チューリップ・フィーバー 肖像画に秘めた愛の作品情報・感想・評価

「チューリップ・フィーバー 肖像画に秘めた愛」に投稿された感想・評価

Zhivago

Zhivagoの感想・評価

4.5
いやいや面白かった。予想と違って。予告編もっと上手くできなかったのか。予告編で損をしている。案外骨太の部分もある「男目線の男の生き様系」映画。
【バブルとセックスの相性の良さ】
【上手くいった気になっている男への戒め】
【生殖行為たる男女の形】【愛に生きたりはしない女】
私は男なのであくまで男目線で観る。シアターには女性が多かったが、女の愛の物語とか男女メロドラマという風にはみれない。よくあるメロドラマに出てくる男たちは「なんだこいつ?」みたいな変な男が多いが、本作に出てくる男どもは普通の典型的な男ばかりだ。
出てくるどの男どもにも自分自身に心当たりがあり、どの男にも感情移入してしまう。他人事ではないのだ。カネ・ビジネス・社会的地位・相場・女・セックス・ケンカ・結婚・子づくり・酒・借金・相続。。。
この作品は、男のサガを描いた物語である。主役は女性だが女性を描いているようにはみえない。男目線で男のライフスタイル(生き様)を描いた作品だ。

メロドラマ/愛のドラマにしては軽薄過ぎるんだろうと思うが、メロドラマが大の苦手な私にはむしろ好都合だった。

構成要素はてんこ盛りだが、これをチューリップバブルの生成と崩壊という相場の危うさを通奏低音に置きシンクロさせることで、男女や社会階層間の危うさを一層スリリングなものにした。上手いなあと思う。

バブル経済とセックスの相乗効果。男女の「営み」が重要な要素を担う構成だけど、背後にバブル経済があるので野心、落ち着きの無さ、慌ただしさ、虚無等が彼らの営みを通じてソワソワと伝わってくる。セックスとバブル相場は相性がいいのであろう。相場での金儲けとは興奮を伴う欲求なのであろう。

あるいはまた、女性と金に不自由しない金持ちが幸せに人生を終えられるわけでもない。クリストフ・ヴァルツ演じるビジネス成功者。今風に言えば「公開ベンチャー企業の創業社長」という感じであろう、その彼がインドで求め続ける成功もまた中毒性ある商売という欲望の発露であって、しかし彼はその業から逃れることはできない。仮に彼に跡継ぎができたとしても彼が本当に変われたかどうかは分からない。

描かれる愛も即物的だ。シンプルだ。
でも人間なんてそんなもんだ。あるいは男なんてそんなもんだろう。

ポストバブルの時代も終わりきっと新しい時代に入ったであろう今の日本でこの作品を観るとき、自分自身の社会的地位やビジネスでの一定の成功という側面が映す影を見つめながら、改めて過去の失敗を振り返り今後の戒めになり得る。

愛に生きる・愛に身をやつす悲劇の女性に共感したければ、この作品は応えてくれないだろう。

この作品、もっと上映館多くてもよいのではないか。池袋渋谷はなく新宿は一館のみ。うーん、もったいない。
今年の最も「印象的」な作品の一つに加えたい作品。
津ん

津んの感想・評価

2.5
ヴァルツ枠
チューリップ・バブルに沸き立つ17世紀オランダの豪商が娶った若く美しい妻と、夫婦の肖像画を任された若き画家の、燃え上がる愛の行方を描いた恋愛ドラマ。一連托生。自業自得。損して得とる漁夫ならぬ魚屋の利など、いろんな人生絡み合うサスペンスフルな展開が好き。馬鹿なことする奴らばっかで呆れながらハラハラ。私の心が何度も「やめとけって!」叫んでた。秘密が呆気なくバレてどうなることかと思ったらそんな上手い話のハッピーエンド。「欲」という熱が冷めても残るものが「愛」なんですかね。花が枯れても残る球根は「愛」のメタファーかも。主人公のアリシア・ヴィキャンデルの美しさに磨きがかかって青いドレスがめちゃくちゃ似合う。窓際に立ってカメラ目線になるとフェルメールの絵画のよう。可憐だ。大人になったデイン・デハーン、カッコいいな。惚れる。画家役にハマってた。良い人役のクリストフ・ヴァルツ大好き。歳は取ってても理解ある陽気で優しい旦那じゃないの、勿体ない。その他キャストが隅々まで良い。ジャック・オコンネル、トム・ホランダーと好きなイギリス人俳優が勢ぞろいで幸せ。特に好きでもないジュディ・デンチも今までで観た中で一番良かった。美術、衣装手抜きなく、人で賑わう小汚い街の様子がリアリティあって素晴らしい。オランダ人しか巻いてるのを見ないあのバカみたいなクビ周りのアレはなんというものなのか、未だに目的が分からん。威嚇?
男女共に大好きな人に尽くそうとする。女性が犠牲になる時代なのか、コルネリスも犠牲になったような気持ちで複雑。
ひでG

ひでGの感想・評価

3.6
伝えたいことがここに詰まっている!見事なタイトル!


まさに「フィバー」→「熱狂・興奮」
その始まりには心が踊り、その渦中では酔いしれ、全てを失ってもよいと我を忘れる。

しかし、フィバーには終わりがある。
儚く、無残な、何も残らない終わり方。

17世紀のオランダ。当時人々はあるものはの投資に熱狂していた。

一つはチューリップ🌷
今考えると、ホームセンターの特化コーナーに雑然と置いてあるあの花の球根に、大金が動くとは?

あんなに儚く、すぐ散ってしまう花に狂気する人々。

真面目だった魚の行商のあんちゃんもそれに夢中になり、有金を無くしてしまう。

そして、もう一つは、絵画。
今、私は地位も金もあります!
それを後世に残すために、肖像画を絵画師に描かせる。

そこで運命的な出会いをする富豪の奥さんソフィアと無名の画家ヤン。

ここからは定番、不倫ものになっていく。
ありえないような「一石三鳥?」見たいなら計画を企てる。

だが、あくまでテーマは「フィバー」

熱波が去った後、人々はどうな運命をたどるのか、

この映画が好きでない人たち、不快に思う人たちもいるだろう。

ソフィアの選択?はあまりにも酷いと思うだろう。

こーゆー富豪の奥さん不倫もののお約束みちいな設定が今回ないから。

つまり、ある人物があまりにも良い人だから、ソフィアに共感できないんだろう。


それも分かるが、僕はあくまで淡々と?というか、「フィバー後」を楽しみに観ていた。

ちょっと、まとめ過ぎの感もあるので、そこに今後の生きる人々への共感や人生の奥深さまでは至らなかったけど、まあ、まあ
よい方向で閉めたんじゃないかな。

ドロドロ的な作品だけど、主演のアリシア・ヴィキャンデルの清楚感がそれを薄めてくれていた。
ソニー

ソニーの感想・評価

3.0
一番の被害者は、コルネリスさんなのか、、、?
結果、そうでもない。
2019118
Komomo

Komomoの感想・評価

4.5
キルユアダーリンからのデイン経由
アリシアが美しかった。無駄な脂肪が無い
きもち

きもちの感想・評価

3.6
意外なところでハッピーエンド
rena

renaの感想・評価

2.6
デインデハーンがセクシー
ichita

ichitaの感想・評価

3.3
衣装と雰囲気は好きなんだけど、ストーリー展開が突然過ぎだし、強引かなぁと。あとセリフが、ちょっと気持ち悪い。笑。
衣装ばっかり観てました。付け襟、あれどうなってんの?
>|