まさやんぬ

きみはいい子のまさやんぬのネタバレレビュー・内容・結末

きみはいい子(2014年製作の映画)
4.2

このレビューはネタバレを含みます

虐待された経験って、世代を超えて連鎖するって聞いたことあるけど、それをよく表している。子どものことを愛してるのだろうが手を上げてしまう親、どんなに暴力を振るわれても、母親にすがり、母親の愛を求める子どもの描写がとてもリアルだった…
だからこそ、「親が子どもを抱きしめると、子どもも人に優しくするようになる、みんながそうなれば世界は平和になるのにね」というセリフ(うろ覚え)がとても響く。世の中がもっとプラスの連鎖で満たされればいいのになぁ。

みんなどこかで孤独感を感じて、それが誰かと繋がることで少しだけ解消されていく過程が描かれていて、だれかに受け入れられることの尊さ伝わる作品。私もついつい自分や他人の欠点ばかり目についてしまうところがあるから、反省。

しかし小学校の先生が出した宿題、そんなにうまくいくかなぁ…それに神田くんが置かれてる状況を考えると…