにカッコいい。

あとデビッドOラッセル好きなんだけど、あんま最近見ないなあ。
beans045

beans045の感想・評価

3.5
ジェニファー・ローレンスの脇を固める豪華な俳優陣

英語音声+英語字幕で二回目の鑑賞。
ジェニファー・ローレンス観たさに初めて観たときも思ったけど、ブラッドリー・クーパーとロバート・デ・ニーロが脇を固めてるのに、日本では上映されなかったらしい。『世界にひとつのプレイブック』でもこのトリオだった。若くしてミュージカルの役者を目指す夫と結婚した主婦ジョイが離婚を経て、何も無いところから、テレビショッピング業界でトップに登り詰めるという、実話を元にした話。ロバート・デ・ニーロのダメ男っぷりが、これまたスゴイ。再婚相手に追い出されて元奥さんのところに転がり込んで来た上に、新しいカノジョを作っちゃうという…。このカノジョがいなければ、ジョイの成功は無かったのだけれど…。腹違いの姉妹とも成功の過程で仲違いしたり、ジョイが背負った苦労が丁寧に描かれていた。自分のアイディアに確信があり、最後まで諦めなかったからこそ、成功した後の貫禄ある姿も堂に入っていた。売れるまでに背負う金額も大きいけど当たればモップ一本の発明で人生一発逆転しちゃうところが、まさにアメリカンドリーム。
miiman

miimanの感想・評価

3.9
知らずにジェニファー目当てで見てたらなかなかの豪華キャスト

生優しいシンデレラストーリーはもう飽きてたからこういうリアルなん観たかった!

でも確かに実話を元にしてるんよねこれ。スカッとするより粘り強さを学んだ気がします
shinji

shinjiの感想・評価

3.2
意外に面白かった。
散々な目に合ってきたジョイが、最後まで諦めず、最後の最後に夢を勝ち取った時は気持ち良かった。
hope

hopeの感想・評価

3.9
いつになったら成功するの!?まだなの!?いつまで辛いの!!?ってもー辛くて辛くて、ジョイが自暴自棄になったシーンは泣けた。デニーロの苦悶の表情アップも良い、グッときた。
やっぱりジェニファー大好き。あんだけ綺麗なのにちゃんと主婦感あった。
ジェニファーが綺麗なので点数高め(^^)

今回もクセ者家族に囲まれてイライラしちゃう。
監督さん、このおなじみキャストで素敵な家族愛の映画をお願いします。
kunico

kunicoの感想・評価

-
この監督このキャストでど真ん中ストレート入った試しが、無い。
kekq

kekqの感想・評価

3.6
ドン底に次ぐドン底からモップ一本で逆転ホームラン!かと思いきや…!?
能天気なテレビショッピングの裏に潜む骨肉の争い。ジェニファー・ローレンスはいつだってキレたりキレられたりがよく似合う。

苦労に苦労を重ね、情熱と根性で成功を掴みとる物語は古今東西いくらでもあるけれど、本作の苦労の圧縮率はひどい。辛い。こんなストレス絶対耐えきれないだろうというのが息つく間もなく襲いかかりすぎる。

なんらかの精神疾患と対峙する困難は「世界にひとつのプレイブック」を踏襲しており、前作同様、疾患に対する眼差しの厳しさと優しさのバランスがとても良い。
病んでいるから何もできない迷惑をかけるだけの存在ではなく、ときに成長し、ときに誰にもできない役割を果たし、でもやっぱり困ったこともする複雑な描き方が、観る側にも絶妙なストレスと安堵を与えてくれる。

口で説明するとストーリーは完全に地味。それをこれほどのスリルと華やかさで彩ることができるのは、卓越した構成とリズム、そして名優の実力を搾り取るように引き出す演出力のなせる業。どうすればこんな脚本が書けるのか。

どんなに閉塞していても、いつか大きな風穴を開けることができるということを教えてくれる映画。ただし、才能と行動力と根性と、運を自力で引き寄せる力があれば。
>|