バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)の作品情報・感想・評価

バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)2014年製作の映画)

Birdman or (The Unexpected Virtue of Ignorance)

上映日:2015年04月10日

製作国:

上映時間:119分

3.6

あらすじ

かつてスーパーヒーロー映画『バードマン』で世界的な人気を博しながらも、現在は失意の日々を送る俳優リーガン・トムソン(マイケル・キートン)は、復活をかけてブロードウェイの舞台に立とうとしていた。レイモンド・カーヴァーの「愛について語るときに我々の語ること」を自ら脚色し、演出と主演を務める舞台には、彼のすべてが注ぎ込まれている。しかし、プレビューを前に出演俳優が大怪我を負い、降板してしまう。共演者の…

かつてスーパーヒーロー映画『バードマン』で世界的な人気を博しながらも、現在は失意の日々を送る俳優リーガン・トムソン(マイケル・キートン)は、復活をかけてブロードウェイの舞台に立とうとしていた。レイモンド・カーヴァーの「愛について語るときに我々の語ること」を自ら脚色し、演出と主演を務める舞台には、彼のすべてが注ぎ込まれている。しかし、プレビューを前に出演俳優が大怪我を負い、降板してしまう。共演者のレズリー(ナオミ・ワッツ)の紹介で、ブロードウェイの実力派俳優マイク・シャイナー(エドワード・ノートン)を迎えたリーガンだったが、その才能はしだいに彼の脅威となっていく。疎遠だった娘サム(エマ・ストーン)には、リーガンの愛情は伝わらず、彼は気づかないうちに舞台の役柄に自分自身を重ねていくのだった。さらに、公私にわたり精神的に追い込まれるリーガンを、“バードマン”までが扇情し・・・彼は人気俳優だったエゴと闘い、舞台の成功と、壊れた娘との絆を取り戻せるのか?

「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」に投稿された感想・評価

踊る猫

踊る猫の感想・評価

4.3
何故(あたかも)ワンカットで撮ったかのような手法を使ったのだろう。アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥという監督なりの意図がそこに込められていることは間違いない。『アモーレス・ペロス』以降『BABEL』に至るまでの作品は群像劇でありだからこそひとりひとりのを浮き立たせる多彩な視点を必要とした。『BIUTIFUL』ではそうした語り口を捨て社会派としてのベタなアプローチを行った。この映画では虚実、つまり本物か偽物かの相違が問われる。舞台や映画において何処まで「嘘」や「演技」や有効か。他の登場人物のために行われる「嘘」や「演技」は救いとなるのか。自分自身を「嘘」や「演技」で偽ることが出来るのか……その難題に取り組むべく、イニャリトゥ監督は撮影自体をもリアリティをより伴った作風に挑んだのではないか。その手法を、果たして「成功している」と受け取るか「淫している」と受け取るかは賛否が割れるだろう。
代表作とは別ルートで頂点を目指す葛藤。

ワンカットが長すぎる。すごい。
めーぢ

めーぢの感想・評価

3.0
撮影方法も音楽も好みではないが、構成は深く練られている。
飛ぶってなんだろう
イかれた映画(褒め言葉)
Susie

Susieの感想・評価

2.9
一回挫折してもっかいチャレンジ
今度は最後まで観られた!
けど、よくわからなんだ笑

いろいろぶっ飛んでて不安定
パンイチの競歩姿あっても演技する姿にプロ根性感じた

やっと副題の意味を理解できた

DVD night with friends :)
体感時間が長かった。
多分カメラワークが独特なのと、台詞がすごい多いから。
もう一回最初からみないと、色々噛み砕けないなぁって感じ。

ドラムとか、音楽がすごい個人的に好きだった。あとは、自分が舞台やってたから葛藤とかが解釈しやすかった。

ラストシーン…うおぉってなったよね。
なんか言いにくいけどすごい映画だった
「君は何を望んだのか?」「愛される者と呼ばれ、愛されてると感じること(レイモンドカヴァー)」

数回観てるけどそのたび思う。最高だ!この作品と。メタ批評的な作品として捉えることも出来ると思うけどリーガンのエゴとの葛藤と捉えたら本筋が鮮明に浮かびあってくる。冒頭のエピグラフは果たして達成されるのか。

「偉大な役者よりお前はもっとスゴい」

落ち目の映画スターである主人公リーガン。芸術家として再起一点を図るため演劇界へ殴り込みへ。
そんな彼の自己顕示欲、特権意識、ナルシズム、プライド、凡ゆるエゴを投影したかっての栄光にして自己愛の権現、思考のメタファー〝バードマン〟である。

「足を引っ張るな」

ヤク物治療中である娘サム(エマ・ストーン)のマリファナを見付けた際に発したセリフが彼を指し示す象徴的な一コマ。父親を欲していた娘の傷にも気付かずこのダメっぷりである。止まらないワンカットのように自己愛を猛発進させるリーガンの踠きっぷりが痛い痛しく切迫感がありながらも単調で簡単に挫けない不死鳥のようなしぶとさ。これこそ美しく壊れ易い青年主人公でなく中年クソじじいが主人公の妙ってとこ。
ノートン扮する魅力的なキャラクターマイクの登場、舞台の成功を左右する批評家と障害物全てがバードマンに近づいていく伏線になってる。

「お別れだ。クソ野郎」

自己愛が頂点に達し望み通りにいかないならと死を選び劇中にて自殺を図るリーガン。病院で目覚めた彼は全ての人達を見下ろす元祖スーパーヒーローバードマンではなく、心地良く気ままに青空を翔る鳥であった。(バードマンを銃殺した?)たぶんカヴァーの小説のように真の愛に気付いたんだろうけどちょっとしたジョークかなとも思うこの頃

独自の長回しに緊張感あるドラミングと引き締めながらも、肩を抜けさせるような毒味を含んだジョークの切り返しが最高でそれ見たさが結局一番なんだけどね。
やたら体感時間が長かった印象。でも、珍しい表現が織り交ぜられていて、見ていて飽きない。結局の言いたかったことは、分かるような分からないような、色んな見方が出来るだろうな〜って作品。
>|