Ryota

きみはいい子のRyotaのレビュー・感想・評価

きみはいい子(2014年製作の映画)
4.0
「良い子じゃなくてごめんなさい」って、いろんな場所で、世代を超えてこだまするごめんが、誰かが抱きしめてあげることで少なくとも受け止めることや、変わる勇気に変わっていく。先生って、親ってほんとにすごいなあって改めて思ったし、こんなこと自分にできるかなあと逆に少し落ち込んだりもする。子どもできたらまた観たい。