おーもり

バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)のおーもりのレビュー・感想・評価

4.0
全編ワンカットで、話のあらすじは知ってる状態でみたけど、何にも前知識無しで劇場でふらっと観にいってたらもっと評価高くなったかも

この映画の中で、主人公の「超能力ある(と、思ってる?)設定」の役割はなんだったんだろう。
見終わったらこの設定は必要だなって思うような、無くても破綻はしないような、、
ラストシーンも含めて、色々気になる事あるし 考察サイト巡りが始まってしまうw

あとカットの長いシーンとかPOVをずーっと見てると、逆にこの密着カメラマンの存在が気になって違和感になってしまう。
でも今作は鏡の正面で話す場面で、映り込むはずのアングルから撮ってるのに、勿論役者だけしか映ってないことでカメラマンなんて居ないって事をアピールして、この違和感を無くせてたと思った。


にしても、エマストーンかわえぇなぁ。ドラッグで不健康そうな役作りも演技も、ふてぶてしさも素晴らしい。
はあぁぁエマストーンとTruth or Dareゲームやりたいよおぉ