ちぇりこ

きみはいい子のちぇりこのレビュー・感想・評価

きみはいい子(2014年製作の映画)
3.7
6/7 プレミアム試写会参加
6/27 初日舞台挨拶参加
7/17 舞台挨拶付き上映参加

現代の問題に真正面から向き合っている映画。
呉監督のシーンの移り変わりの演出が素晴らしいと思います。
繋がってないようで繋がっている。うまくはぎ合わせ、強弱のある一つの物語に見えました。
最後の池脇千鶴さんが尾野真千子さんを抱きしめるポスターにもあるシーンで、降っていた雨が止み、光が差すシーンがとても印象的でした。

幸せとは、晩ご飯をたべて、お風呂に入って、お布団に入って、お母さんにおやすみと言われること。一番印象的なセリフです。平凡な幸せこそ最高の幸せであると思いました。