バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)の作品情報・感想・評価・動画配信

バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)2014年製作の映画)

Birdman or (The Unexpected Virtue of Ignorance)

上映日:2015年04月10日

製作国:

上映時間:119分

ジャンル:

3.6

あらすじ

「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」に投稿された感想・評価

Iwarenkon

Iwarenkonの感想・評価

4.2
これは相当の好みでした。アカデミー賞を取った長回しシーンも圧巻だったし、ここまで自在なカメラワークに驚いた。
そして、どこまでが現実で、どこからが虚構なのか混乱するストーリーだし、エンディングの解釈も色々出来る脚本が素晴らしい。
最後のあの笑顔はどういう意味なのか、観た人に任されているようだ。
shamcafe

shamcafeの感想・評価

2.9
まあまあ普通
ラスカ

ラスカの感想・評価

3.4
主人公の演技だけでなく演劇の裏側的な部分も面白い。スレてる感じのエマストーンもいいね。カメラワークが印象的。
Yamada

Yamadaの感想・評価

3.8
全編ワンカット風の映像、自分自身のと葛藤、演劇造りの裏側など作品としては見事が出来だと思いました。ジャズなりっぱなしの演出はテンポの良さを醸し出しており、最初から最後まで集中して見れました。
少し文学的、哲学的かなと思うのでエンタメ作品としては普通ですね。
主人公が演じる役との重なりがすごい
最後はバードマンへ
高校の時見たなー
あんまり覚えてないってことはそうでもなかったってことかな?
ヨウ

ヨウの感想・評価

4.0
一昔前にヒーロー映画で世に名を馳せた俳優がどん底から抜け出しブロードウェイの舞台へ挑戦して再起をはかるが、内面的問題に苦しめられていく。全編がワンカットとなったような長回しの技法でリアリティを強めており、差し迫ったカメラワークは常識破りの映像体験をもたらす。そうした技巧性が全体を引き立て、ストーリーに奥深さを与えている。主人公の葛藤模様が目に焼きついた。ネット社会とショービズを関連づけた風刺やメッセージ性も読み取れる。傲慢なエゴと闘い、混沌とした人間関係と向き合いながら、舞台への情熱を注ぎ渾身の演技を披露する。古く偏屈な思考がやがては現代の流行と融和し、やがては思わぬ成功を引き寄せる。まさに無知がもたらす予期せぬ奇跡であった。魅惑の映画技法を全編にわたって遺憾無く施し、新たなる映画の形を具現する革命的作品だ。
mii

miiの感想・評価

3.5
かつてバードマンとして一世を風靡したが今は落ち目の俳優。ブロードウェイの舞台で返り咲きを目指すが…

主人公が落ち目の自分を受け入れていくにつれて壊れていくのが怖かった。
ワンカット風で本当に舞台裏覗いてる感覚になれて◎
舞台は成功するのか否かラストまで目が離せかったです。
ちゃん

ちゃんの感想・評価

3.6
ちょっと意味が分からなかった
途中途中のドラムの音がカッコよかった
>|