• Filmarksトップ
  • バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)の感想・評価

バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)(2014年製作の映画)

Birdman or (The Unexpected Virtue of Ignorance)

上映日:2015年04月10日

製作国:
  • アメリカ
  • / 上映時間:119分
    監督
    アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ
    脚本
    アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ
    ニコラス・ジャコボーン
    アルマンド・ボー
    キャスト
    マイケル・キートン
    エマ・ストーン
    エドワード・ノートン
    ナオミ・ワッツ
    アンドレア・ライズボロー
    ザック・ガリフィアナキス
    エイミー・ライアン
    ジョエル・ガーランド
    メリット・ウェヴァー
    ナタリー・ゴールド
    リンゼイ・ダンカン
    クラーク・ミドルトン
    ダミアン・ヤング
    あらすじ
    かつてスーパーヒーロー映画『バードマン』で世界的な人気を博しながらも、現在は失意の日々を送る俳優リーガン・トムソン(マイケル・キートン)は、復活をかけてブロードウェイの舞台に立とうとしていた。レイモンド・カーヴァーの「愛について語るときに我々の語ること」を自ら脚色し、演出と主演を務める舞台には、彼のすべてが注ぎ込まれている。しかし、プレビューを前に出演俳優が大怪我を負い、降板してしまう。共演者のレズリー(ナオミ・ワッツ)の紹介で、ブロードウェイの実力派俳優マイク・シャイナー(エドワード・ノートン)を迎えたリーガンだったが、その才能はしだいに彼の脅威となっていく。疎遠だった娘サム(エマ・ストーン)には、リーガンの愛情は伝わらず、彼は気づかないうちに舞台の役柄に自分自身を重ねていくのだった。さらに、公私にわたり精神的に追い込まれるリーガンを、“バードマン”までが扇情し・・・彼は人気俳優だったエゴと闘い、舞台の成功と、壊れた娘との絆を取り戻せるのか?

    「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」に投稿された感想・評価

    何故(あたかも)ワンカットで撮ったかのような手法を使ったのだろう。アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥという監督なりの意図がそこに込められていることは間違いない。『アモーレス・ペロス』以降『BABEL』に至るまでの作品は群像劇でありだからこそひとりひとりのを浮き立たせる多彩な視点を必要とした。『BIUTIFUL』ではそうした語り口を捨て社会派としてのベタなアプローチを行った。この映画では虚実、つまり本物か偽物かの相違が問われる。舞台や映画において何処まで「嘘」や「演技」や有効か。他の登場人物のために行われる「嘘」や「演技」は救いとなるのか。自分自身を「嘘」や「演技」で偽ることが出来るのか……その難題に取り組むべく、イニャリトゥ監督は撮影自体をもリアリティをより伴った作風に挑んだのではないか。その手法を、果たして「成功している」と受け取るか「淫している」と受け取るかは賛否が割れるだろう。

    このレビューはネタバレを含みます

    もう一度輝くために
    もう一度愛されるために全てを捨てて
    羽ばたこう
    羽ばたくってそういう意味⁉︎銃で撃った後の鼻がバードマンと似ていたのはかつての栄光を取り戻したことなのかな?

    ほぼノーカットという情報は鑑賞後に知り確かにそうだったと脱帽。
    まさに「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」だったよ。
    これ以上説明はいらない。

    過去の栄冠にいつまでもすがり、高いプライドが邪魔し、娘とも、舞台上でも、何もかもうまくいかない。
    才能、ほんとにあるだろうか…?
    なんて思ってて、そんなこんなで予想外だったあんなこんな。
    面白いねぇ〜。

    箱の中に箱があって、またその中にも箱があるように、この世界に舞台があって、それを映画にして、茶の間で観てる。
    またそれを観る私たちも人生という舞台で生きてて…
    誰に演じてるか演出してるかも分からないけど、この舞台のようなスーパーリアリズム(あるいはリアルだけど私たちって地球外の誰かにとって舞台の中の駒のよう)な世界が面白い。

    p.s.イニャリトゥ映画。みんなの評価が低めなバブルにはまったのに、みんながハマってるこっちに納得しきらなかったから悶々…
    ブラックユーモアがかなり最初から最後まで痛々しい
    ワンカット長回し風と不思議なカメラワークがそこにいる様なリアル感、なのにリーガンの幻覚っぽいのが当たり前に入り混じってて違和感が面白い。なんか気持ちいい。
    音楽がドラムだけ(だったと思う)でいろんな役割を果たしててかっこよ過ぎ。
    マイケルキートン誰だっけなぁと思って見終わったあと調べたら、あぁ子供の頃めっちゃ見てたあの!
    マイケルキートンがリーガンにリーガンが舞台の主人公に重なっていく。
    予告でよく見てたエマストーンの見上げる激可愛い笑顔はそういう事だったのか
    人が抱える不安って、みんな一緒か。

    あと長回しの編集もそうだけど、カメラワークが本当にきれい。

    ハングオーバー感を感じさせないザックもよかった。けど、ハングオーバー見たい。

    このレビューはネタバレを含みます

    昔は有名なハリウッドスターだったトムソンは今は落ちぶれていた、再起をはかり舞台に賭けていたが、そこでは離婚した娘と上手くいっていなかったり、俳優の演技が下手でキャストを変えるが自由奔放だったり、上手くいかない事ばかりだった、いつしかかつてのバードマンの自分の声が聞こえるトムソンはどんどん追い込まれていくが、トムソンは演技に賭けた舞台は成功した

    なぜかトムソンが超能力が使える設定がシリアスな部分と笑いを誘ってくれた、かつての栄光から追い込まれていく老人の姿、全てさらけ出して一皮剥けたトムソンはかっこよかったし、かわいくも見えた
    >|