バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)の作品情報・感想・評価

バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)2014年製作の映画)

Birdman or (The Unexpected Virtue of Ignorance)

上映日:2015年04月10日

製作国:

上映時間:119分

3.6

あらすじ

かつてスーパーヒーロー映画『バードマン』で世界的な人気を博しながらも、現在は失意の日々を送る俳優リーガン・トムソン(マイケル・キートン)は、復活をかけてブロードウェイの舞台に立とうとしていた。レイモンド・カーヴァーの「愛について語るときに我々の語ること」を自ら脚色し、演出と主演を務める舞台には、彼のすべてが注ぎ込まれている。しかし、プレビューを前に出演俳優が大怪我を負い、降板してしまう。共演者の…

かつてスーパーヒーロー映画『バードマン』で世界的な人気を博しながらも、現在は失意の日々を送る俳優リーガン・トムソン(マイケル・キートン)は、復活をかけてブロードウェイの舞台に立とうとしていた。レイモンド・カーヴァーの「愛について語るときに我々の語ること」を自ら脚色し、演出と主演を務める舞台には、彼のすべてが注ぎ込まれている。しかし、プレビューを前に出演俳優が大怪我を負い、降板してしまう。共演者のレズリー(ナオミ・ワッツ)の紹介で、ブロードウェイの実力派俳優マイク・シャイナー(エドワード・ノートン)を迎えたリーガンだったが、その才能はしだいに彼の脅威となっていく。疎遠だった娘サム(エマ・ストーン)には、リーガンの愛情は伝わらず、彼は気づかないうちに舞台の役柄に自分自身を重ねていくのだった。さらに、公私にわたり精神的に追い込まれるリーガンを、“バードマン”までが扇情し・・・彼は人気俳優だったエゴと闘い、舞台の成功と、壊れた娘との絆を取り戻せるのか?

「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」に投稿された感想・評価

aaaaa

aaaaaの感想・評価

5.0
10年代に作られた映画では、間違いなく最も重要な作品と言っていいと思う。
映画革命って言っても過言じゃない。

長回しのシーンも嫌味じゃなく、本当に感心してしまう。

かつてヒーロー映画「バードマン」を演じた落ち目の俳優と言うのも、マイケル・キートンにモロにシンクロ。
白ブリーフ一枚でニューヨークを闊歩するとことか、もう拍手をしたくなる。

エドワード・ノートンのゲスっぷりも最高。
そしてマーベル映画を皮肉ったストーリーも、思わず共感。笑

エマ・ストーンはララランドとはまた雰囲気が違って、まだ初々しさがある。

何となく映画からデビッド・リンチの匂いを感じました。傑作!
Marisa

Marisaの感想・評価

3.5
カメラワークすごいな
どうやって撮ってるの?
言うまでもありませんが、撮影と役者の演技が本当に素晴らしかった。
ドラムの音楽も非常に好きでした。
いろいろと解釈の仕方があると思いますが、個人的には心に残る印象の強い作品でした。

ただ何故かもう一回観たいなって言うふうには思えなかった…
むずかしかった
千紘

千紘の感想・評価

3.5
昔観た。

結構置いてきぼりにされた記憶。
え?え?
河口

河口の感想・評価

3.8
映画に入るまでが難解。入った後は面白い。映画俳優も大変だよなぁ。何十億も稼いで、それでもまだ芸術家を夢見て…
伝えたいメッセージとかラストとか正直よく分からなかったところは色々あるんだけど、とりあえず言えることは映像が凄い。長回しだらけ。ふと「あれ、さっきからこれカットしないで何分やってる?」ってなる。全然疲れない。気付いたら1時間経ってた。ストーリーもあるけど映像でめちゃめちゃ引き込まれた。初めて見たこんな映像...。演劇の世界を映画でやってるみたいな。とにかく役者さんたちも凄いわ。なんか不思議だった〜。
あと外からベランダの柵みたいなのを通り抜けて部屋に行くあのシーンってどうやって撮影してるんだろ...

ところで地味に気になってたんだけどなんで字幕黄色だったんだろう。
yukar

yukarの感想・評価

4.6
エマストーンがサムからミアになる話か?
ワンカット風、ハンドカメラでキャラを追っている、迫真の演技などから、舞台の中に放り込まれた感覚になる
エドワードノートンのファイトクラブのブラピみたいなクレイジーな役がハマりだった
合間に挟むドラム演奏も拍車をかけて盛り上げてくれる
伝えたいメッセージがすんなり理解できないが、何か熱くなって勇気がもらえる映画
>|