だいすけ

きみはいい子のだいすけのレビュー・感想・評価

きみはいい子(2014年製作の映画)
4.0
最初はなんだか冷たい感じがしてヤダな〜と思ってたけど、段々と心がほころんでいくような、そんな映画。映像すら、明るく温かくなる。いろんな、子どもにまつわる社会問題をシリアスに描いているけど、こういう温かい帰結のさせ方もあるんだな。けっこう好き。

子どもの社会問題をテーマにすると、子どもは無垢な天使、虐待やネグレクトをする大人は悪魔といった具合に、対照的に描かれることが多いような気がするけど、この映画は苦悩する大人の心情にもちゃんと焦点を当てていて、両者の境界すら曖昧にして、子どもから大人にかけての連続性を感じられる作りになっていると思った。問題のある親の肩を持つわけではないけど、映画に説教されるよりも、映画が理解を示してくれる方が、改心する気になるんじゃないかな。