バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)の作品情報・感想・評価

バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)2014年製作の映画)

Birdman or (The Unexpected Virtue of Ignorance)

上映日:2015年04月10日

製作国:

上映時間:119分

3.6

あらすじ

かつてスーパーヒーロー映画『バードマン』で世界的な人気を博しながらも、現在は失意の日々を送る俳優リーガン・トムソン(マイケル・キートン)は、復活をかけてブロードウェイの舞台に立とうとしていた。レイモンド・カーヴァーの「愛について語るときに我々の語ること」を自ら脚色し、演出と主演を務める舞台には、彼のすべてが注ぎ込まれている。しかし、プレビューを前に出演俳優が大怪我を負い、降板してしまう。共演者の…

かつてスーパーヒーロー映画『バードマン』で世界的な人気を博しながらも、現在は失意の日々を送る俳優リーガン・トムソン(マイケル・キートン)は、復活をかけてブロードウェイの舞台に立とうとしていた。レイモンド・カーヴァーの「愛について語るときに我々の語ること」を自ら脚色し、演出と主演を務める舞台には、彼のすべてが注ぎ込まれている。しかし、プレビューを前に出演俳優が大怪我を負い、降板してしまう。共演者のレズリー(ナオミ・ワッツ)の紹介で、ブロードウェイの実力派俳優マイク・シャイナー(エドワード・ノートン)を迎えたリーガンだったが、その才能はしだいに彼の脅威となっていく。疎遠だった娘サム(エマ・ストーン)には、リーガンの愛情は伝わらず、彼は気づかないうちに舞台の役柄に自分自身を重ねていくのだった。さらに、公私にわたり精神的に追い込まれるリーガンを、“バードマン”までが扇情し・・・彼は人気俳優だったエゴと闘い、舞台の成功と、壊れた娘との絆を取り戻せるのか?

「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」に投稿された感想・評価

aaaaa

aaaaaの感想・評価

5.0
10年代に作られた映画では、間違いなく最も重要な作品と言っていいと思う。
映画革命って言っても過言じゃない。

長回しのシーンも嫌味じゃなく、本当に感心してしまう。

かつてヒーロー映画「バードマン」を演じた落ち目の俳優と言うのも、マイケル・キートンにモロにシンクロ。
白ブリーフ一枚でニューヨークを闊歩するとことか、もう拍手をしたくなる。

エドワード・ノートンのゲスっぷりも最高。
そしてマーベル映画を皮肉ったストーリーも、思わず共感。笑

エマ・ストーンはララランドとはまた雰囲気が違って、まだ初々しさがある。

何となく映画からデビッド・リンチの匂いを感じました。傑作!

このレビューはネタバレを含みます

5回みてよく考えたくなる。



ワンカットで撮影してるようにしてることで、作品自体がすべて舞台の上で演じられている演劇のようで、ここまで徹底されているととても気持ちが良い。

また、リーガンとバードマンでBGMをつかいわけ、「演劇」と「映画」の違いを意識的に認識させられることで、リーガンが映画から演劇に転向したことが大きな差であることが感じられる。

空を飛ぶシーンは、少しの違和感で昔のヒーロームービーを見ているような気分になり、リーガンとバードマンが重なる。

批評家に対する描き方を見ると、ここに書き込むことさえ、やや対抗を感じる
落ち目の俳優 リーガン。彼は過去に、鳥の姿をしたスーパーヒーロー バードマンの役でスターとなった俳優だった。彼はブロードウェイの文芸作品の舞台で再起をかけるべく奔走する。まずこの役にマイケルキートンを起用した事が、この作品のメタフィクション性の好例だろう。何故ならば、彼は過去にティムバートン版の「バットマン」で鳥のコスプレをしたスーパーヒーローを演じているからだ。劇中でもアメコミヒーロー映画をdisるギャグが多く、周りを固める俳優陣にもアメコミヒーロー物の経験者が多い。だが、この作品の何よりも優れた点は、天才撮影監督エマニエルルヴェツキの手による全編ワンカット風味の映像である。ドラムが鳴り響くサントラを流しながら、流れる様に移動するカメラの妙を堪能するだけでも、非常に気持ちが良い。そして、リーガンの前に現れるバードマンの幻影の描き方と、エドワードノートンを起用した事からも分かるように、この映画は彼の一番の代表作である超有名映画と同じ様な展開へ進んでいく。果たして、彼はもう一度翼を広げ、羽ばたけたのか?
美しいラストシーンから浮かび上がる感動とは。未見の人間は、ぜひ味わってほしい。
IamRT

IamRTの感想・評価

1.0
私にはこの手の映画は難しかった
最後まで見れたから面白かったんだろうけど難しすぎて好きになれない
たつ

たつの感想・評価

3.0
「おもしろい」よりも「すこい」映画だった
pappo

pappoの感想・評価

1.7

このレビューはネタバレを含みます

ラストシーンは意見の別れるところだろうが、そこは監督もそうなるように計算している。
つまり飛んだのか、死んだのか。
私は死んだと思う。
宙に浮くのも、物に触れずに自由自在に操れることも、幻覚だと作品の中で示している。
ご丁寧に空を飛び回り劇場へ行ったのも実はタクシーで移動しただけと明かされている。
それでラストシーンで窓から飛び出したら、今度だけは空を飛んだのか?
苦しんだ末、ついに奇跡が起きたのか? タイトルはその奇跡を意味しているのか?
奇跡とは、主人公がもがき苦しみ、ついに批評家の期待以上の演技を見せたこと、とも取れる。
役者としてのある境地に達したともとれる。
でもそんなの奇跡でもなんでもないし、そんなハッピーエンドは、ストーリーの大きなテーマから外れてしまう。

私は、主人公は死んだと思う。
では娘のあの空を追う視線はなんなのか?
それは娘も幻覚を見ているのだ。辛い現実から目を背けて、見たい現実だけを見る。
娘はヤク中でリバビリを受けている。
レイモンドカーヴァーはアル中でリバビリを受けていたが、主人公の娘はヤクの後遺症で幻覚を見たということで説明がつく。
この作品のミソは正にここにあって、主人公は苦悩から立ち上がり成功をつかんだというサクセスストーリーではないのだ。(と受け取った)
人は見たいものしか見ない。役者は見せたいものを見せようとする。だから役者は観客の見たいものと、自分が見せたいものの間で苦悶する。
こう書いてしまうと身も蓋もないが、『(役者)バカは死ななきゃ治らない!!!』(これ誉め言葉)ということか、、、
無知が起こす奇跡とは、批評家が主役に贈った言葉として描かれているが、実は隠れテーマとして、物語の流れからあっさりと主人公が空を飛んだと感じるであろう我々観客に向けられた言葉である。
無知だから奇跡が起きたと感じたのであり、よくよく考えればそれはあり得ないのだから奇跡は起きていないのだ。
観客を分け隔てる、なんともいやらしいタイトルだと思う。
観客をバカにしてる一方で、偉い監督や注目株の俳優にはセリフやストーリー展開で忖度していて、批評家を思い切り批判しているような体で、実は批評家達のプライドをくすぐり、見ていて良い気分ではなかった。
その観客のお陰でおまんま喰えてるんじゃねーの? と思う。
>|