N

きみはいい子のNのレビュー・感想・評価

きみはいい子(2014年製作の映画)
3.6
自分のクラスが学級崩壊している新米教師、娘を虐待してしまう母親、ネグレクト、障がいのある男の子とお友達になるお婆さんなどそれぞれ交錯しながら物語が進んでいきます。
大人も子どもも褒められたいし、泣きたい時もある。人と人との思いやりが大切だと再確認させられる。
ひとりで何かを抱え込んでいっぱいっぱいになっている時にみたら救われる映画かもしれないです。
そして、児童虐待等が絶えない今日…。
ひとりでも多くの人にこの映画をみてほしいです…。
尾野真千子が池脇千鶴に抱き締められるシーンで涙が…泣
映画を観た後に小説を読みました。
小説も良かったです。