JunkoHayashida

きみはいい子のJunkoHayashidaのレビュー・感想・評価

きみはいい子(2014年製作の映画)
3.5
高良健吾のダメなんだけど、ちょっと愛らしい教師っぷりや、虐待をしながらも葛藤する尾野真千子の母など、役者陣がいい。子供たちの豊かな表情にも引き込まれる。
虐待という暗い話だけど、嫌いじゃない。
大人も子供も真剣に向き合うことは大変だけど大事なことって思わされる。