バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)の作品情報・感想・評価

バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)2014年製作の映画)

Birdman or (The Unexpected Virtue of Ignorance)

上映日:2015年04月10日

製作国:

上映時間:119分

3.6

あらすじ

かつてスーパーヒーロー映画『バードマン』で世界的な人気を博しながらも、現在は失意の日々を送る俳優リーガン・トムソン(マイケル・キートン)は、復活をかけてブロードウェイの舞台に立とうとしていた。レイモンド・カーヴァーの「愛について語るときに我々の語ること」を自ら脚色し、演出と主演を務める舞台には、彼のすべてが注ぎ込まれている。しかし、プレビューを前に出演俳優が大怪我を負い、降板してしまう。共演者の…

かつてスーパーヒーロー映画『バードマン』で世界的な人気を博しながらも、現在は失意の日々を送る俳優リーガン・トムソン(マイケル・キートン)は、復活をかけてブロードウェイの舞台に立とうとしていた。レイモンド・カーヴァーの「愛について語るときに我々の語ること」を自ら脚色し、演出と主演を務める舞台には、彼のすべてが注ぎ込まれている。しかし、プレビューを前に出演俳優が大怪我を負い、降板してしまう。共演者のレズリー(ナオミ・ワッツ)の紹介で、ブロードウェイの実力派俳優マイク・シャイナー(エドワード・ノートン)を迎えたリーガンだったが、その才能はしだいに彼の脅威となっていく。疎遠だった娘サム(エマ・ストーン)には、リーガンの愛情は伝わらず、彼は気づかないうちに舞台の役柄に自分自身を重ねていくのだった。さらに、公私にわたり精神的に追い込まれるリーガンを、“バードマン”までが扇情し・・・彼は人気俳優だったエゴと闘い、舞台の成功と、壊れた娘との絆を取り戻せるのか?

「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」に投稿された感想・評価

あの頃は…なんて思える映画
何も情報無しで見て驚きの連続だった
fampia

fampiaの感想・評価

3.5

ほぼノーカットのカメラワークが圧巻。
どうやって撮ったのか..
mikkun17

mikkun17の感想・評価

2.4
2018年鑑賞53本目。

ハマらなかった。
結局伝えたいことは何だったのか。
俳優としての苦悩?

もっと感動するかと思ってたが、ほぼ映な感じの展開だった。
主人公の心理に全くついていけなかった。

多分観る人を選ぶ作品だと思う。

◑皆さんのレビューを見てからの追記
全編ワンカットで構成されている!?
その情報は鑑賞前に知りたかったーー💦
確かに思い返すとカットされてる場面なかった…。
そう思うと脚本とかじゃなく、単純に俳優の演技や撮影の技術について評価する作品なのかも。
かと言ってすぐに観返す気にはならない(笑)
ストーリーはちょっと二回観るのにはだるい😔
とりあえずスコアは自分が感じたもののままで。
Erica

Ericaの感想・評価

4.0
ここまで長回しの映画はサウルの息子以来?本当に印象に残る。

このワンカット(風?)の撮影法が効いて見事、現実と妄想の線引きが上手くできない主人公が見る世界が表現されてる。と思う。

超能力が使えるのは画面に1人のときだけ。つまり妄想なわけで、タクシーの運転手が運賃を求めたり、プロデューサーが楽屋で物に当たり散らすリーガンを見て唖然とするシーンは、本当に切ない(笑)
欲望という名の電車を思い出した。

うーーん難しくてなかなか理解できないけど、自殺未遂のシーンもラストシーンもぜんぶ色んな解釈ができる映画だなと思う。

副題もそうだけど考えれば考えるほど深い
賛否両論あるみたいだけど、この皮肉たっぷりな映画が作品賞を取ったのは、なんというか、すごい。
corino

corinoの感想・評価

3.5
音楽がかっこいい。
麻薬文化の薄いわたしたちには乗り切れない何かがある気がする。
撮り方が面白い

このレビューはネタバレを含みます

すべてが完璧でお洒落。
エンディングもいい。
音楽も素晴らしいし、
次はどんな画を見せてくれるのか
楽しみで終始目が離せなかった。
■2回目
最初映画館で鑑賞した時は、
ん~~~っと首を捻ったが、
改めてBlu-rayで鑑賞したら、
めちゃめちゃ惹きつけられた!

オープニングのドラムの音と字幕が
リンクしているところから、
とあるシーンの前まで続くワンカメによる描写、
映画・演劇好きにはたまらない
作り手側のドタバタ・苦労感の表現
(特に癖ある役者とかw)、
そして、役者の芝居が素晴らしかった人間模様と、
何度も観たくなる映画であると発見した。
Igarashi

Igarashiの感想・評価

3.7
再起の物語
思うように上手くいかなくてムズムズ
>|