バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)の作品情報・感想・評価

バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)2014年製作の映画)

Birdman or (The Unexpected Virtue of Ignorance)

上映日:2015年04月10日

製作国:

上映時間:119分

3.6

あらすじ

かつてスーパーヒーロー映画『バードマン』で世界的な人気を博しながらも、現在は失意の日々を送る俳優リーガン・トムソン(マイケル・キートン)は、復活をかけてブロードウェイの舞台に立とうとしていた。レイモンド・カーヴァーの「愛について語るときに我々の語ること」を自ら脚色し、演出と主演を務める舞台には、彼のすべてが注ぎ込まれている。しかし、プレビューを前に出演俳優が大怪我を負い、降板してしまう。共演者の…

かつてスーパーヒーロー映画『バードマン』で世界的な人気を博しながらも、現在は失意の日々を送る俳優リーガン・トムソン(マイケル・キートン)は、復活をかけてブロードウェイの舞台に立とうとしていた。レイモンド・カーヴァーの「愛について語るときに我々の語ること」を自ら脚色し、演出と主演を務める舞台には、彼のすべてが注ぎ込まれている。しかし、プレビューを前に出演俳優が大怪我を負い、降板してしまう。共演者のレズリー(ナオミ・ワッツ)の紹介で、ブロードウェイの実力派俳優マイク・シャイナー(エドワード・ノートン)を迎えたリーガンだったが、その才能はしだいに彼の脅威となっていく。疎遠だった娘サム(エマ・ストーン)には、リーガンの愛情は伝わらず、彼は気づかないうちに舞台の役柄に自分自身を重ねていくのだった。さらに、公私にわたり精神的に追い込まれるリーガンを、“バードマン”までが扇情し・・・彼は人気俳優だったエゴと闘い、舞台の成功と、壊れた娘との絆を取り戻せるのか?

「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」に投稿された感想・評価

踊る猫

踊る猫の感想・評価

4.3
何故(あたかも)ワンカットで撮ったかのような手法を使ったのだろう。アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥという監督なりの意図がそこに込められていることは間違いない。『アモーレス・ペロス』以降『BABEL』に至るまでの作品は群像劇でありだからこそひとりひとりのを浮き立たせる多彩な視点を必要とした。『BIUTIFUL』ではそうした語り口を捨て社会派としてのベタなアプローチを行った。この映画では虚実、つまり本物か偽物かの相違が問われる。舞台や映画において何処まで「嘘」や「演技」や有効か。他の登場人物のために行われる「嘘」や「演技」は救いとなるのか。自分自身を「嘘」や「演技」で偽ることが出来るのか……その難題に取り組むべく、イニャリトゥ監督は撮影自体をもリアリティをより伴った作風に挑んだのではないか。その手法を、果たして「成功している」と受け取るか「淫している」と受け取るかは賛否が割れるだろう。
cocacota

cocacotaの感想・評価

3.9
この映画がほぼワンカットで撮影されたと聞いて正直驚愕しました。

俳優と一緒にカメラが付いて行って、完璧なタイミングで会話してる人達に混ざり、また別の俳優に付いて行き…

どれだけ大変だったんだろ…
虹鱒

虹鱒の感想・評価

3.6
エマ・ストーンさんもだけど本当に狙いに狙った配役。バットマンからバードマン。しかもその二年後にスパイダーマンホームカミングでバルチャーを演じて、、、なんだかマイケル・キートン、愛されてるな、、、。
最初の代役探しからヒーロー映画に対する皮肉たっぷりで面白い。
バードマンは単なる過去の亡霊で、本当にそれから自由になった男の話
shon

shonの感想・評価

-
おっさんがんばれ

このレビューはネタバレを含みます

エゴがテーマってことだったけど自分が受けた印象は、小さい頃に持っている主人公性を年取っても失わなかった男(イカレテル)を通して、人間誰しもが持ってる悩みを再確認するってことだったと思う。
あと、本当にしんどいとこは逆の表現にしていると感じた。空飛ぶシーンは極端な現実逃避(タクシーに本当は乗ってるだけ)だし、最後のシーンで娘が笑ってるのは自殺した主人公に泣いてるシーンだと感じた。
いずれにしてもそういった複雑な感情をキャラクターをアップにした長回しで違和感なく視聴者に見せていると思った。
正直エンターテイメント性は低いが良くできていると思った
まい

まいの感想・評価

3.5
めちゃくちゃかっこいい!!カメラワーク、BGMのジャズが痺れる!!映画なのに舞台をみているような新しい感覚。

この作品で一番話題になっているのが、長回しの撮影方法だと思う。長回しを繋いで繋いで、その繋ぎ目もまったく気付かないような編集で、まるで映画の出だしからクライマックスまでワンカットような一本撮り風になっている。カメラは俳優と一緒に移動し、また別の俳優を追って建物の中や外へとぐるぐる移動しながら話が進む。俳優は決められたタイミングで行動し長いやりとりを必要とされ、それだけでもどれだけ大変かが伝わってくる。この素晴らしい長回しの撮影方法により、本当に舞台を見ているかのようだった。

「みんなが大好きなのは血とアクション。舞台じゃない」と皮肉たっぷりの感じもなかなか。内容が面白い作品かと問われると、面白くはないかなという印象。でも芸術作品みたいで、映画好きにはたまらない作品だと思う。
役者の演技は良かったですが面白くはなかったです。ブラックスワンに少し似てたような気がします。
yup

yupの感想・評価

2.0
マイケル・キートン歳とったなー
>|