岸辺の旅の作品情報・感想・評価・動画配信

岸辺の旅2015年製作の映画)

上映日:2015年10月01日

製作国:

上映時間:128分

3.4

あらすじ

「岸辺の旅」に投稿された感想・評価

Tyga

Tygaの感想・評価

3.5
冒頭の不穏な感覚で惹きつけられた。
後は中盤の蒼井優と深津絵里のマッチアップ?が1番の見どころだったかもしれない。

消える「瞬間」を映さないことが誠実だなと思った。ゆっくり消えていかず、気づけばいなくなっている。

最初の島影さんの広告の花を切り抜いて作られた寝室の壁が一番示唆に富んでいるように感じた。
偽の花、輝いている時を切りとって保存したはずのものも、年月が経てば風化していく。
mzk

mzkの感想・評価

-
近年の黒沢清の作品は、夫が帰り、事件が起こる。『岸辺の旅』は、夫婦が彼岸を巡る旅だ。夫は幽霊とも言えず、実体もあり、妻以外とも会話ができる。生と死の境界線という意味では、意外にも『回路』と重なる作品にも思える。
奇妙な物語だが、浅野忠信と深津絵里の演技がリアリティを保つ。失った時間を取り戻す旅の過程はラブストーリーで、ところどころでホラー的な演出が入る。不穏の持続はさすがだ。
脇を固めるキャストも素晴らしいが、ワンシーンで掻っ攫う蒼井優の演技は脱帽。一番怖かった。
Taul

Taulの感想・評価

3.0
『岸辺の旅』鑑賞。夫婦彼岸旅。溝口のようだがやはり独特。戸惑いながらも徐々にこの夫婦の過去を想い、未来の幸せを願う。あるエピにはただ涙。ただ濃い表現や劇伴の強さでのれないとこも。黒沢清という監督はどこまでも情緒や心地良さより情念や不穏さが好きなのか。何ともいえない切なさと心のざわめきが残る。

2015年10月鑑賞
Sayoooo

Sayooooの感想・評価

-
ホラー苦手なので黒沢清作品ほとんど見てないけどこれはアマプラにもあったし見たかったので鑑賞。

不思議なストーリーだし、ぞわぞわするけど黒沢清という人は強く愛する人と、現実の中にある不安定や真実みたいなものをどう信じるかをえがきたいのかなと思った。

スパイの妻を観たあとなので、あのワンシーンで爪痕残す蒼井優がおそろしかった。
tych

tychの感想・評価

3.7
2015年 128分。湯本 香樹実原作。ピアノ教師をしている瑞希の前に、三年前に死んだ夫優介が現れる。そして、優介に誘われるままに旅に出る。優介が生前世話になった家族を訪ねるが、いずれの家にも姿だけこの世に留まる死者がいた。最後の農村では村人に「光や宇宙」の講義をする優介、体がだんだん動かなくなり、やがて消える。不思議な世界であるが、主演二人の力量故か普通の話のように見ていられた。
不思議で切ない。時々怖い。

優介(浅野さん)が深刻ではなくひょうひょうとしているのがいい。
みっちゃん(深津ちゃん)は白玉作りが似合うな…。深津さんは真っ直ぐに人を愛する役柄が本当に似合う。

そこで蒼井優ちゃんです。この役を蒼井優ちゃんにあてたのはすごい。短いシーンなのに。さすがだな、すごいな、やばいな、蒼井優(笑)と思った。

あの笑顔がもう「オイ!笑ってるよ!!オイッ!」と思わせてくれるさすが蒼井優ちゃん。

そして、奥貫薫さんがまたまたもう奥貫薫さん的香り満点でたまりません。
どこか不思議でどこかほの暗さもあってそして透明感があって。

切ない気持ちがエンディングの音楽の優しさに救われる。
もっかいちゃんとみます
Seba

Sebaの感想・評価

-
ここぞとばかりに蒼井優との正対カットバックに入るタイミングとそこまでのテンポの作り方よ、うますぎてホラー

この色彩好きじゃない
oVERSON

oVERSONの感想・評価

4.8
黒沢清作品の裏面みたいな感じ。コミュニケーションの成立。
2020-491
>|