NAOYA

ザ・レイド GOKUDOのNAOYAのレビュー・感想・評価

ザ・レイド GOKUDO(2013年製作の映画)
4.3
マフィアへの潜入捜査を命じられた新人警官のラマ。彼は偽名で刑務所に入り、ボスの息子ウチョの信頼を得て組織の一員になる。やがて父への反抗心から新興勢力と手を組み、成り上がりを企てるウチョの陰謀に巻き込まれていく…


個人的には1作目の方が好きですが、今作も面白かったです。


前作でなんとか生き残った主人公のラマは今作では潜入捜査をすることに。なかなか過酷な人生で可哀想になる…。
今作の坊主姿も似合います。
刑務所での連続高速壁打ちパンチのシーン凄すぎです!
この人普段は優しそうな顔してますが、アクションシーンになると顔が変わりますね。

敵の殺し屋のキャラが強烈でした!
バットとボールを使うベースボール・バットマン。
二刀流の金槌使いのハンマー・ガール。
1番強くナイフ使いのキラーマスター。
特にベースボール・バットマンは設定がとんでもないですよね。ボールで狙い打ちするのは流石に、えっ⁉となってしまった(笑)

そして、ヤクザ役として遠藤憲一、松田龍平、北村一輝の3人の日本人も出てきます。遠藤憲一の怒鳴り声は流石の迫力がありました。
しかし、ヤクザ組は対して出番が無かったのは残念。

前作で強敵を演じたヤヤン・ルヒアンも違う殺し屋役で出てきます。


前作の直後から話が始まります。
冒頭のシーンは前作を観ている自分にとっては、なかなか衝撃的でした。

今回はストーリーを前作よりも重視してきましたね。まぁ前作がシンプル過ぎでしたがね(笑)
登場人物も多く、予算もアップしたのでしょう。
途中で飽きることは無かったですが、150分は長いかな〜。


今回もアクションシーンは凄まじいです!
さらに、前作よりもバイオレンス度が上がってます。出血量が凄い…

序盤の刑務所でのトイレでの1対多数の戦いや泥まみれの大乱闘からアクション全開でした。

カーアクションもなかなか良かった。
本当に予算アップしたんだろうな。

終盤、ラマが1人で敵アジトに突入する展開は熱すぎるし、前作のように凄まじいシラットのアクション連続!
そうそう、これが観たかったんです。

特にラマ対キラーマスターのラストバトルは凄く良かった!
前作のラストバトルは主人公よりも敵の強さの方が目立っていましたが、今作は主人公の強さがしっかり目立っていました。


ラストはまた続編ができそうな終わり方でした。
というか作ってくれますよね⁉︎
3作目も楽しみにしています。

(再レビュー。いいね、コメントしてくださってた方すみません)