MasaruOnuma

ザ・レイド GOKUDOのMasaruOnumaのレビュー・感想・評価

ザ・レイド GOKUDO(2013年製作の映画)
2.5
かなり完成度の高かった前作と比較すると、完全に失敗作になっていました。
上映時間がかなり長く、嫌な予感はしていましたが見事に的中しました。
ラストまでアクセル踏みっぱなしの前作に対して、今作は全くスピードが出ていない。緩急うまく使えているわけでもない。
ダラダラ話すシーンが多すぎるんですよね。
やはり予算があるから面白くなるわけではないんですね。少ない予算で出来た大傑作『ザ・レイド』はもう観れないのでしょうか、、、
あと邦題が史上最悪です。全く関係ありません。