ゆきのせ

ゆきのせの感想・レビュー

2017/04/20
きみはいい子(2014年製作の映画)
4.0
丁寧に丁寧に感情の機微を描いていた。辛くて、共感する場面もあって涙がじんわり。

そうだよね、大人子供限らず、しんどいときに抱きしめられること抱きしめることって本当に大事で、それだけで救われること、楽になることあるよね。
子供はかわいいだけじゃない。先生という職業は本当に大変だと思う。中立を保ち、個は抑え、その上で教育をしなきゃいけない。想像しただけで胃が痛む。

あの宿題は、大人にこそ必要かもしれない。