黒汐楓

きみはいい子の黒汐楓のレビュー・感想・評価

きみはいい子(2014年製作の映画)
4.0
抱きしめられたい
子どもだって

おとなだって

というキャッチコピーそのままのあったかい映画。なのだけど、本編中の虐待と思しきシーンは本当に苦しくて悲しくて涙が出る。あと小学校の子どもたちは実に憎たらしくて、そして愛らしい。

教師も大人も、もちろん誰かの親だって、聖人君子じゃない。子どもだって、時に本気で憎たらしく見える事もある。
だけど、子どもという生き物は(少なくとも子どものうちは)、親がどんな人間でも大好きで、一番愛しているし、そして愛されたいと思っている。けれど悲しい事に、その愛を早々に諦めて、子どもである事を放棄しなければいけない子どももいる。そんな時、そこに本気で寄り添ってくれる大人がいたら、どんなに社会は平和になるだろうと思う。
同じ過去の境遇を持った人間に抱きしめられた時、いや、あなたはまだマシじゃない。一緒にしないで。と思わずに、その愛に素直に包まれる事が出来た彼女は、本当は優しくて強い女性なのだろう。

とにかく子役の子たちがみんな素晴らしい。ほとんどセリフのない、役名が出てこない子たちも含めて、みんな素晴らしい。
でも何より尾野真千子さんと池脇千鶴ちゃんが文句なし。