バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)の作品情報・感想・評価

バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)2014年製作の映画)

Birdman or (The Unexpected Virtue of Ignorance)

上映日:2015年04月10日

製作国:

上映時間:119分

3.6

あらすじ

「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」に投稿された感想・評価

aaaaa

aaaaaの感想・評価

5.0
10年代に作られた映画では、間違いなく最も重要な作品と言っていいと思う。
映画革命って言っても過言じゃない。

長回しのシーンも嫌味じゃなく、本当に感心してしまう。

かつてヒーロー映画「バードマン」を演じた落ち目の俳優と言うのも、マイケル・キートンにモロにシンクロ。
白ブリーフ一枚でニューヨークを闊歩するとことか、もう拍手をしたくなる。

エドワード・ノートンのゲスっぷりも最高。
そしてマーベル映画を皮肉ったストーリーも、思わず共感。笑

エマ・ストーンはララランドとはまた雰囲気が違って、まだ初々しさがある。

何となく映画からデビッド・リンチの匂いを感じました。傑作!
話題になっていたので鑑賞。評判になるほど面白いとは思えなかった。
エマ・ストーンが可愛い。長回し。
大人が面白いと思う作品
ドラムのシンプルなBGMが印象的でした。
カメラワークがノーカット風で面白かったです。

ブラックスワンとストーリーもラストも重なりますね。
ブラックスワンは個人的にハッピーエンドだと思ったけど、これはバッドエンドかな…。
まる

まるの感想・評価

3.6

このレビューはネタバレを含みます

アカデミー賞作品なのにこんなに観てる人が少ないのはなぜなんだとずっと疑問だったけれどなるほど…という感じ。なかなかにクセが強い

独特のカメラワークで、自分も世界に溶け込んでいるかのようか感覚に包まれ、楽しめた。
過去の自分との決別を目指す主人公が、才能があってぶっとんだ同僚、嫉妬や娘との確執に悩みながら成長する物語

自分には栄光と呼べるほどの過去がないので全く同じ境遇ではないけれど、自己愛、自己満足でなく他者からの容認や愛情を得られてはじめて人は自分が存在を認められていると感じられる、というポイントには共感できた。いくつになっても人は誉められたいし認められたいし愛されたいんだなぁ、子供なんだなぁとしみじみ思ってしまった

大人になっても殻を破って成長できるんだ!努力すれば人の自分に対する見方は変わるし、違った見せ方ができるようになることで自分自身も違った世界が見えるんだよ!ということを教えてくれる頼もしい話であったなぁ

エドワードノートン、ファンキーだけどすごく素敵だった!ファイトクラブ以来しっかり見てなかった気がするけれどすごく存在感あって、今後も追いたいなぁと思った。あとグレたエマストーンもよい
>|