mingo

昼下りの情事 古都曼陀羅のmingoのレビュー・感想・評価

昼下りの情事 古都曼陀羅(1973年製作の映画)
4.1
シネマヴェーラにて鑑賞。
京都の名所や重要文化財で繰り広げられるゲリラ撮影の凄さ。まじ?ていう撮影の連続。そうだ、京都へ行こう。
山科ゆりの白い肌と赤い口紅の対比、悶える姿を寄りと俯瞰でメリハリを作り、ところどころ挿入されるセーラー服からこぼれ落ちるピンポン球の幻想的なイメージショットには痺れっぱなし!

68分という尺にもかかわらず体感時間は1時間半くらい、長回しというマジックと、飽きさせない揺れ動く心理描写とポルノシーンを交互に魅せることによって、小沼演出の世界に引きずり込む。

近親相姦なんて気色悪いし普通に拒んでしまうはずだが、ここまで美的センスとロケーションの良さ、観やすさ抜群と揃った完璧なロマンポルノは神代の「赤線玉の井、ぬけられます」並み。傑作。