バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)の作品情報・感想・評価

バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)2014年製作の映画)

Birdman or (The Unexpected Virtue of Ignorance)

上映日:2015年04月10日

製作国:

上映時間:119分

3.6

あらすじ

かつてスーパーヒーロー映画『バードマン』で世界的な人気を博しながらも、現在は失意の日々を送る俳優リーガン・トムソン(マイケル・キートン)は、復活をかけてブロードウェイの舞台に立とうとしていた。レイモンド・カーヴァーの「愛について語るときに我々の語ること」を自ら脚色し、演出と主演を務める舞台には、彼のすべてが注ぎ込まれている。しかし、プレビューを前に出演俳優が大怪我を負い、降板してしまう。共演者の…

かつてスーパーヒーロー映画『バードマン』で世界的な人気を博しながらも、現在は失意の日々を送る俳優リーガン・トムソン(マイケル・キートン)は、復活をかけてブロードウェイの舞台に立とうとしていた。レイモンド・カーヴァーの「愛について語るときに我々の語ること」を自ら脚色し、演出と主演を務める舞台には、彼のすべてが注ぎ込まれている。しかし、プレビューを前に出演俳優が大怪我を負い、降板してしまう。共演者のレズリー(ナオミ・ワッツ)の紹介で、ブロードウェイの実力派俳優マイク・シャイナー(エドワード・ノートン)を迎えたリーガンだったが、その才能はしだいに彼の脅威となっていく。疎遠だった娘サム(エマ・ストーン)には、リーガンの愛情は伝わらず、彼は気づかないうちに舞台の役柄に自分自身を重ねていくのだった。さらに、公私にわたり精神的に追い込まれるリーガンを、“バードマン”までが扇情し・・・彼は人気俳優だったエゴと闘い、舞台の成功と、壊れた娘との絆を取り戻せるのか?

「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」に投稿された感想・評価

あの頃は…なんて思える映画
何も情報無しで見て驚きの連続だった
もちこ

もちこの感想・評価

2.7
痛いまでの現実味を感じるような虚構… (゚A゚;)

過去の栄光
その役に付き纏わられて
新たな役に溺れていく…

役者さんだったら
もっと理解できたのかなって気がします。

私は
幻覚を見ているような
なんだか不思議な感覚に陥りました。

批評家とのやりとりと
一輪の花のシーンが好きでした。

ロバート・ダウニー・Jr (^w^)
私は好きです。
otom

otomの感想・評価

4.4
イニャリトゥ監督の作風が変わった様な気がしつつ、よくよく考えたら前からファンタジー要素は強かったと云う。シリアスかそうじゃないかって感じか(劇中の元バットマンは至ってシリアスだった訳だが)。ちょっとI Can Flyしてくるって気にさせる力強い作品。腹に響くドラムとパヴァーヌやマーラーの組み合わせも絶妙。良作。
chocowow

chocowowの感想・評価

2.0
期待して見たけど何言いたいのかさっぱりわからんかった。😣
おさら

おさらの感想・評価

3.5
カメラワークが独特で、全然カットが入りません。そのため、時間経過などが分かりづらくて、少し戸惑いました。
ドラムがすごく良い。
ドラム音に合わせてアルファベット順に文字が現れるのは斬新で好きでした。
作中に流れる音楽は、映画としてのサウンドかと思っていたんですが、映画を見ていると、リーガンの幻聴の一つにも思えてきました。
この作品は、恥を恐れ愛されたくて孤独な年老いた男が年老いてから脱皮するような話でした。
一つ目の脱皮が多分裸で街を走った時
彼の脱いだローブが雨に濡れてドアに挟まったまま映されているシーンがありますが、あのローブがある意味以前の自分=脱皮前の皮だと暗示してるように思えました。
二つ目の脱皮はバードマンがはっきり写ってるところです。バードマンを写したってことは彼がバードマンの言葉(自分の本心?)を受け入れたということだと思います。
三つ目の脱皮は、明確には言えませんが鼻を吹き飛ばしたあたりだと思います。鼻が吹き飛んで再度目がさめるまで、少し風景描写が入りますが、あれが脱皮...というか彼なりの芸術の感性の芽生え又は自覚なのではないかなと思っています。
あと、鼻が吹き飛んだあとの包帯や傷跡がバードマンの仮面を思わせて面白かったです。
サムとマイクが「真実と挑戦」というゲームをしていますが、何となくこれも本作品の暗示のように思えます。思い込みすぎかな?
ずっと真実しか見ようとせず、挑戦のようなことをしながらも恥を恐れて結局中途半端。思い切りのなさが、リーガンらしいですね。マイクはその正反対の性格で、常に舞台に対しては挑戦のような、輝く斬新さを持っているような気がします。だから観客からも人気がある。サムも父とは違うその姿に惹かれた。シルヴィアの「あなたは役者ではなく有名人よ」とか、マイクの「人気なのは映画であって、リーガンじゃないだろ」
途中でマイクがレズリーのことを「独り歩きしはじめた」と言ってます。これは、きっと「わたしにはプライドがないの?!」と言ってる、リーガンのように役者なのに恥に慣れていないレズリーが、プライドを捨て、真の役者..という言い方は変ですが、兎に角リーガンより先に役者というものの在り方に気づいたんだと思います。

リーガンの超能力ですが、結局は彼の妄想だったということをチラチラと映画が進むにつれてバラしていますが、最後まで指をさしたら扉が開いたり、サムが窓の外を見上げたりして、どことなく超能力感を残しているところが面白いなと思いました。
最後のシーン、結局窓の外で何をしていたかわたしは分からなかったのですが、リーガンが窓に腰をかけた時、思わず「めぐりあう時間たち」のヴァージニアと笑い方を重ねてしまって、芸術家らしい死に方をする、と思ってしまいましたが、どうやら生きてるみたいで良かったです。..多分生きてる
リーガン自身の葛藤を描きつつ、所々に映される家族愛がすごく好きでした。愛だ

エマストーンが半端なく美人ですね。歩き方がすごい好きです。サムが「SNSではみんな存在を発信している。パパは無視されるのが怖いのよ」みたいなことを言ってリーガンを否定しつつSNSの良さを伝えて勧めて?いますが、エマはSNSの良さを分かった上でだからこそSNSはやりたくない、という、人物と役者が全然意見が正反対なのに演りきってるのが面白いなぁと思いました。エマ〜...インスタとかやってほしい
844

844の感想・評価

3.0
やたらなが回し感だす
ノートン舞台で勃起、
喧嘩の途中で演技かます、
批判は責任は無い、批判は責任のあるものにするから揉める
逆に単純なヒーローものもみたい。
Hideyuki16

Hideyuki16の感想・評価

4.2
ドラムが織り成す表現力。

エモーショナルな展開。

観ているほうも興奮してしまう。
>|