ミミック

きみはいい子のミミックのネタバレレビュー・内容・結末

きみはいい子(2014年製作の映画)
4.1

このレビューはネタバレを含みます

・問題児を抱える小学校教師(高良健吾)、娘を虐待する母親(尾野真千子)、障害を持つ子供と交流する老婆の3つの話が同じ街の中で平行して描かれる
・執拗な虐待シーンや教室内の子供達の騒ぐ様子がこれまで見た映画より更に踏み込んで描かれており解像度がとても高い
・見る者の心のヒダをチクチクする感覚は前作に引き続き
・「良いママ」なんて幻想、すべての親が等しく初めての子育てで日々トライ&エラーを繰り返しながら子供と共に成長している
・子供を怒るシーンを演技でやるの難しそう
・露悪的なシーンが続きすぎて鬱々としてくる、現実の学校や子育てはもっと楽しいこともあるよーって言いたくなる
・池脇千鶴の体全身で感情を表す肝っ玉母ちゃんの、他人の教育方針に口を出すナチュラルな無神経さを出すのがすごくうまかった
・あくまで健常クラスとの対比なんだけど、ひまわり組の子達を過度にピュアに描いてたのが少し引っ掛かった
・大人が抱きしめられるジャケットにもなってるカットは、この映画のテーマであり人の温もりが詰まってて涙溢れる
・音楽は肌に合わなかった
・ラストの高良健吾が桜舞う町を駆け抜けて不登校の生徒のアパートのドアをノックするシーンの意味が分からない
・何となく重い話だと感じて踏みとどまっていたが、いろんな人に勇気をもって見てほしい後悔なしの良作