anna

きみはいい子のannaのレビュー・感想・評価

きみはいい子(2014年製作の映画)
4.5
【子どもにいっぱい優しくしたら、世界は幸せになるんだよ】


小学校の教師1年目で、なかなか上手くいかない男性教師

子どもに手を挙げてしまうお母さん

障がいを持つ子のお母さん

物忘れが始まってきた独り身の
おばあさん

育児放棄されている男の子


それぞれ色々なものを
かかえる人たちが関わる中で
生まれるものとは?




いやーめっちゃ良かった
邦画の良さやなーこれ
映画全体にある、リアルさよ!
絶妙な間よ!静けさよ!素敵。

子どもたちの演技が良すぎ
こりゃー大人も引っ張られんようにせなってなるよね

池松千鶴の役が良すぎた
少しだらしないかも
ビシッとはしてないかも
オシャレじゃないかも
でも、こんなに温かくて優しくて
愛情深い人おらんて。
私も子育てするときママ友にいてほしい(笑)

映画全体でいろんなところで、
本当に人への優しい気持ちが
繋がって、どんどんバトンされていくかんじ。心がほんわかした


本当に、大人も子どもも
ぎゅーーっと抱きしめて
"きみはいい子"
って言われたい。
それで、ほっと心が救われる。

そんな、単純で、でも一番大切かもしれないことを、改めて実感しました。

仕事でも気をつけていることで
改めて納得した。