Haruka

きみはいい子のHarukaのレビュー・感想・評価

きみはいい子(2014年製作の映画)
4.0
ああ、しんどかった。常時泣きそうになった。
親子の闇、親の闇、教師の苦労、孤独な老人。マイノリティへの目。どの闇にも立ち向かえるのは愛と肯定。孤独になったり、他者を孤独にせず、愛し肯定し合える小さな社会こそが大切だ。
自己肯定感の低い人間は子供時代に作られる。尾野真千子さんと池脇千鶴さんのストーリー部分は特に迫真の演技でしんどかった。子役もすごい。
社会の闇を描く内容である反面、未来への希望も持てる部分もある。
虐待家庭の子が必ず虐待親になるわけではない。発達障害などの特別学級ができたおかげで彼らの自己肯定感を歪めずに教育できる。子供を投げ出さない教師もいる。
小さな一言から始められる社会づくりへ。