バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)の作品情報・感想・評価

バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)2014年製作の映画)

Birdman or (The Unexpected Virtue of Ignorance)

上映日:2015年04月10日

製作国:

上映時間:119分

3.6

あらすじ

「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」に投稿された感想・評価

貝崎

貝崎の感想・評価

3.0
マイケル・キートンでバードマンとか、まあ私が気づけるとこと言えばそれくらいなんですけど、皮肉めいたことがいっぱい。
皮肉が多すぎてとにかくわかりにくいコメディ要素と、そこに含まれた業界なのかNYという舞台なのかなんだか素人にはワカラナイ空気感に、正直置いてけぼり。解る人にしか解らないでしょこれ。

長回しや音楽の使い方のお陰で緊張感あって最後まで飽きずに見れた。ただ、飽きずに見れただけ。理解させてもらえなかった感。リーガン(マイケル・キートン)やサム(エマ・ストーン)に関してのコメントは、、なんかめんどくさくなったので割愛。
900本目。
いつか鑑賞しようと思っていましたが、ちょっと難解そうな予感がしていたため、今まで敬遠していた作品です。
この作品の斬新なところは断片的な映像を継ぎ合わせるのではなく、長まわしの迫力とスピード感がある撮影方法であり,字幕が黄色だったことも不思議な感じでした。

キャスティングはマイケル・キートンが主演で,エドワート・ノートン,エマ・ストーン,ナオミ・ワッツなどが他の作品では主演級が脇を固めていますが,マイケル・キートンの存在感がとにかく大きかったです。

序盤は冷静に鑑賞していましたが、マイケル・キートンとエドワート・ノートンが劇場から屋外へと出ていくシーンあたりから,自分の中に変化が現れました。
延々と続く言葉の応酬の間には挿入曲もなく,響き渡るドラムの音だけで主人公たちは鼓舞され,高揚感で満たされていきます。そのブルース調のドラムのリズムに相まって、私も軽い興奮を覚え、作品に引き込まれていきました。
これが長まわしの撮影における効果なのかと感じました。

主人公は昔「バードマン」というアメコミのヒーローを演じて一世風靡したにも関わらず,役者としては落ち目の状態で,自らが主演する舞台でもう一度栄光を掴みたいと必死です。主人公が触らずとも物をずらしたり,空中を飛んだりするなどの超能力を使えたり,道端や劇場内でドラムを叩く男,過去に演じた「バードマン」の声または実物が見えたりするのは相当精神的に追い詰められていることを示唆しています。

この主人公はマイケル・キートン本人を投影しており,マイケル・キートンが現実に主演した「Batman」のオマージュ的なつくりになっているように感じました。幻聴で聞こえる「バードマン」の声もBatman風だし、「Batman」と「Birdman」と名前も似てますよね。
作品中に登場したバードマンの型は彼が演じたバットマンの型から作ったものらしいです。

出演者が喋りながら移動し,そのリアルな光景を途切れなく見せるという手法は綿密な計画がなければ成立しません。各シーンにおける一人の台詞が長いため,NGの数も相当あったことが想定されます。撮り終えるまで俳優陣、まわりのスタッフも相当苦労したでしょうが,それだけスタッフのチームワークの良さが感じられ、アカデミー賞の「作品賞」、「撮影賞」、「脚本賞」、「監督賞」の受賞は当然だと納得することができました。

鑑賞後、満足感がこみあげてきましたが、果たして私は監督の意図を正しく感じ取ったかは自信がありません。落ち着いて何度も鑑賞したいと思える作品と出会えました。
たなか

たなかの感想・評価

3.6
ちょっと苦手な世界観ではあるけど、俺の感性ではまだ捉えきられへん。成長します。

緻密で計算され尽くした撮影に脱帽。演出と音楽、お話も奥深い。このバードマンは誰にでも存在するのではないか。マイケルキートンは素晴らしいの一言に尽きる
ジーナ

ジーナの感想・評価

4.0
最初から最後までノーカットの一本取りをしているかのように場面が繋がれてゆき、どれも大掛かりなのが感心します。
演劇での成功を目指すストーリーですが、本当に演劇を見ている気分。

常にバードマンというかつてのヒット作の幻影が付きまとうのですが、そのCGも綺麗でしっかり画にはまっています。
また、エマ・ストーンがあまりに可愛くて、そっちにも目がいってしまう。
彼女のセクシーなシーンも必見(笑)
笑えるシーンもあるし夢中になれるはず。

所々、分かりづらい部分があるのが惜しいけど、何度も見返すと尚更楽しめるはず。
ラストの解釈をどう取るかも面白い。
MARUKO

MARUKOの感想・評価

5.0
これはすごすぎる。
冗談抜きで、一瞬で二時間が過ぎ去る。
ベタだけど、こんなの観たことない。興奮した。

頭に描いている自分と、今の自分との葛藤と錯綜と脱却。
ざっくり言うとこれだけ。シンプル。
それなのにここまで面白いのは、やっぱり撮り方を特筆せざるを得ない。これまじですごいし、ここまで突き通されるとほんとに気持ちいい。透明人間になって、撮影現場をずっと追っかけてるみたいな感覚。
さらにバックでうなるドラムに誘われる高揚感。そりゃ二時間あっという間なわけだ。

自分に言い聞かせるように、何回も読まされるセリフ。しかも自然かつ必然な流れで繰り返される。いつの間にかセリフを覚えそうになるほど頭に刷り込まれる。
これ、俺のことじゃんか…。

さりげなく酒の下に下敷きになるあの紙。
あんなに大事に持ってたのに、さりげなすぎてオシャレ。″彼に付くバードマン″を形成する一つだろうそれとの、決別の瞬間。

そして撃ち殺す、バードマンを。

この作品の好きさをわかってもらうには、言葉では説明しきれないし、
なんせ場面が繋がってるから頭から説明することになっちゃう笑。
″ラストフライト″も非常に良き。もちろん奴なしで。
ほんとに刺激的な作品に出会った。

p.s.役者がスゴすぎて、全部スゴすぎて、しかも笑えて。三人の"トン・トン・トーン"がとにかくヤバい。
トップ10入りです!
+なんとなく、評論とネットへの批判というか、それらあり方へのメッセージみたいなものも感じた。芸術に悪い影響を及ぼしかねないって。四年前の作品だしね。今では当たり前になってるなって気づく。
TomoKroos

TomoKroosの感想・評価

2.8
この作品を面白いと思えるにはまだ自分の感性が足りなかった。
斬新さはすごいあるけど、ストーリー自体はなんかそんな面白くなったかな。
エマストーンかわいいーーーー
>|