lp

きみはいい子のlpのレビュー・感想・評価

きみはいい子(2014年製作の映画)
4.3
高良健吾、尾野真千子、池脇千鶴出演。『そこのみにて光輝く』の呉美保監督の最新作。

前作の『そこのみにて光輝く』は、映画の題材に親しめなかったため、あまり好きになれず。しかし、呉美保監督の力量の高さは感じ取り、続編の今作も迷わず観賞。

映画は3つの物語から成る群像劇。ネグレクトを受けていると思しき生徒を目の当りにして、自分に出来ることを模索する新任教師。自分の子どもにどう接したら良いのかが分からず、つい子どもに手をあげてしまう母親。自閉症の小学生と出会う認知症の老女。3つの物語を通じて「大人と子ども」の関わりにおいて生じる、喜び・苦悩・葛藤などの様々な感情を描き出す。
呉美保監督の冴え渡る演出力は今作でも健在。特に観た人全ての記憶に焼き付くであろう、尾野真千子による虐待シーンのインパクトたるや凄まじい。クライマックスの高良健吾演じる教師が子ども達に「宿題」の感想を聞くシーンで、突如ドキュメンタリックなシーンに切り替わる点も素晴らしい。演技ではない子ども達の素の言葉が伝わってくるようで、他の映画では滅多にない不思議な感覚を味わえる。その他にも尾野真千子が映るシーンでは映像全体のトーンを意図的に落としている点や、微妙なカメラの動きで恐怖感を煽る点など、1つ1つの場面をしっかり造り込んでいて好印象。

キャスト陣の演技も素晴らしい。高良健吾演じる教師の軽い雰囲気や高橋和也の日本中何処にでもいそうな存在感など、何れの登場人物からも「あぁ、こういう人って実際にもいるよな」と感じられて非常にリアル。特に池脇千鶴が印象的で、リアルな存在感が漂いつつ、何を考えているのか読めない一面を含むキャラクターになっていた。

個人的には記号的過ぎるクライマックスがあまり好きになれなかったけれど、そこを除けば何処を取っても良いところばかりで、期待以上の完成度。呉美保監督の次回作にも期待します。