Haruka

はじまりのうたのHarukaのレビュー・感想・評価

はじまりのうた(2013年製作の映画)
4.5
失恋したグレタと会社をクビになった元一流プロデューサーのダン。どん底の2人が出会い音楽を通して小さな奇跡を起こしていく…


監督は”ONCE タンブリンの街角で”のジョン・カーニー。
ONCE同様、今作も温かく音楽の良さが伝わる作品に仕上がっています。
キャストはキーラ・ナイトレイとマーク・ラファエロ。そしてなんとあのMaroon5のアダム・レビーンが映画デビュー!!

キーラの歌声が聴ける+アダムの映画デビューということでこれは観るしかないと期待MAXでの鑑賞でしたが期待を上回る素敵な作品でした!

歌が最高にいい!!キーラの飾らない歌声とアダムの甘い歌声を存分に楽しめる!!
観た直後にサントラダウンロードしました!!

その中でマーク・ラファエロのダメ男っぷりが光りキーラと出会ったことでだんだんと自信を取り戻しカッコいいイキイキとした男性になっていく姿が良かったです。

グレタとダンがお互いのプレイリストを聴きながらニューヨークの街を散歩するシーン大好きです!
こんなデートしたい(๑>◡<๑) (笑)

最後のアダム演じるデイヴのライブ最高でしたね。あの切なさも。

ラストもエンディングで流れるその後も良かった。

音楽って本当にいいですよね。
音楽によって元気になれたり楽しくなったり癒されたり時には悲しくなったり音楽によって誰かを思い出したり想ったり音楽によってその時その時の感情や記憶がよみがえったり、、今回も音楽の力を見せてもらいました。

オススメ!!!