さえぞう

きみはいい子のさえぞうのレビュー・感想・評価

きみはいい子(2014年製作の映画)
4.0
衝撃だった。確かに抱きしめるだけですべて解決するみたいなまとめ方はカンタンすぎかもしれないけど、私がこの映画が気づかせてくれたと思うのは、
いじめは担任や学校や教育委員会が、
家庭内の虐待やお年寄りの一人暮らしの問題は行政の福祉課が、
みたいな決まり(仕事)を超えて、人と人が助け合うこと。決まりや仕事以前に私たちは人と人であるということ。です。