くろ

きみはいい子のくろのレビュー・感想・評価

きみはいい子(2014年製作の映画)
5.0
子供の純粋な悪の浄化、親と子の投影、大切な物が愛になる

学校の授業の仕組みは、何人もの生徒の居るクラスを先生に託され先生は常に改心し続けてて行くことであろう、要するに先生が成長しなければ生徒も成長しない。また大人も子供も共にあると言うことを学びました
自分も小学生時代は悪童でしたがそれには友達を大切にしようとする理由があったのかもしれない
子供に優しくしてやってください