あかね

きみはいい子のあかねのレビュー・感想・評価

きみはいい子(2014年製作の映画)
3.8
抱きしめられたい、子どもだって おとなだって、のサブタイトルそのものの映画。

目を背けたいほど胸が痛むシーンもたくさんあったけど、観終わった後に大切な人をもっと大切にしたくなる映画。

題材が重いからか、なんとなくモヤモヤした重たい気持ちが心にずっと残る感じ。