ヤマ

はじまりのうたのヤマのレビュー・感想・評価

はじまりのうた(2013年製作の映画)
4.2
新作レンタル

シング・ストリートで完全に魅入られたジョン・カーニー監督作。

ワンスよりも評判が良く、自分の中で相当な期待値を勝手につけてしまった結果このスコアに。。

正直、事前にジョン・カーニー監督がキーラを起用すべきではなかった問題が入ってしまっていたこともあるが、ワンスやシング〜に比べ歌そのものや、歌うことの力強さに若干の物足りなさを感じてしまった。

一貫してこの監督は音楽の力によって人の人生のスタートや再スタートを描いてきたのでストーリーに関しては文句などつけられないもの。
マーク・ラファロの演技はもちろん、最高にイカす音楽デートや、アダム・レヴィーン受け付けなかったのを土下座するレベルの歌唱など素晴らしい点を挙げればキリがないのは確か。

しかしこういった作品の主人公には単なる下手ウマを超えた絶唱、熱唱というものを求めてしまうので、他2作に比べるとどうしても、キーラの小綺麗にまとめてきた感を拭えなかった。

やはりシング・ストリートが音楽も映画的な観点からも1つの彼の完成系なのだと実感した。
今作が良作なのは間違いないが。

ジョン・カーニー監督が次にどんな作品を届けてくれるのか期待が膨らむ確信の1作