たまゆら

きみはいい子のたまゆらのレビュー・感想・評価

きみはいい子(2014年製作の映画)
3.9
私いま通信の大学で児童心理学勉強してるので、このタイミングで観てよかったな~と思いました。すごく丁寧に、色んな性質を持った子どもと大人を描いていて信頼できる。

虐待は身近で根深くてどう解決に導くか難しい、けど、だからこそ確かな温度を持って連鎖するハグ。

私も誰かを抱きしめる人になりたい。
(とか偽善者みたいな感想しか出てこないのがつらいな)

徹底的に「父親」という存在が消えてる作りが面白いですね。

ところで高良健吾って不思議な演技しますね、上手いんだか上手くないんだかよく分からないし、そういう人いそう!と思わせてくれそうな思わせてくれなさそうな、それが良いような良くないような、なんだろう言葉にできないけど。
尾野真千子と池脇千鶴はもう問答無用で演技上手いじゃないですか、だからその二人のパートは心の中で拍手喝采なんですが、高良健吾が出てくると不思議な感じがして毎回首をかしげてしまう。なんだろう彼は…。や、貶してるんじゃないですよ、『横道世之介』大好きですし!