なのきゃす

きみはいい子のなのきゃすのレビュー・感想・評価

きみはいい子(2014年製作の映画)
4.2
モンペとやんちゃキッズに悩む新任教師、子どもを虐待してしまう母親、ボケはじめた独居老人の三人が、日常の中で少しだけ交わって、それぞれの生活が送られていく。
疲れた人たちの心が互いに救われる、優しい世界の話。

特に大きな事件は起きなくて、今日もどこかの町で同じことが起きているんじゃないかと錯覚するような穏やかな空気に包まれてる。
役者さんも皆良い意味で普通な感じが出てて、自分の周りにいる似た人を重ねて見ていた。
子役の子達もすごく自然でよかった。

個人的におばあちゃんとひろや君母が玄関先で話す場面がじーんときた。
いつも怒られてばかりで疲れはて子育てにも悩んでたとこで、お婆ちゃんに肯定され褒められてあのお母さん救われたんだろうなぁ。

高良健吾、最初はイケメンなだけで大事なことは何もわかってないゆとり野郎だったけど、最後は少し成長して行動を起こせたからよかった。