Ryoko

チング 永遠の絆のRyokoのレビュー・感想・評価

チング 永遠の絆(2013年製作の映画)
3.8
「友へ チング」の続編。 前作の結末からストーリーが繋がっているので、内容の多くは語れません。前作を見ていない方は、予告編も見ない方がいいと思います。
前作から長い時を経て制作された続編のようですが、まあまあ良かったかなという印象です。
権力争い、報復に次ぐ報復、警察との癒着、韓国マフィア映画としても楽しめると思います。そして箸での目潰し、おでんスープに顔をつける、チェンソーなどなかなかショッキングなバイオレンス描写もあります。
マイナス点を挙げると、まず旧友たちが出てこなかった点。過去の事件と今回の事件はしっかり繋がってはいるけれど、せっかくタイトルが「チング」なのだから、もう少し友情を描いてほしかった。それと、主人公の父親の若い頃のシーンは今さら描く必要もない気もしました。そしてそして、申し訳ないけれど、主人公が自分と重ね合わせ弟分にするチンピラ・ソンフンがもうちょっとイケメンだったらもっと感情移入できた。ゴメンナサイ。。でも演技は良かった!
主人公ジュンソクは、苦労を重ね存在感も凄みも増してて前作よりも自分は好きだった。ヤクザはヤクザとしてしか生きられない、一度言ったことは突き通すしかない。孤独な親分の切なさがジンジンと伝わってきた。