バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)の作品情報・感想・評価

バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)2014年製作の映画)

Birdman or (The Unexpected Virtue of Ignorance)

上映日:2015年04月10日

製作国:

上映時間:119分

3.6

あらすじ

かつてスーパーヒーロー映画『バードマン』で世界的な人気を博しながらも、現在は失意の日々を送る俳優リーガン・トムソン(マイケル・キートン)は、復活をかけてブロードウェイの舞台に立とうとしていた。レイモンド・カーヴァーの「愛について語るときに我々の語ること」を自ら脚色し、演出と主演を務める舞台には、彼のすべてが注ぎ込まれている。しかし、プレビューを前に出演俳優が大怪我を負い、降板してしまう。共演者の…

かつてスーパーヒーロー映画『バードマン』で世界的な人気を博しながらも、現在は失意の日々を送る俳優リーガン・トムソン(マイケル・キートン)は、復活をかけてブロードウェイの舞台に立とうとしていた。レイモンド・カーヴァーの「愛について語るときに我々の語ること」を自ら脚色し、演出と主演を務める舞台には、彼のすべてが注ぎ込まれている。しかし、プレビューを前に出演俳優が大怪我を負い、降板してしまう。共演者のレズリー(ナオミ・ワッツ)の紹介で、ブロードウェイの実力派俳優マイク・シャイナー(エドワード・ノートン)を迎えたリーガンだったが、その才能はしだいに彼の脅威となっていく。疎遠だった娘サム(エマ・ストーン)には、リーガンの愛情は伝わらず、彼は気づかないうちに舞台の役柄に自分自身を重ねていくのだった。さらに、公私にわたり精神的に追い込まれるリーガンを、“バードマン”までが扇情し・・・彼は人気俳優だったエゴと闘い、舞台の成功と、壊れた娘との絆を取り戻せるのか?

「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」に投稿された感想・評価

貝崎

貝崎の感想・評価

3.0
マイケル・キートンでバードマンとか、まあ私が気づけるとこと言えばそれくらいなんですけど、皮肉めいたことがいっぱい。
皮肉が多すぎてとにかくわかりにくいコメディ要素と、そこに含まれた業界なのかNYという舞台なのかなんだか素人にはワカラナイ空気感に、正直置いてけぼり。解る人にしか解らないでしょこれ。

長回しや音楽の使い方のお陰で緊張感あって最後まで飽きずに見れた。ただ、飽きずに見れただけ。理解させてもらえなかった感。リーガン(マイケル・キートン)やサム(エマ・ストーン)に関してのコメントは、、なんかめんどくさくなったので割愛。
miminaga

miminagaの感想・評価

4.0
オープニングからカッコいい。床からちょっと浮いた裸のおじさんが出て来たときは何事かと思った。演じているのが初代バットマンと思うと、ストーリーとリンクするようで感慨深い。長回しなので、シーンの切り替わりが夜明けだったり長い廊下だったりするのだけど、それがどれも美しい。なんかクセのある人ばかり出てくるのは、主人公の狂気を通してみるからか、演劇界がそうなのか。才能より話題性みたいな皮肉は個人的によく考えるテーマなので共感できた。ラストもとても好き。エマストーンは優等生っぽいのより、やさぐれてる方が魅力的かも。
Motiyuki

Motiyukiの感想・評価

4.0
長回しは本当に凄いです。撮影技術など、まだ私が知らない色んな表現方法があるんだなと感動します。

ストーリーはちょっと合わなかったかもです。私自身が成長したら、もう一度必ず観ようと思います。
語り部のいない映画だった。よく作り込まれた作品は、説明をしないで設定を理解させる。役者がそれを勝手に話していくから。でもそれで事足りるのは在り来たりな設定だけで、本質的に大切なところは、観客や読者に想像させることでしか表現できない。それを体現したかのような映画だった。

平凡な分析をするなら、すごく情報量がおおくて、目まぐるしく状況が変化していく。それでも見ていられるのは、それぞれが在り来たりな、でも当人たちにとっては掛け替えのない瞬間の連続だからなんだろう、なんて思った。カットが場面の切り替わりで、目まぐるしいかと思えば、廊下だけを動かず映し続けるような、演出もあって、空白を使った強弱までつけてくる。

ドラムのおじさんがいきなり現れたりするところとか、バードマンの行全般(空中浮遊やサイキックなんかは、本当にそうなのか最初は分からないように作ってるあたり)とか、スーパーリアリズムを表現する試み(?)もあって良かった気がする。ぼくはダンサーインザダークを連想してしまったけど。

好き嫌いが分かれそうな作品だし、世間や批評家をひどく批判している(でも批判自体は正しいとは思う)わけだし、受賞していて良かった。
あとエマストーンが、この頃から美人さと演技に磨きがかかってたんだなと。(アメイジングスパイダーマンのときは微妙だと思ってた)
Jun

Junの感想・評価

-
小難しく感じた気がする。
エマストーンはすごかった
troy

troyの感想・評価

3.9
「痛烈な皮肉の中で」
皮肉に満ち溢れつつ、主人公に共感を覚えさせられるのは、脚本や演出の手法のせいか。承認欲求や自己否定にとらわれているせいなのか。ラストは夢かうつつか幻か。わけがわからないと思う人は正しいし、これが刺さるって人も正しい。あとは、その人の感性次第。監督の感性と合うがどうかってこと。チープな表現かもしれないけど、いわゆる観る人を選ぶ映画。だからこそ、良いなって思う。シンプルなのも、複雑なのも、含めて映画って素晴らしいですね
ウタ

ウタの感想・評価

3.3
全編通してカメラアングルとドラムの音が印象的な映画。

そして、登場人物全てに危うさがある。
まるで高い所にピンと張った綱の上を、微妙なバランスを保ちながら渡っているような…。

そして、始終鑑賞者にもそれを強いる映画でした。
あえて現実的な物言いで当てはめるなら、彼は統合失調症だったのか?うーん、何が正解かは解からない。人

の考えが読めないように、感じる事はあっても理解する事が難しい映画でした。
ヒルコ

ヒルコの感想・評価

2.9
そりゃあ面白かったけど、重い・・・空気沈鬱・・・。全体的に、内輪ネタというか楽屋落ちがひどいので、「俺わかってます」みたいな感じが実はあんまり好きじゃない。でも面白かったのは本当です。
nok

nokの感想・評価

4.6
久しぶりにちゃんと観たら前に思ってた結末と違う。。
賞を獲るだけありますな
面白い
>|