• Filmarksトップ
  • バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)の感想・レビュー

バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)(2014年製作の映画)

Birdman or (The Unexpected Virtue of Ignorance)

上映日:2015年04月10日

製作国:
  • アメリカ
  • / 上映時間:119分
    監督
    アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ
    脚本
    アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ
    ニコラス・ジャコボーン
    アルマンド・ボー
    キャスト
    マイケル・キートン
    エマ・ストーン
    エドワード・ノートン
    ナオミ・ワッツ
    アンドレア・ライズボロー
    ザック・ガリフィアナキス
    エイミー・ライアン
    ジョエル・ガーランド
    メリット・ウェヴァー
    ナタリー・ゴールド
    リンゼイ・ダンカン
    クラーク・ミドルトン
    ダミアン・ヤング
    あらすじ
    かつてスーパーヒーロー映画『バードマン』で世界的な人気を博しながらも、現在は失意の日々を送る俳優リーガン・トムソン(マイケル・キートン)は、復活をかけてブロードウェイの舞台に立とうとしていた。レイモンド・カーヴァーの「愛について語るときに我々の語ること」を自ら脚色し、演出と主演を務める舞台には、彼のすべてが注ぎ込まれている。しかし、プレビューを前に出演俳優が大怪我を負い、降板してしまう。共演者のレズリー(ナオミ・ワッツ)の紹介で、ブロードウェイの実力派俳優マイク・シャイナー(エドワード・ノートン)を迎えたリーガンだったが、その才能はしだいに彼の脅威となっていく。疎遠だった娘サム(エマ・ストーン)には、リーガンの愛情は伝わらず、彼は気づかないうちに舞台の役柄に自分自身を重ねていくのだった。さらに、公私にわたり精神的に追い込まれるリーガンを、“バードマン”までが扇情し・・・彼は人気俳優だったエゴと闘い、舞台の成功と、壊れた娘との絆を取り戻せるのか?

    「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」に投稿された感想・レビュー

    踊る猫
    踊る猫の感想・レビュー
    2017/03/12
    4.3
    何故(あたかも)ワンカットで撮ったかのような手法を使ったのだろう。アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥという監督なりの意図がそこに込められていることは間違いない。『アモーレス・ペロス』以降『BABEL』に至るまでの作品は群像劇でありだからこそひとりひとりのを浮き立たせる多彩な視点を必要とした。『BIUTIFUL』ではそうした語り口を捨て社会派としてのベタなアプローチを行った。この映画では虚実、つまり本物か偽物かの相違が問われる。舞台や映画において何処まで「嘘」や「演技」や有効か。他の登場人物のために行われる「嘘」や「演技」は救いとなるのか。自分自身を「嘘」や「演技」で偽ることが出来るのか……その難題に取り組むべく、イニャリトゥ監督は撮影自体をもリアリティをより伴った作風に挑んだのではないか。その手法を、果たして「成功している」と受け取るか「淫している」と受け取るかは賛否が割れるだろう。
    おしるこ
    おしるこの感想・レビュー
    2時間
    4.0
    ライラック
    ヒッキー
    ヒッキーの感想・レビュー
    3時間
    1.6
    映像技術すごい。
    atsuya
    atsuyaの感想・レビュー
    3時間
    4.5
    記録
    Evans
    Evansの感想・レビュー
    10時間
    3.8
    「カメラワークが光る」

    カメラワークにただただ関心してしまう作品

    キャスト陣も豪華でありながら、現代社会へ抗い葛藤する姿が描かれている
    Ken
    Kenの感想・レビュー
    11時間
    3.7
    記録
    Kazuya
    Kazuyaの感想・レビュー
    18時間
    3.2
    よくわからなかった。これがアカデミーなんだ、、
    シーンが一回も変わらずワンカットってのが斬新だった。
    mal
    malの感想・レビュー
    20時間
    3.0
    ジャンル不明のすごい映画!
    コメディ?ヒューマンドラマ?悲劇?ファンタジー?サクセスストーリー?なんでしょうねこの映画。
    全編ほぼノーカット、すごいもん観ちゃったというお得感があります。
    それに加えて、時に洒脱で、時にブラックかつ下品なやり取りは非常に楽しめました。

    しかし、俳優のバックボーンを知っていればメタ的な意味で楽しめるみたいですが、無知な私には正直ついていけないところがありました!
    観終わったあとポカーンとしたので、様々な批評を読んでみました。
    そして結論。
    教養がないとこの作品の本当の面白さは分からないんじゃないか?ということ。
    それだけに「バードマン良かったよね〜」と言えば通に見られるような気がします(笑)
    あ
    の感想・レビュー
    20時間
    3.9
    好きにはなれない映画だったかな。
    ただこんな作品もあるのだなと勉強?になった。

    ずーっとワンカットのような、舞台裏さえ役者として演じている作品。マイケル・キートンをひたすら追うカメラワーク。近い近い。ジャズミュージックがかっこいい。ドラムが響いて騒音が気になってしまいました。笑

    どこまで妄想でどこまで現実なのか、彼にスイッチが入ってしまうとなんでもありな世界。ブラックジョークもきいてて面白い。最後の大胆な病室シーン。不自然すぎたから色々調べてみたけどなるほど、知れば知るほど深い映画だ。文学が苦手な僕には一回見ただけじゃ理解なんて到底できるはずがない。
    業界人向けの映画だからとっつきにくいな。
    ウスイユウジ
    ウスイユウジの感想・レビュー
    20時間
    4.1
    身勝手な人間ばっか出てくる映画。だけどうまーくまとまってく。面白かったー。
    >|