なか

きみはいい子のなかのレビュー・感想・評価

きみはいい子(2014年製作の映画)
3.7
さわやかな終わり方ではあったけれど、まだまだ問題は残っていて、後味はあまり良く感じなかった。
虐待が主なテーマなのは分かるけど、登校拒否の清水さんのほっとかれ方…笑

でも、たくさんの人が言っているように宿題の答え?を聞いてまわるシーンは本当にドキュメントを見ているかのようにリアルだったし、キャッチコピーの「抱きしめられたい。子どもも。おとなも。」にはまじでそれなと思った。

人と人とのちょっとしたつながりで、救ったり救われたりするんですよね。
辛い思いをしている人全員が救われればいいけれど、虐待死のニュースは毎年の見るし、難しい問題ですよね。