バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)の作品情報・感想・評価

バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)2014年製作の映画)

Birdman or (The Unexpected Virtue of Ignorance)

上映日:2015年04月10日

製作国:

上映時間:119分

3.6

あらすじ

かつてスーパーヒーロー映画『バードマン』で世界的な人気を博しながらも、現在は失意の日々を送る俳優リーガン・トムソン(マイケル・キートン)は、復活をかけてブロードウェイの舞台に立とうとしていた。レイモンド・カーヴァーの「愛について語るときに我々の語ること」を自ら脚色し、演出と主演を務める舞台には、彼のすべてが注ぎ込まれている。しかし、プレビューを前に出演俳優が大怪我を負い、降板してしまう。共演者の…

かつてスーパーヒーロー映画『バードマン』で世界的な人気を博しながらも、現在は失意の日々を送る俳優リーガン・トムソン(マイケル・キートン)は、復活をかけてブロードウェイの舞台に立とうとしていた。レイモンド・カーヴァーの「愛について語るときに我々の語ること」を自ら脚色し、演出と主演を務める舞台には、彼のすべてが注ぎ込まれている。しかし、プレビューを前に出演俳優が大怪我を負い、降板してしまう。共演者のレズリー(ナオミ・ワッツ)の紹介で、ブロードウェイの実力派俳優マイク・シャイナー(エドワード・ノートン)を迎えたリーガンだったが、その才能はしだいに彼の脅威となっていく。疎遠だった娘サム(エマ・ストーン)には、リーガンの愛情は伝わらず、彼は気づかないうちに舞台の役柄に自分自身を重ねていくのだった。さらに、公私にわたり精神的に追い込まれるリーガンを、“バードマン”までが扇情し・・・彼は人気俳優だったエゴと闘い、舞台の成功と、壊れた娘との絆を取り戻せるのか?

「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」に投稿された感想・評価

踊る猫

踊る猫の感想・評価

4.3
何故(あたかも)ワンカットで撮ったかのような手法を使ったのだろう。アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥという監督なりの意図がそこに込められていることは間違いない。『アモーレス・ペロス』以降『BABEL』に至るまでの作品は群像劇でありだからこそひとりひとりのを浮き立たせる多彩な視点を必要とした。『BIUTIFUL』ではそうした語り口を捨て社会派としてのベタなアプローチを行った。この映画では虚実、つまり本物か偽物かの相違が問われる。舞台や映画において何処まで「嘘」や「演技」や有効か。他の登場人物のために行われる「嘘」や「演技」は救いとなるのか。自分自身を「嘘」や「演技」で偽ることが出来るのか……その難題に取り組むべく、イニャリトゥ監督は撮影自体をもリアリティをより伴った作風に挑んだのではないか。その手法を、果たして「成功している」と受け取るか「淫している」と受け取るかは賛否が割れるだろう。
最後まで見れたから面白かったんだろうけど難しすぎて好きになれない
たつ

たつの感想・評価

3.0
「おもしろい」よりも「すこい」映画だった
pappo

pappoの感想・評価

1.7

このレビューはネタバレを含みます

ラストシーンは意見の別れるところだろうが、そこは監督もそうなるように計算している。
つまり飛んだのか、死んだのか。
私は死んだと思う。
宙に浮くのも、物に触れずに自由自在に操れることも、幻覚だと作品の中で示している。
ご丁寧に空を飛び回り劇場へ行ったのも実はタクシーで移動しただけと明かされている。
それでラストシーンで窓から飛び出したら、今度だけは空を飛んだのか?
苦しんだ末、ついに奇跡が起きたのか? タイトルはその奇跡を意味しているのか?
奇跡とは、主人公がもがき苦しみ、ついに批評家の期待以上の演技を見せたこと、とも取れる。
役者としてのある境地に達したともとれる。
でもそんなの奇跡でもなんでもないし、そんなハッピーエンドは、ストーリーの大きなテーマから外れてしまう。

私は、主人公は死んだと思う。
では娘のあの空を追う視線はなんなのか?
それは娘も幻覚を見ているのだ。辛い現実から目を背けて、見たい現実だけを見る。
娘はヤク中でリバビリを受けている。
レイモンドカーヴァーはアル中でリバビリを受けていたが、主人公の娘はヤクの後遺症で幻覚を見たということで説明がつく。
この作品のミソは正にここにあって、主人公は苦悩から立ち上がり成功をつかんだというサクセスストーリーではないのだ。(と受け取った)
人は見たいものしか見ない。役者は見せたいものを見せようとする。だから役者は観客の見たいものと、自分が見せたいものの間で苦悶する。
こう書いてしまうと身も蓋もないが、『(役者)バカは死ななきゃ治らない!!!』(これ誉め言葉)ということか、、、
無知が起こす奇跡とは、批評家が主役に贈った言葉として描かれているが、実は隠れテーマとして、物語の流れからあっさりと主人公が空を飛んだと感じるであろう我々観客に向けられた言葉である。
無知だから奇跡が起きたと感じたのであり、よくよく考えればそれはあり得ないのだから奇跡は起きていないのだ。
観客を分け隔てる、なんともいやらしいタイトルだと思う。
観客をバカにしてる一方で、偉い監督や注目株の俳優にはセリフやストーリー展開で忖度していて、批評家を思い切り批判しているような体で、実は批評家達のプライドをくすぐり、見ていて良い気分ではなかった。
その観客のお陰でおまんま喰えてるんじゃねーの? と思う。
しか

しかの感想・評価

-
究極のメソッド演技やっちゃったらそりゃあ後はもう鳥になるしかないよね。あれ以上はないんだもん。
M

Mの感想・評価

5.0

このレビューはネタバレを含みます

(よくわからなかったらどうしようとドキドキしつつ観たけど)個人的には、最近の憂鬱な気分にスッとフィットして引き込まれた。嘘つきばかりでなにが大切な情報かわからないけど、情報を得ないのはもっと不安だ。周りがぜんぶ愚かにみえることもあるし、自分が世界で一番恥ずかしい人間に思えることもある。愛しているのに傷つけてしまうこともあるし、思わぬ形で気持ちが裏切られることもある。現代のソーシャルネットワークは常に消費の対象に飢えている。恐ろしい。誰も悪人になどなりたくないのだ。時代を象徴する、ある特定の恐怖が可視化されたような印象をもった。
fujiK

fujiKの感想・評価

-
📀✒️📑
ハリー

ハリーの感想・評価

4.0
再鑑賞。
初めて観たときよりもかなり世界観を堪能出来た感じがする。

イニャリトゥ監督の手腕。全編1カットかと見紛うが如くの超長回し。カメラワーク1つ取っても斬新。

芸達者な面々が揃っていてどの人物もそれぞれ光っている。
特に主演のマイケル・キートン、エドワード・ノートン、エマ・ストーンはかつてはアメコミ映画に出ていて今となってはお払い箱という共通点。マイケル・キートンの役なんかもろリアルマイケル・キートンだし。エドワード・ノートンはMCUのハルクをやったのに大作路線から外れちゃったし。エマ・ストーンもアメスパ途中で終わっちゃったし。グウェン最高だったのにな〜。
そんな彼らだからこそ本作では復活を期すような役どころで、観ているこちら側からすれば感情移入出来る部分が多かった印象。

ドラムの軽快な音楽もかなりいいアクセントになってる。

ラストもいい終わり方。エマ・ストーンの瞳綺麗。

ホムカミでアメコミ復帰を果たしたマイケル・キートンの凄みを観るとやっぱりいい俳優さんだなあと改めて感じる。
>|