バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)の作品情報・感想・評価

バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)2014年製作の映画)

Birdman or (The Unexpected Virtue of Ignorance)

上映日:2015年04月10日

製作国:

上映時間:119分

3.6

あらすじ

「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」に投稿された感想・評価

あの頃は…なんて思える映画
何も情報無しで見て驚きの連続だった
アル中

アル中の感想・評価

2.9
まあまあ
kaede

kaedeの感想・評価

3.4
レビューがかなり分かれてるのが気になり鑑賞。初代バットマンがバードマン…マイケルキートン…!全編ワンカットに見せるカメラワークにBGMがドラム、これだけでもかなり惹き込まれる。そこまで内容が落ちてきたかというと微妙なところではあるけど、ラストの力強さには震えた。このエマストーンは可愛い。
エミリ

エミリの感想・評価

3.8
ドラムロールの音がいい
映像も好き、撮り方もタイプだった
「才能は才能。批評とは別物である」

現実あるいは虚構
モノホンあるいはてんぷら
椎名林檎あるいは宮本浩次
悲劇あるいは喜劇
ヒーローあるいは役者
真実あるいは挑戦
バードマンあるいは無知がもたらす予期せぬ奇跡

ワンカットに見せれるって思っちゃうと、やっぱり少し興奮が落ちるな。ちょっと技術の過剰進化とも思えるけど。実際、映画はバリエーションでしかない中で、いかにワンカットを魅せるかにおいては、好きな画面が多かった。
明確にカット割ったのは死にかけた時、意識がなかった時だけかな。
仮に人生をワンカットと捉えるならばあそこ以外は全て現実って解釈もできる。
しかし、そのワンカットの中に現実的と映画的が入り乱れる。
ドラムを実際にフレームの中に見せることで全てはフレーム外の音でこの映画にはオフの音がないのかも。と思わされたり。タクシーに乗ってるのかまじに飛んでるのかわからなくなったり。
全ては「あるいは」。

映画も現実のなかのひとつである。批評家も役者も映画から離れた現実はありえない。あるいは。
「本物の血を浴びせる。スーパーリアリズム。」
言葉によって現実から離れてしまうような気もする。

真実はいつも面白いって言うけど、果たしてどこにあるのか。目的は芸術か注目か。SNSは存在か。批評は、頭に浮かぶ言葉は、本当に知識か。あなたは役者か有名人か。
たった1つの真実見抜く見た目は子供頭脳は大人。

ドラムのサウンドってやっぱりかっこいいよな。あとエマ・ストーン。

あと単純にこういう、あーだこーだ言いいやすいものってわたくしは好きなんですよね。
28。
場所移動してる登場人物のカットでめまぐるしくスイッチしていくので、舞台裏の感じがよくでてて、これ自体が舞台のようなテンポがよかった。エマストーンの最後の表情がすごくよく、すべてもっていった。
すごい期待してみたけど大きく期待値を下回った。映画人の内輪ノリみたいな
主人公だけが使える超能力の描き方がものすごく好き(なぜならそれは現実ではないから、盛り上がる場面で流れるドラムも蓋を開ければ…)、ラストのエマ・ストーンの瞳の澄み切った美しさ ドンドン焦燥していく主人公だけではなくて、彼の周りにいる役者たちはみな一様に精神的にどこか追い詰められていて、特に現代の役者という職業の不安定さに興味がある 常に大勢がわたしを評価する世界 実在する作品や役者の名前がたくさん出てきてそのリアリティが面白かった一方(「ゴズリングでも出したらどうだ?」)、ナオミ・ワッツはマルホランドドライブの世界が飛び出てきた感じがした。常に背中を追いかけるカメラワーク(なのに気づけば場面が変わる)、気持ちが良かったな
Rinako

Rinakoの感想・評価

4.0
ワンカットのすごさ!
過去に縋ることなく今の自分の
可能性を信じて生きたいなんて
老いてから考えると泣けてくる。
>|