1

きみはいい子の1のレビュー・感想・評価

きみはいい子(2014年製作の映画)
3.8
中盤までは辛い描写が多すぎてずっと苦しかった

教育、子育ての難しさ、そして自分がいかに恵まれた環境で育ってきたかをひしひしと感じたし、
子供は親を選べないってことがどれだけ重い事実であるかを考えさせられた

劇中のお母さんの「子供に優しくすればその子供も他人に優しくする、皆がそうすれば世界が平和になる、母親って凄い仕事でしょ」っていうセリフがすごく心に響いた

触れることの大切さ、抱きしめることの大切さを感じた