ウィン子

きみはいい子のウィン子のレビュー・感想・評価

きみはいい子(2014年製作の映画)
4.3
高良健吾も尾野真千子もそれぞれ境遇も置かれてる状況も違うけど、誰かにぎゅっと抱きしめられたいって想う気持ちは同じなんだなあ。みんな自分が可哀想になってる、自分の置かれてる状況が最悪だって思ってるけど、そんなことはないんだよ、自分のことをちゃんと見てくれてる人はいるよ、っていう映画だった(語彙力)