マヒロ

ジャングル・ブックのマヒロのレビュー・感想・評価

ジャングル・ブック(2015年製作の映画)
3.0
元となったアニメ版『ジャングル・ブック』は、結構ストーリーにスキマが多くて適当感が漂う上にズッコケちゃうような驚きのラストが待っていたりする割と変な映画で、その妙なユルさも含めて嫌いじゃない作品ではあったんだけど、今回はそのスキマに肉付けしてきっちり一本の映画として仕上げてきたなという印象。個人的にはアニメ版の淡白な感じが好きなので、一概にどちらが良いかとは言えないけど。

CGで描かれた動物たちの質感は言わずもがな素晴らしくて本物と見紛うレベルなんだけど、そのおかげで彼らがペチャクチャと言葉を喋っている姿に若干違和感を覚えなくもなかったり。動物たちの世界を戯画化して描くのに、実写はいまいち噛み合わせが悪いんじゃないかなぁ。特にクマのバルーはオトボケ感が薄れてしまって、キャラクターとしての魅力が半減してしまっていたように思えた。

逆に、サル軍団の長であるキング・ルーイは愉快なお猿さんだったアニメ版とは一転し、リアルな風貌も含めてまるで怪獣のような存在として描かれていて、彼の出てくる一連のシーンの迫力はなかなか良かった。名曲『I wanna be like you』をきっちりと歌い上げてくれたのも嬉しい(しかも声を当てているのはクリストファー・ウォーケン!)。
唯一実物として頑張っていた主人公のモーグリも、微妙に好感の持てないキャラたったアニメ版とは違いしっかり成長の見える良い少年として描かれていて良かった。

適度にハラハラ出来て子供騙しでない、誰でもそつなく楽しめるまさに夏休み向け映画といった感じ。

(2016.126)[25]