中村充

きみはいい子の中村充のレビュー・感想・評価

きみはいい子(2014年製作の映画)
4.1
ネグレクト、家庭内暴力、学級崩壊など取り上げるテーマは非常に重たいが、人との触れ合い、優しさが詰め込めれており、最後には気持ち良い気分で終われる映画。

幼少期に虐待を受けた母親が、自分の子供を愛しつつも育児の大変さや愛情表現がうまくできないことから、分かってつつも暴力を振るってしまうシーンはリアルで衝撃的だった。その母親はまた自分を責め、暴力を振るってしまうという完全な負の連鎖が起こる。そんな母親をママ友の一人が抱きしめるシーンにすごく胸を打たれた。大人も子供も褒められたり、抱きしめられるってすごく大切。そんな優しさを人に分け与えることで幸せが広がっていく。