はじまりのうたの作品情報・感想・評価

はじまりのうた2013年製作の映画)

Begin Again

上映日:2015年02月07日

製作国:

上映時間:104分

ジャンル:

4.0

「はじまりのうた」に投稿された感想・評価

anemone

anemoneの感想・評価

3.9
音楽に魅せらる。
心が弾むような映画だった。
凄く好き。
一度の過ちは 全てを捨てることになることもある ほんとに愛してたあのときは
きっとあのときよりも前に進めてるのかなって 作品がそれでいいのよって言ってくれた気がした。
キーラナイトレイの佇まいやひとつの表情 最後の笑顔 魅力的。
Sweetie

Sweetieの感想・評価

3.4
なんか見覚えのあるなぁって思ってたら、ジェームズ・コーデンやMaroon5だったんだね!
Zn

Znの感想・評価

-
MAROON5の映画だった
俺もLost Star聞くと泣きそうになる
映画だったの?
本当はないの?
サントラ欲しくなった。
グレダ好き
はじまりのうた、観た。
ニューヨーク行く前に見れば良かった。街の感じとか屋上とかそこで生きる人の感じとか。ロケーション、美術、特にキーラナイトレイの衣装のセンス好き。皆で一緒に録音してる所とか、スプリッターで音楽共有する所とか楽しくてワクってなる。好きな映画。ジョン・カーニー監督
Ruri

Ruriの感想・評価

4.0
絶望の淵に追い込まれていた日、ダンが初めてグレダの歌を聴いたシーンがたまらなくすき…。

そのきらきらした表情と目が、子どもみたいにひたむきな一方で、哀愁を経験した上での喜びみたいなのを湛えていて、
音楽への才能と愛情と、“魔法の瞬間”によって心救われたことが全部同時に伝わってくる。

マーク・ラファロのあの表情を見るために何度も観ちゃう。ファンになりそう…。

サントラのリピートがとまらん〜〜〜〜。
にゃみ

にゃみの感想・評価

4.5
人の救われる様というのは偶然だけど強烈だな、と思った。

おっさん/中年のお仕事ムービーではあるものの、NYの街中での撮影やキャラの良さ、家族ものとしても見られる(想像の余地のある)脚本などなどかなり好きな映画だった。

我々はうっかりすると持てる能力をすっかり忘れ、なんなら自らを軽蔑もし、腐りがちではあるけど、きっかけを手に出来ると途端に人生が良くなっていくのかもしれない。

これはグレーテストショーマンでもあったけど、(たしか「(世間から蔑まれ、居場所がなかったけど貴方が)家族をくれた。一瞬だとしても得難いものだった。」というようなセリフ)過去は救われきれないとは言えどもその1発で人生がすっかりサイコーになってしまうのだろうなと思わせられる作品。

エンドロールで流れるアルバムのやりとり含めてかなり良いものなので最後まで見きって欲しい。
em

emの感想・評価

4.3
最後アダムレヴィーンがLost starsを歌っているシーンが本当に素敵だった。街の良さも、人の良さもすごく詰まった映画だった。
>|