gaaaa

きみはいい子のgaaaaのレビュー・感想・評価

きみはいい子(2014年製作の映画)
3.8
「いい子」って何?
親に、先生に、大人に気を使う事?
いわゆる「空気が読める」子供?
それって「子供らしい」って言えるの?

一部の大人は、子供に対して「もっと子供らしくしろ」とか、「大人しいから可愛げないなぁ」とか言うけど、それは大人に気を使ってる証拠。

母親という仕事。
子供を褒める事。

両親が仲良い家庭に、非行少年はいないと言われるほど、家庭環境は大切。


子供に暴力を振るう母親役の尾野真千子。
今までこんな役見たことなかったから、より怖く感じた。

池脇千鶴演じるママ友の存在感。
とっさの一言の威力が凄まじい。

生徒との接し方に悩む新人先生役の高良健吾。
学級崩壊寸前。
先生って大変だなぁーと率直に。

学校のトイレって、大人が考えるよりも子供にとって敏感なもの。

男女差別をなくすための「〜さん」呼びが異様。

担任の先生の責任。
先生だって、家庭は家庭、学校は学校で割り切らないとやっていけない現状があると思う。
これまでも、これからも教育現場の「闇」は深い。
正解ってある?

結局、何を言っても、自らがその環境に足を踏み入れなければ、自らが当事者にならなければ理解できないことがある。


季節外れの「桜」のラストシーン。
「散ってしまった桜の花びらって、ゴミだと思う?」


邦画が伝えるべきこと、存在意義がここに。
現代に潜む歪んだ「リアルさ」を見せつけられた。