バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)の作品情報・感想・評価

バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)2014年製作の映画)

Birdman or (The Unexpected Virtue of Ignorance)

上映日:2015年04月10日

製作国:

上映時間:119分

3.6

あらすじ

かつてスーパーヒーロー映画『バードマン』で世界的な人気を博しながらも、現在は失意の日々を送る俳優リーガン・トムソン(マイケル・キートン)は、復活をかけてブロードウェイの舞台に立とうとしていた。レイモンド・カーヴァーの「愛について語るときに我々の語ること」を自ら脚色し、演出と主演を務める舞台には、彼のすべてが注ぎ込まれている。しかし、プレビューを前に出演俳優が大怪我を負い、降板してしまう。共演者の…

かつてスーパーヒーロー映画『バードマン』で世界的な人気を博しながらも、現在は失意の日々を送る俳優リーガン・トムソン(マイケル・キートン)は、復活をかけてブロードウェイの舞台に立とうとしていた。レイモンド・カーヴァーの「愛について語るときに我々の語ること」を自ら脚色し、演出と主演を務める舞台には、彼のすべてが注ぎ込まれている。しかし、プレビューを前に出演俳優が大怪我を負い、降板してしまう。共演者のレズリー(ナオミ・ワッツ)の紹介で、ブロードウェイの実力派俳優マイク・シャイナー(エドワード・ノートン)を迎えたリーガンだったが、その才能はしだいに彼の脅威となっていく。疎遠だった娘サム(エマ・ストーン)には、リーガンの愛情は伝わらず、彼は気づかないうちに舞台の役柄に自分自身を重ねていくのだった。さらに、公私にわたり精神的に追い込まれるリーガンを、“バードマン”までが扇情し・・・彼は人気俳優だったエゴと闘い、舞台の成功と、壊れた娘との絆を取り戻せるのか?

「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」に投稿された感想・評価

踊る猫

踊る猫の感想・評価

4.3
何故(あたかも)ワンカットで撮ったかのような手法を使ったのだろう。アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥという監督なりの意図がそこに込められていることは間違いない。『アモーレス・ペロス』以降『BABEL』に至るまでの作品は群像劇でありだからこそひとりひとりのを浮き立たせる多彩な視点を必要とした。『BIUTIFUL』ではそうした語り口を捨て社会派としてのベタなアプローチを行った。この映画では虚実、つまり本物か偽物かの相違が問われる。舞台や映画において何処まで「嘘」や「演技」や有効か。他の登場人物のために行われる「嘘」や「演技」は救いとなるのか。自分自身を「嘘」や「演技」で偽ることが出来るのか……その難題に取り組むべく、イニャリトゥ監督は撮影自体をもリアリティをより伴った作風に挑んだのではないか。その手法を、果たして「成功している」と受け取るか「淫している」と受け取るかは賛否が割れるだろう。
UnderDog

UnderDogの感想・評価

4.5
撮影方法が素晴らしい。
ktsdch

ktsdchの感想・評価

3.1
アーティスティックな映画。
Uknow

Uknowの感想・評価

2.5
ブリーフから始まるストーリー。

人生に余裕があるときが全くない時に見た方がいいのかも。ゆらゆらふわふわしてあんまり集中できなかった。
雨です

雨ですの感想・評価

4.5
事前情報なしで見たぶん、展開が予想できずに何回も何回も驚かされて、クスッと笑えて少し切なくなって、最高の作品でした。バードマンの造形も好き。みんな魅力的。
Sayas

Sayasの感想・評価

4.0
Eノートンの怪演とラストと邦題の繋がり


面白いです。笑えます。
映画、演劇界を皮肉った感じで、
スラング、下ネタ、ブラックコメディ、が抵抗ない方は楽しめると思います。
個人的に一番良かったのはエドワードノートンの怪演で
素晴らしい、笑わせてもらいました。

音楽も良く、バックに流れるドラムソロいい味出してます。

ラストは受け手に委ねており、そこが邦題の(無知がもたらす予期せぬ奇跡)
に繋がっているのだろうか?
娘の笑顔がそこにあり、
その父の行動、起こってしまったことも娘の笑顔に繋がる奇跡なのだろうか?
あるいはテンポの良さと長回しが生み出す奇跡の作品。
何だこの大袈裟で長たらしい邦題は!と思ったら原題のとおりでした。
内容は、タイトルに負けず劣らず人を食ったよう。ニヤリ。

俳優リーガン・トムソン(マイケル・キートン)は、かつて「バードマン」というスーパーヒーローを演じ一世を風靡したものの、シリーズ終了して20年経った今ではすっかり落ち目となってしまった。
彼はレイモンド・カーヴァーの小説『愛について語るときに我々の語ること』を自ら脚色・演出・主演を手がけ舞台化、ブロードウェイで上演し、再び喝采を浴びようとする。
しかし起用した実力派俳優のマイク・シャイナー(エドワード・ノートン)ばかりが注目される上に、娘サム(エマ・ストーン)との溝も深まる一方。
リーガンは精神的に追い込まれていく…。

アレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥ監督といえば「バベル」を思い出す人が多いと思うが、私の中では「21グラム」が出色。
封切られる映画がことごとく話題となっている監督が本作でまさかのコメディに進出。 しかもお家芸であった、複数の時間軸を過去・未来を含めて錯綜させる手法から決別。全編ワンカットのようなカメラワークに驚かされる。

それで…面白いのかというと、面白くはない。作り手側もそんなことは百も承知で、観客を挑発するような、実験的描写が連続していく。
観ている最中は「ニヤリ」となるのだけれど、レビューを書く段階になって、さて困った。 どう書いていいのやら…何を書いてもこの映画から冷笑されそうな気がしてくる。
それこそこの映画の術中にはまっているということなのだろう。 強いて言えば、かつての栄光なき後の人生の悲哀にブラックユーモアをまぶして、ということになるだろうけれど。
悲哀に無自覚な方が意外と幸せかもよ、と笑われるのは、不幸なのか否か。
うわぁ、全然まとまんないわ。ニヤリ。
バードマンという映画で一躍有名になった男がいまでは落ちぶれてしまっており、そこからどうにかあがこうとする姿をワンカットで表現いたします。パンツ一丁で歩く姿をSNSであげられるとこなんかはおもろかったです。超能力使える設定は必要だったんかしら。
>|